Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Trivial Pursuit 実績コンプ

Trivial_Pursuit.jpg

Trivial Pursuit

実績wiki:未記入 X360A:3/10
TAスコア:1427 TAコンプ率:3457/14979=23.08% (2013/07/01現在)

「トリ~ビア~♪」

Trivial Pursuitは、30年ほど前にアメリカで流行したというクイズ・ボードゲーム。
6Pチーズのように分割されたマスをサイコロを振って進み、止まったマスの色のジャンルのクイズに答えていきます。
円周上の6つの交点にあたる大きなマスでのクイズに正解するとWedgeが貰え、それを6つ集めるのが目的です。基本はそんな感じ。

あくまで自力で実績コンプまで頑張ろうと思うと、それなりの英語力と知識が要求されることでしょう。
じゃあ他力本願で行こうじゃないですか。

まずは海外タグでMovie Pack(無料)をダウンロードしておきましょう。これものすごく大事。
この映画に関するPackは問題数が少ないらしく、海外の有志が問題と回答をほぼ全問網羅してくれております。

こちら(X360A)こちら(TA)を参照。

問題が出されたらキーワードをさっと覚えて、無線コントローラーの電池パックを外します。
そうすると回答時間のタイマーが止まります。後は回答ページから検索するだけ。ね、簡単でしょう?

あ、ゲーム起動時の国選択では必ずアメリカを選びましょう。他の国(たとえばイギリスでも)にすると問題が変わっちゃうようです。
また、Wikipediaで「アメリカ合衆国の州」のページを開いておくと何かと役に立ちます。

◆Classic Mode

ゲームには3つのモードがあり、それぞれ解除できる実績も明確に分かれています。こちらは一番基本的なモード。
手早く実績解除を狙うには二人プレイで始めましょう。両方自分で操作するんですけど。
このモードでは、クイズに正解し続ければずっと俺のターン! できるので、2Pくんの出番はほとんどありません。

●回答を間違えて(Get a question wrong)「You don't know everything」解除
Wedgeが貰えるマス以外で誤答しましょう。

そうしたら残りはずっと俺のターン。

●最初のWedgeを獲得して(Win your first wedge)「First Wedge」解除
●「History Wedge」を最初の挑戦で獲得して(Acquire a History wedge on your first attempt)「Fast Worker History」解除
●「Science and Nature Wedge」を最初の挑戦で獲得して(Acquire a Science & Nature wedge on your first attempt)「Fast Worker Science and Nature」解除
●「Entertainment Wedge」を最初の挑戦で獲得して(Acquire a Entertainment wedge on your first attempt)「Fast Worker Entertainment」解除
●「Art and Literature Wedge」を最初の挑戦で獲得して(Acquire a Art & Literature wedge on your first attempt)「Fast Worker Art and Literature」解除
●「Sport and Leisure Wedge」を最初の挑戦で獲得して(Acquire a Sport & Leisure wedge on your first attempt)「Fast Worker Sport and Leisure」解除
●「Geography Wedge」を最初の挑戦で獲得して(Acquire a Geography wedge on your first attempt)「Fast Worker Geography」解除

8つの実績解除がすんだらOKです。ゴールする必要もなさそげ。

◆F&F

対戦色を高めたモード。
各ジャンルのWedgeは4ポイントためるとゲット出来ます。
各ジャンルの問題に正解することで2ポイントが貰えるのに加え、他の人が「この問題を答えられるか?」をYes/Noで予想(Bet)し、それを的中させることで1ポイントが貰えます。
6つのWedgeが集まったら、それぞれ各プレイヤーが所持しているWedgeの数をライフとした最終イベントを行います。

まずは1回目、二人プレイ。「誤答なしでWedge獲得」の実績獲得を狙います。
このモードはずっと俺のターンはできません。常に交互に、一つのコマを動かします。
このモードでは、「Yes/No?」の投票画面で問題文が見えたまま止まるので、答えを調べるのは楽チンです。

円周上の交点マス(HQマス)での問題を正解すれば一発でWedgeが貰えるのですが、このマスは特殊な問題(例の問題リストに載っていない)が出ることが多いので、とりあえず避けておくことをオススメします。

●「History」のWedgeを誤答することなく獲得して(Answer all History questions correctly in a single game)「Flawless History」解除
クラシックと同じく、6ジャンル分存在しますが以下省略。

●全てのWedgeを独占して(Win all the wedges in a single game)「Wedge Domination」解除

●最終イベントで、一番最初に敗北して(Be the first person to lose all their lives in the end game phase)「Better luck next time」解除
この流れですと、自分(ライフ6)vsプレイヤー2(ライフ0)になっていますので7連続誤答して負けましょう。


F&Fの2回目。今度は4人プレイにします。やっぱり全部自分で操作するんですけど!
「全てのWedgeをBetで獲得したポイントでGETする」という実績があるので、それを狙います。

◆自分が答えるときは他三人は「Yes」に投票。自分はわざと誤答して誰にもポイントを渡さない。
◆他人が答えるときは自分だけ「No」に投票。他二人は「Yes」に投票。他人には誤答させて自分だけ1ポイント貰う。

これを全てのWedgeを手に入れるまで延々続けます。

●Betで5ポイント獲得して(Place 5 correct bets)「Gambling Glory」解除
●Betで10ポイント獲得して(Place 10 correct bets)「Gambling God」解除
●BetのポイントでWedgeを獲得して(Win a wedge by betting)「Lucky Break」解除
●Betのポイントで全てのWedgeを獲得して(Win all your wedges by betting only)「Bet Your Bottom Dollar」解除


3回目。二人プレイに戻します。
HQでのWedge獲得と、ボーナスイベントマスでの他人からのWedge奪取を狙います。

●HQマスでWedgeを獲得して(Win a wedge using the Wedge HQ space)「Wedge HQ Winner」解除
前述のとおり、問題リストに載っていない「数直線上で数量を問う」問題が高確率で出てきます。
自分の知識に頼るなり、グーグル先生に教えを請うなりして頑張って解きましょう。
私の時は「オーストラリアのDVDリージョンコードは何番?」(A:4)という調べやすい問題が出てきてくれたので大助かり。

●ボーナスイベントマスに初めて止まって(Use a Bonus Event for the first time)「Risky Business」解除
●Wedge OffイベントでWedgeを奪取して(Win a Wedge Off)「Wedge Off Winner」解除
プレイヤー2に、少なくとも1つWedgeを獲得させます。
プレイヤー1はイベントマスに止まりまくり、Wedge Offのイベント(Wedgeに照準を合わせているようなアイコン)を引くまで粘りましょう。

Wedge Offイベントでは、あるテーマに沿った事柄の「True or False?」の二択問題をサドンデスで解き合います。
これまた問題リストには載っていない問題が来ますので、自力で解くかグーグル先生にお願いするか、はたまた運に頼るかしましょう。
私の時は「私は映画『マダガスカル』でニューヨークの動物園に居ました」というテーマで、
「Alex the Lion」(A:True)「Melman the Giraffe」(A:True)という非常に分かりやすい問題が来たのでまたまた大助かり。
2P側でわざと間違い、1PがWedgeを奪取、実績解除です。


◆Clear the Board

一人用のスコアアタックモード。
各ジャンルごとに通常マスが9つずつ配置されており、それらを解くことで同じジャンルのHQマスのスコア倍率がx1からx10まで上昇していきます。
回答したマスには次回以降止まれなくなります。
6ヶ所のHQマスをクリアすると最終問題が出され、それもクリアするとゲーム終了となります。

このモードにはObjective(達成目的)が20用意されており、実績のためには20個全てをコンプリートする必要があります。
ゲーム内でも確認できますが、一覧はこちら(TA)

まずは1回目。通常マスは全て無視(誤答)し、倍率x1のまま全てのHQマスの正答を目指します。
また、余計に時間を使い、必ず10分以上かけてクリアしましょう。

●ボードをクリアして(Clear the board)「Cleared the Board」解除
●HQマスだけを正答してボードをクリアして(Clear the board using only the Wedge HQ spaces)「Straight To The Point」解除
●最初のObjectiveを達成して(Complete your first objective)「First Objective」解除


2回目。通常マスは「正答しつつ」なるべく無視してHQマスへ直行し、10分以内のクリアを目指します。

●Objectiveを5つ達成して(Complete 5 objectives)「Objective Success」解除
●誤答することなくボードをクリアして(Clear the board without getting a question wrong)「You Know Too Much」解除
●10分以内にボードをクリアして(Clear the board in under 10 minutes)「You Were A Blur」解除
●ハイスコアを更新して(Break your own high score)「Personal Best」解除

この周回で「前回より早くボードをクリアする」Objectiveが達成出来ます。


3回目。通常マス全てを正答し、HQマス全ての倍率をx10にしてからクリアします。
サイコロの出目が気に入らない場合は、メインメニューに戻って再開すると出る目が変わるのを有効利用。
この周回で全てのObjectiveも達成出来ます。

●Objectiveを10個達成して(Complete 10 objectives)「Objective Champion」解除
●全てのカテゴリーで倍率x10を達成して(Achieve a x10 multiplier on every category)「Maxed Out」解除
●60,000点以上獲得して(Break 60,000 points)「Knowledge is Invaluable」解除
●全てのObjectiveを達成して(Complete all objectives)「Objective Master」解除

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/88-a8b48bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad