FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Borderlands: Game of the Year Edition 実績コンプ

Borderlands_GOTY.jpg

Borderlands: Game of the Year Edition

実績wiki★★★☆☆ XboxA:未掲載
TAスコア3965 TAコンプ率:234/14599 = 1.60% (2019/04/20現在)

Borderlands_GOTY_SS.jpg

ヒャッハー系FPSRPG「ボーダーランズ」シリーズの新作『3』と共に電撃発表された、1作目(初代)のリマスター版。
もともと箱○時代の初代は「海外版」「日本語版」で別ゲーム扱いでしたが、One版は海外版準拠です。つまり、国内版ではついぞ幻となっていたDLC4が収録されています。
それに加えて日本では嬉しいことに、箱○では日本語字幕・英語音声だったところに日本語吹き替えが追加されました!
初代のキャラクターたちは『2』以降のシリーズでも登場してますから、『1』でも同じ声で喋ってくれるように!
はて、クラップトラップは最初っからこの声で喋っていたような気がするぞ…記憶が改変されている…。

「旧世代版でプレイしていたセーブデータを引き継いでプレイできるよ!」というのもウリのひとつとして宣伝していましたが、実績wiki にもあるように面倒な手順を踏まないといけません。
というか、そもそも360日本語版のデータを持ってこれないというかなりの片手落ち。ザンネン。
360海外版からキャラデータを持ち込んできた場合、実績解除の挙動については XboxA のこちらの投稿 が参考になるかと。

ゲーム内容じたいに大きな変更はないので(『2』以降から始まった、SHiFTアカウント を利用した金鍵宝箱システムが導入されたくらい)、日本語版wiki海外版wiki を参考にバリバリプレイしていきましょう。
SHiFTアカウントがある人なら金鍵を75個も持った状態でスタートできるので、適宜宝箱を利用して装備更新していくと◎。

360世代では唯一オンラインプレイが必須だった実績「フレンド2人への伝達」は解除要件が「感染実績 → 2人以上とマルチプレイする」に変更され、
『2』や『プリシークエル』のOne版と同様に『1』のOne版では4人までローカルマルチプレイが出来るようになったので、コントローラーが3つあるならオフラインでの解除が可能です。

もともと大問題児であったDLC2のアリーナ関連の苦行はそのまま残っており、クリア済みのキャラを連れてこようがもう一度3つのアリーナで20ラウンド制覇していく必要があります。
サブキャラをホストにして敵レベルを下げる手段を利用しても、相変わらず1か所の制覇に(疑似)ソロだと3時間以上は見ておいた方がよい感じ。
One環境ということを活かし、本体2台を使ったセルフマルチプレイで画面を広く扱えるようになったので、プレイしやすさは相当改善されたんですが…。

最終的なレベル上げは、本編2周目をクリアして2.5週目に入ってから Dahl Headland でひたすらスカジラ狩りに勤しみました。
私のデータだと既に出来ない状況になっちゃってたので試してないのですが、例のチャレンジ悪用グリッチは相変わらず使用できたみたい…?
(反転) 「1200個目のアイテム売却 → チャレンジ『死の商人』達成、経験値+20k → 売ったものを買い戻すとカウントが 1199/1200 に戻る → ゲーム終了&再開 → くりかえし」 (ここまで)

レベル64まで育て上げ、それなりの装備品をDLC4の報酬部屋で確保し、いざDLC3のエビ狩りを完了させたところで実績コンプ。
まだまだ遊びきれてない部分はあるので、ちょこちょこプレイはしていきたいですね。

----

Borderlands_Series_4.png

改めまして、Xboxのボーダーランズシリーズ実績完全コンプ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/864-e8b57eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)