FC2ブログ

Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Circuits 実績コンプ

Circuits.jpg

Circuits

実績wiki:未掲載 XboxA4/10 (ただし音楽的な耳の良さに大きく左右される)
TAスコア1796 TAコンプ率:52/330 = 15.76% (2018/04/01現在)

電気回路(Circuit)風にデザインされた画面上に「音ダネ」のチップを正しく配置し、お手本の音楽を再現させるパズルゲー…音ゲー…音感ゲー?
ゲームの性質上、「耳コピが得意」「音感には自信があります」なひとにはそれほど難しく感じることはないかと思われます。
手前味噌ながら私はそちら側のひとなので、あまり一般的な難易度には触れられませぬ。

Circuits_SS.png
(時には必要のないダミーチップも…)

初めのうちはメロディーラインは単線で、配置するべきチップの数も微々たるものですが、ステージが進んでいくと複数のパートが同時進行していくことになります。
それぞれのレイヤーごとに切り分けて(個別のレイヤーを選択すれば、お手本を再生してもそのレイヤー由来以外の音は鳴らなくなります)調整していけば楽になるところですが、
「全てのパズルをレイヤー分けを使用せずにクリア」という実績があるので、実績コンプを目指すのなら真正面から解いていく必要があります。

チップのフレーズの最初の音が「ファ」で始まるのと「ラ」のと「ソ」のがあって、お手本を再生してみると「ラ」「ソ」「ファ」の順…のような簡単なのはアッサリ済むんですけれど、
場合によっては「ドラムのリズムパターンがちょっとだけ違う」とか「フレーズの最後の一音だけ違う」とか「和音の構成が微妙に違う」とか、引っ掛ける気まんまんのモノも出てきます。
さらにはステージが進むと「個別チップの再生回数」を指定する必要が出てきたり、「一定のチップ群をループさせる回数」を指定する仕掛けが出てきたり…
じっくり原曲とチップ音を聞き比べて判別しましょう。
ぴっちりとピースがハマり切り、お手本通りの音楽が完成したときはなかなかに気持ちいいですね。

「ヒントを使わずに10ステージクリア」という実績もありますが、
そもそもヒントが用意されていなかったり、チュートリアルで強制的にヒントを使用させられたり…と、25ステージ中16ステージしか
ヒントが有効になっていません。
そのうちの10ステージをノーヒントで突破すればよい計算ですが、せっかくですから全ステージヒント未使用で突っ走るのもよいのでは?

「ステージスキップを5回」も、初めは「全クリア後は解除できなくなっちゃうかな」と思ってあえて先に解除しておいたんですが、
あとあと確認してみるとクリア済みのステージでもステージスキップは行なえるようなので、いつでも大丈夫かもしれません(未確認)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/782-b84a7855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad