Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

The Jackbox Party Pack 2 実績コンプ

The_Jackbox_Party_Pack_2.jpg

The Jackbox Party Pack 2

実績wiki:未掲載 XboxA:未掲載
TAスコア2177 TAコンプ率:163/7472 = 2.18% (2017/07/29)現在

スマホやPCを持ち寄ってブラウザを介して遊ぶ例のパーティゲーム集、The Jackbox Party Pack の第2弾。
今回もやっぱり5つのゲームが収録されており、それぞれに4つずつの実績が割り振られています。

・Fibbage 2
・Earwax
・Bidiots
・Quiplash XL
・Bomb Corp.


今回の収録作品はこちらになります。
前回でも紹介した、Google Chrome + 新規タブ + Cookie削除ののち jackbox.tv にアクセス、ログイン で何窓だろうとオッケーでございます。

◆Fibbage 2

単品の Fibbage のときとやることは変わりません。ウソつき大会。
まずは3人プレイを始めましょう。

●ウソの選択肢を作るときに正解を書いて「Fibbage 2: True Lies」解除
1問だけグーグル先生に聞くなりして、きっちり正解を調べましょう。

●全プレイヤーが見事正答して「Fibbage 2: Fire the Writers」解除
↑で調べたのが正解です。というか、正解を調べても分からなかったらプレイヤー3人が入力したもの以外が正解です。

●他のプレイヤー全員を考えたウソで騙して「Fibbage 2: Lord of the Lies」解除
1問目で全員正答をやり、2問目でこれをやりましょう。そうしたらプレイ終了してOK。

●プレイヤー8人+オーディエンス1人以上のゲームをスタンバイして「Fibbage 2: Eight Isn't Enough」解除
クロームだけでやるなら9タブが必要です。実績解除のタイミングはロビー画面にて。ゲームを開始する必要はありません。


◆Earwax

ジャッジが選んだお題を、ランダムに選ばれたいろいろな効果音群の中から2つを選択して表現します。
ジャッジは1番ウケた人にポイントを与える…という無茶振りの香りしかしないゲーム。なんだよ「お題:バットマンがタイツを脱ぐときの音」って。
まずは3人プレイで始めましょう。非常に運が良ければ1ゲームで終わらせられます。

●1ゲームを通して、"身体が発する音" を 一度も使用せずに ゲームに勝利して「Earwax: Bodily Malfunction」解除
●最も多くの「いいね!」を集めてゲームに勝利して「Earwax: Aural Surgeon」解除
まずはどのプレイヤーでもいいので勝利役を決めておきましょう。
その人は "身体が発する音"、すなわち Coughing(せき)、Farting(おなら)、Belch(げっぷ)、Sneezing(くしゃみ) …といった類のものを含む効果音を使用してはいけません。
「"Hi!"(male)」のような、「人の音声そのもの」はたぶんセーフの部類。判定基準が難しいので、それっぽいものは選ばないようにしましょう。
勝利役にポイントを取らせる際に、他のプレイヤーから「いいね!」を1つでいいので送りつけておきましょう。

● "人の音声" を2つ組み合わせたもので、ラウンドに 勝利して「Earwax: Yada Yada」解除
● "身体が発する音" を2つ組み合わせたもので、ラウンドに 勝利して「Earwax: Sound Body」解除
ゲームに勝利、ではありません。あくまで1ラウンドのみ。
ランダムに選ばれた効果音群の中で条件を満たせるか、という点で運実績です。
「"人の音声" で~」の方は「"身体が発する音"を使わずにゲームに勝利」と両立できます。
もう一方は無理なので、勝利役以外の人のところに出た時に解除しておきましょう。

参加人数を増やせば増やすほど、後半2つの実績の解除チャンスは増えていくかと思います。


◆Bidiots

プレイヤーごとに、「似ているけど微妙に異なる」お題に沿って絵を描きます。
描いた絵にはランダムで価値がつけられます。絵の価値はオープンにはされません。
(3人ゲームでは、CPUが描いた絵も含めて8枚のうち、各プレイヤーごとに3枚しか「絵のタイトルとその価値」がわからないようになっています)
タイトルは伏せられたまま、絵だけが見える状況で競売にかけられていきます。さあ、いくら払って落札しましょう?
落札するのに支払った金額の半分が、その落札された絵を描いた人の手元に直接渡されます(落札するためのお金として使用できます)。
最終的に、手持ちの金額+落札した絵の価値の合計が一番高い人の勝利。

…さて、こまごまルール説明をしてきましたが、単純に実績目的なら面倒なことは何も考えなくてよろしいですよ。
3人ゲームを始めます。絵は「誰が描いたか」を分かりやすくしておけば適当でいいです(数字で1,2,3とか描いておきましょう)

1枚目で、絵を描いた本人以外の人$3000全額 つぎ込んで落札します。
お金が無くなったのでローンの案内が来るので、全員が$1000ドル借ります。

2枚目、まずは Call the Bank を押してから、$4000以上持っている人が2人いるはずですので、$4000を越えるお値段で落札 します。
銀行から2回目のローン、全員が$1000借ります。

3枚目、Call the Bank を押してから、誰でもいいので適当に落札します。
銀行から3回目のローン、全員が$1000借ります。 ローン打ち止め。

4枚目は適当に落札。

5枚目になると Screwアイテム(誰かに強制的に入札させる) が使えるようになるので、これを使ってそのまま落札させます。

以降、適当に落札を。

8枚目の落札でゲーム終了、誰が勝利したとしても「ローンを3回組んだうえで勝利」が満たされます。

●オークションが$4,000を超えて「Bidiots: Bid Business」解除
●Screwアイテムを使って、他の人に落札させて「Bidiots: Art of the Screw」解除
●ローンを3回組んだうえで、ゲームに勝利して「Bidiots: Shark Bait」解除

●6人プレイを行なって「Bidiots: Six for Money」解除
こちらの解除タイミングはゲーム開始後。ロビーでは解除されません。


◆Quiplash XL

単品版の Quiplash とほぼ同様。大喜利大会。
5人プレイで始めましょう。

●お題への「ドンピシャ!」回答を書き込んで「Quiplash XL: Back Talk」解除
単品版と同じ実績です。TAでまとめてくださっている方々 に感謝感謝。

●お題への回答がかぶって「Quiplash XL: Jinx Jinx」解除

●回答「Pork Pants」でバトルに勝利して「Quiplash XL: Pork Pants」解除
「Quiplash」を獲得して「Quiplash XL: Quip Tease」解除
5人以上が参加しているゲームで、自分の回答が全ての票を集めれば「Quiplash」

これまたあっという間に終わります。1ゲームを完了させる必要もありません。

ここまでの4ゲーム、ゲーマースコアにして800Gぶんは1時間ほどあれば終わります。
ここからが問題。


◆Bomb Corp.

他とはまったく趣の違う、「手元のブラウザ画面に表示される手引書に従って爆弾解除を行なう」ゲーム。ソロプレイ可能です。
平たく言えば論理パズルというやつです。回りくどい表現をする英文を読み解いていかないといけないので、少々難易度は高め。

The_Jackbox_Party_Pack_2_SS_1.jpg
ゲーム画面にはこのように爆弾が表示され…

The_Jackbox_Party_Pack_2_SS_2.jpg
手元のブラウザにこのような手引書がくるわけです。

1:2番のワイヤーを切れ。
2:4番の隣のワイヤーを全て切れ。
3:黄色のワイヤーを切ってはいけない。たとえ他のルールが切れと指示していても、これは最優先のルールである。


とあるのですから、この場合は切るべきワイヤーは 2番と5番 ですね。3番も4番の隣のワイヤーですが、「黄色を切ってはいけない」というルールが優先される ので3番を切ってはいけません。

このようなパズルが次々出題されるので、ひたすら解き続けていくゲームになっています。
ワンミス・即爆発・ゲームオーバー ですが、爆弾解除のお仕事は日付で区切られており、日付単位のコンティニューは可能になっています。

日付が進むにつれ、このような単純な爆弾解除だけではなく、ファイルを名前順通りに整頓したり(Excelを使いましょう!)、暗証番号を推理したり、
みんなの注文通りにコーヒーを入れたり、コピー機と格闘したり…なお全部失敗すると大爆発します。何故だ。
実績的には 15日目 を完走する必要があります(=ストーリーを最後までクリアする必要があります)。

英語での人名の並び替え、姓→名にするにしても名→姓にするにしても、ミドルネームはその次に来るんですね。知らなかったよ。
ですので、並び替え前のデータを打ち込むときは、とりあえずミドルネームのことは忘れてしまってOKです。
姓名が同じでミドルネームだけ違う、というパターンには一度も当たらなかったので…。

出題パターンはランダムですので、決まった解答はありません。
ポーズを掛けて画面を止めて(最重要)、とにかく英文を読み込み、指示に従ってお仕事していきましょう。
「Not」が付いているのかいないのか、「If」なのか「Unless」なのか、「Before」なのか「After」なのか…
細かな違いであなたの命が左右されますよ。くひひ。

●初めてファイル整理の仕事を完了して「Bomb Corp.: Jewel of the File」解除
●初めてコーヒーを淹れるのに成功して「Bomb Corp.: Java Well Done」解除
●ストーリーモードをクリアして「Bomb Corp.: UFOB/GYN」解除

● The Grindモード(エンドレスモード)で、爆弾10個を解除して「Bomb Corp.: Grinders Keepers」解除
累計ではなく、1プレイで10個を解除する必要があります。
The Grind では爆弾のジャンルを選ぶことはできず、アンロック済みのジャンルから出題されます。
面倒なジャンル(特にコーヒー)がアンロックされてしまう前に、こちらの実績を済ましておくのも手かもしれません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/676-b88b250b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad