Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Infinity Runner 実績コンプ

Infinity_Runner.jpg

Infinity Runner

実績wiki★★☆☆☆ XboxA:未掲載
TAスコア1877 TAコンプ率:302/3739 = 8.08% (2017/06/22現在)

超巨大宇宙船「インフィニティ」の中で何かの研究のため? 捕らえられていた人狼の男性。
長きにわたって冷凍保存されていたはずの彼がポッドの中で意識を取り戻したとき、謎の女性の声が響きます。「走れ、ここから逃げろ」と。
かくして始まる人狼の逃避行。彼の明日はどっちだ。

Infinity_Runner_SS_1.png

典型的なラン系ゲームです。狭い通路を自動走行で進み、次々現れる障害をジャンプ(RT)・スライディング(LT)・左右への走行レーン変更(LS←→)で回避し、時には警備兵と戦闘(QTE)し…。
ゲームルール自体は非常にシンプルなんですけれど、割と走行スピードが速いのでちょっと難易度は高め。

Infinity_Runner_SS_2.png

殴り倒した警備兵をストンプキルするシーン。
操作する自キャラは前述のように人狼男性なんですけれども、ZE☆N☆RA で爆走することになります。ポッドに閉じ込められてたから仕方ないね。
ゲーム内ではどうせ手足の先くらいしか映らないので、せっかくなら女性ということにすれば一部層にウケたかもしれない。

難易度はイージー・ノーマル・ハードの3種類が用意されています。

◆イージー

・走行スピードは比較的緩やか
・90度ターンやT字路でターン方向のガイドが表示される
・トラップの回避方法はシンプルなものがほとんど
・トラップにぶつかっても若干の被ダメで済む(モノによってはもちろん即死ですが)
・5ミスまでOK

◆ノーマル

・走行スピードがやや上昇
・90度ターンやT字路でターン方向のガイドが表示されなくなる
・トラップは複雑になってくる
・トラップからの被ダメ上昇
・3ミスまでOK

◆ハード

・走行スピードはさらに上昇
・ターン時のガイドはノーマルと同様に非表示
・トラップはさらに複雑なコンビネーションのパターンも
・ほぼすべてのトラップが即死の威力
・1ミスだけOK

なお、ストーリーモードでは全難易度においてステージ中のトラップ配置にランダム要素は一切ありません。
同じステージなら毎回同じコースを走ることになり、同じ順番・同じ配置でトラップが出現してきます。
T字路で左に曲がろうと右に曲がろうと、その先の展開に変わりはない…はず。

Infinity_Runner_SS_3.png

各セクターに1つずつ、収集物であるアイテムコンテナ的なものが配置してあります。(分かりづらいですが、画像内の赤丸で囲ったもの)
大抵は広めの部屋の空中に浮いています。素早くジャンプしてキャッチしましょう。
一度獲得したものは他の難易度も含めて二度と出現しなくなります。安心設計。
リザルト画面にて「そのセクターの収集物を回収済みか」は確認できますが、ステージ選択画面からでは確認できません。必要ならメモを。

実績一覧だけを眺めていると、「ハードで各ステージをクリア」実績があるくらいだな、と何となく安心したくもなりますが
「ゲーム内チャレンジをコンプリートする」ということに等しい実績「Bigger, Faster, Stronger」(ウルフ・レベルを最高まで上げる)の解除のために、
「難易度イージー・ノーマル・ハードの全ステージ(7ステージx2セクター)をノーデスクリア」を達成する必要があります。落とし穴!
難易度ハードで全ノーデスクリアを達成してもイージーとノーマルは達成したことにしてくれないようなので、結局全ての難易度でノーデスクリアの必要があります。

ウルフ・レベル6の達成のためには、
・難易度ハードの全ステージをノーデスクリア
・累計400,000メートル走破
・データパケットを累計10,000個取得
・戦闘に累計250回勝利
・インフィニティモードで30,000点獲得

する必要があります。
累計3種はプレイを重ねていれば勝手に終わる(400,000メートルはちょっと骨ですが)ので、問題はノーデスクリアとインフィニティモード30,000点です。

…さて、ひどい抜け穴が2つあるのでご案内しましょう。

「ノーデスクリアを達成したい難易度」で、「ノーデスクリアを達成したいセクター」のプレイを開始します。
プレイが始まり、操作できるようになったらポーズを掛けます。そして「LEVEL SELECTION」を選択し、ステージ選択画面に戻ります。
すると何故かノーデスクリアの印が付きます。 なんということでしょう。
なお、この方法では当然ながら次のステージのアンロックはなされません。一度各難易度で最後までストーリーをプレイしてから行ないましょう。

もう一つの抜け穴。

アーケードモードでプレイできるインフィニティモードは、難易度ノーマル相当? くらいからプレイを開始し、次第に難易度が上昇していくエンドレスモードです。
プレイ中にはスコア表示はされていませんが、スコア30,000点("CLASS S RUNNER"と表示されるあたり)の獲得にはおよそ20分ほどのランニングが必要になっています。

抜け穴が何かと申しますと、「チャレンジ要件には"インフィニティモードで○○点"と指定がされているのに、実際にはアーケードモード全てが対象」ということです。
つまり「アーケードモードのスコアチャレンジ50,000点を難易度イージーでプレイ」でも、30,000点を越えればOKということ。
インフィニティモード以外なら走行速度が遅い難易度イージー設定ができるうえ、スコアチャレンジモードなら常にスコアが表示されているので、精神的にもかなり楽になります。
(ただしアーケードモードの難易度イージーはターン方向のガイドがなかったりと、ストーリーモードとは若干異なります)

アーケードモードで長く生存するためのポイントとして、重要なのは「ウルフモード発動アイテムを手に入れたら温存し、壊せる壁が現れた時に使用してダクトに突っ込む」のを多用することです。
Bridge のコースでは壊せる壁は赤く光るのでわかりやすいですが、Engineering や Brig、Monorail といったコースでも T字路の突き当りにエアダクトが設置してある壁 は破壊できるようになっています。
エアダクト内はまったくの安全地帯ですし、ウルフモード中のマグネット効果も手伝って1ライフ獲得するくらいのデータパケットを集められるボーナスゾーンです。
しかもアーケードモードでは、ダクトを通過すると トラップの回避が(比較的)容易な最初のステージに戻ってくる というおまけまでついています。メリットしかない!
ただし、エアダクトを抜けて着地した直後は非常に視界が悪く、処理しきれずミスをしてしまうパターンに出くわすこともあります。
着地前後でいったんポーズを掛け、3カウントのスローモーション状態で再開するとよいでしょう。
ここに限らず、ポーズからのスローモーション再開は割とゲーム全般で有効だったりします…。

頻発する「チャレンジの進捗状況が正常に表示されない」問題について。
「ストーリーの難易度○○をクリアしたのにグレーアウトしっぱなし」「累計○○を達成して、ゲージは一杯なのにグレーアウトしっぱなし」という事案がかなり頻繁に発生しました。
「ゲームを再起動する」「一度サインアウト・サインインし直す」「一度本体の電源長押しでキャッシュクリアをかける」「ストーリーについては最終面をもう一度クリアし直す」など試してみましょう。
「インフィニティモードで○○点」の達成状況がゼロになったりもします。仕方がないのでもう一回プレイしましょう。

その他の特殊な実績「Air Wolf」(ウルフモード中に宇宙空間に飛び出す)については、
アーケードモードにてウルフモード発動アイテムを獲得したら温存しておき、Ship Exterior エリアによくある 宇宙空間でのロングジャンプ の手前でウルフモードを発動し、ジャンプするだけです。
アーケードモードを回していれば、そのうち解除チャンスが巡ってくるでしょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/658-7c4177c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad