Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

The Book of Unwritten Tales 2 実績コンプ

GTASCはピリオド19へ。
昨年同様のシステムで行くのなら、ピリオド20までを耐えきれば足切りペースはゆるやかになると思われるので、もうひと踏ん張り!

今週の個人ボーナスは、「解除した実績の頭文字で TRUEACHIEVEMENTS を作る」
XだのYだのZだのがないので、割と温情? UとVさえ調達すれば、なんとか…。 E4つも地味に面倒かしら。


The_Book_of_Unwritten_Tales_2.jpg

The Book of Unwritten Tales 2

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA2/10
TAスコア1561 TAコンプ率:90/268 = 33.58% (2017/05/15現在)

少年の心を忘れない、冒険野郎で海賊(空賊)の人間男性 Nate (上段右)、
エルフの国のお姫様で、微妙に世間知らず&ツンデレの Ivo (上段左)、
機械いじりが得意なノームなのに、魔法使いの道を志す Wilbur (上段中央)、
なにこの…なに? 謎のピンク色の生物 Critter (下段)。

彼ら4人の織り成す、中世ファンタジーなポイント&クリック式アドベンチャーゲーム。
箱○とOneでの縦マルチとなっており、箱○版はデジタル販売のみです。GonD扱いするかXBLA扱いするか困ったものでございます。

「The Book of Unwritten Tales 2」の名のとおり、前作からの続き物なのですが…
1作目は Wikipedia のページを見る限り、PCのみでの発売だった模様。Xboxでプレイすることはできません。
作中でも軽く説明はしてくれますが、前作は「何でも願いがかなう」という伝説のアーティファクト "The Artefact of Divine Fate" をめぐるお話だったようです。
割と説明なしで前作で逢ったであろう人々が出てきたりします…が、まあ、そういうものということで。

基本的には一本道のアドベンチャーゲームです。時々必須でないサブイベント的なものを挟めたりはします。
時間制限がある風のヤバいシーンもいくつかあったりしますが、ゲームオーバーになるような展開にはならない…はず。
TrueAchievements による完全なテキストウォークスルーは こちら。 One版のものですが、箱○版でも問題ありません。

・ゲーム中は、Xボタンによる「付近のイベントポイント全表示」を乱用しましょう。何もペナルティはありません。
・セーブデータは1つのみ、オートセーブ&手動セーブの上書きオンリースタイル。実績の取り逃しに関しては「チャプター単位」でのやり直しは可能です。
・とはいえ、いくつかある「解除タイミングは1回のみ、失敗するとやり直せない」系の実績については、失敗したらオートセーブが入る前にロードしてやり直すのが賢明です。
・TAのウォークスルー内で注意書きがされている、
「オートセーブのアイコンが表示されっぱなしで消えなくなってしまったら、それ以降ゲームが正常にセーブされなくなる恐れがあるので、速やかにデータロード推奨」
については遭遇しなかったのでよくわかりませぬ。

テキスト量が多めで、あれこれ調べながらメッセージをしっかり聞いていくと結構なプレイ時間が掛かります。
そこかしこにパロディネタ・オマージュネタが仕込まれているので、色んなものをチェックしながら進めていくのもよいですよ。
…学校の昔の名簿に 「Mario Mushroom」 さんが居たり、
ポイント&クリックADVの始祖「The Secret of Monkey Island」で御馴染みのセリフ "My name is Guybrush and I want to be a pirate." が聴けたり…。
「元ネタあるんだろうなあ」って愉快なテキスト、実に色々あります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/638-7be048fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad