Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

The Bunker 実績コンプ

The_Bunker.jpg

The Bunker

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA1/10
TAスコア1169 TAコンプ率:1177/2068 = 56.91% (2017/03/26現在)

ゴルフ場の砂場のバンカーではなく、掩蔽壕(シェルター)のほうのバンカーです。
もっと具体的に言うと 核シェルター を舞台にしたお話です。


英国某所の核シェルター内で、爆音と振動に晒されるなか一人の男児が産声を上げました。彼の名は "ジョン"
外の世界ではとうとう全面核戦争が始まってしまったのでしょうか。放射能汚染が弱まるまで、数十年単位でシェルターの外に出ることはかなわないようです。

「日々のルーティンに従っていれば大丈夫。ここに居れば安全よ。絶対にここを出てはいけないわ」 …それがジョンの母の口癖でした。
ジョンが生まれておよそ30年ののち、母はシェルターでの過酷な暮らしに体調を崩してとうとう亡くなってしまいます。
それでも、ジョンは母の言いつけを愚直に守り、シェルター内での生活を続けていきます…。

栄養剤を飲んで。身体の放射能汚染をチェックして。よそから通信が来てはいないかとラジオを調べて。
シェルターの各施設の放射能汚染をチェックして。食事をとって。物言わぬ母の骸を前に、母が好きだった物語を読み聞かせてやって。
それだけがジョンの毎日でした。11109日目、異常なし。11110日目、異常なし。

そして、11111日目。永遠とも思える、いつもと何一つ変わらない日々が続くはずでしたが…。


だいたいこんな導入です。
ゲームとしては単純なポイント&クリック式アドベンチャーなのですが、とても珍しい特徴として 全編が実写映像で構成されている ことが挙げられます。
ゲームクリアまでのプレイ時間も短い(3時間程度)ので、ドラマを見る気分でプレイしていきましょう。
全体的に狂気がにじみ出ていて、春の陽気を感じつつある今日この頃ですがちょっと背中が涼しくなります。あと痛い。割と痛い。

序盤ですぐ分かることなので特に伏せませんが、導入ストーリーで書いたところの「ジョンが生まれて30年が経って、母が亡くなった」時点で
閉鎖時には 60人 ほどいたはずのシェルター内の人間、ジョンが 最後の一人 になっちゃってるんですよね。
全員が全員、寿命で亡くなるほど高齢者だらけだったわけでもないので…はて、シェルターに何があったのでしょう?
その謎は、ストーリーが進むにつれ明らかになっていきます…。
しかしまあ、Fallout シリーズの Vault を想起させられますねコレ。あちらでも Vault ごとに大抵ロクでもないストーリーが展開されていましたけど。

実績的な注意点としては、全編を通して後戻りのほぼ利かない一本道ADVであり、チャプターセレクトの類いもないので収集物を回収し損ねたらもう1周確定です。
最後の2択(シェルターにとどまり続けるか/シェルターを離れるか)に関して、それぞれ解除される実績が異なりますが
片方を選択してエンディングを見た後、タイトルメニューからコンティニューすれば最終チャプターから始まるのでご安心ください。

攻略チャートは The Bunker ~ Platinum Walkthrough (Text/Video) (PlaystationTrophies.org) を使用させていただきました。
PS4版のものですが、XboxOne版でも問題ありません。
以下、分かりづらい実績のちょっと補足ポイント。

・全ての本を読む「Bookworm」について
これは収集物ではありません。
母に本を読んであげるシーンは3回登場します。この3回のシーンで、テーブルに置いてある3冊の本をばらばらに選択していく必要があります。
3回目のシーンでは本の選択をすることは出来ず、「Treasure Island」が強制的に選ばれる模様。他2冊を優先しましょう。

・無くしたパズルのピースを見つける「The Missing Piece」について
チャプター3の段階で、母のベッドのシーンで画面右側にあるジグソーパズルの絵を調べ、1ピース欠けていることをチェックしておく必要があります。
そうしないと、最終チャプターで通過する換気ダクトの中にパズルのピースが落ちていません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/617-5a5e6f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad