Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Hunter's Trophy 2: Australia 実績コンプ

Hunters_Trophy_2_Australia.jpg

Hunter's Trophy 2: Australia

実績wiki:★☆☆☆☆ XboxA:4/10
TAスコア:488 TAコンプ率:265/447=59.28% (2016/07/12)

前回の Hunter's Trophy 2: America に続いて、今度は舞台をオーストラリアに移してハンティング!

実績wikiにもあるように、実績の内容は America 版と狩ってはいけない動物の名前が変わっただけ(ピューマ→カンガルーに変更)で、完全に共通です。
「あぁ、同じシステムを使った使いまわしゲーなんだな」というのは覚悟の上で2本とも購入したのですけれど、現実はさらに斜め上を行っていた…!

アメリカ版は、北米各地でハンティングを行なう内容でした。
オーストラリア版は、オーストラリア本土とニュージーランドの各地でハンティングを行なっていきます。
さて、何が問題かと申しますと…アメリカ版とオーストラリア版、マップ(狩りをするフィールド)が共通です。
テクスチャやライティングが違っていたり、登場する動物のガワは変わっていたりしますが、ハントミッションの進行やクリア条件も全て共通です。
XBLAストアでは普通に2本が並んで売られていますけれど、実質的に「リージョン違いによる別実績ソフト」みたいな扱いだと思ってもらってOKなかんじ。

オーストラリア版の終盤でも、アメリカ版と同様に ヘラジカ(Moose → Wikipedia) をハントすることになったんですけれど…
Wikipedia を読む限り、ニュージーランドにヘラジカって生息してますかね…差し替え作業大丈夫なんですかね…

アメリカ版の最終ミッションのハント課題は「ヒグマ」(Brown Bear)でした。
ヒグマもオーストラリアには居なさそうですので、オーストラリア版では「スイギュウ」(Buffalo)に差し替え。水牛…いるのかな?
Wikipedia先生 によると、家畜として持ち込まれた水牛が野生化したのが少なからず存在はしているらしいのでこちらはセーフということで。
Wikipedia 記載による生息地域と、ゲーム内でマップが指し示す位置が全然合っていないのは見なかったことにします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cfts360.blog.fc2.com/tb.php/507-ae7443f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad