FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Life is Strange 2 実績コンプ

Life_is_Strange_2.jpg

Life is Strange 2

実績wiki:未掲載 XboxA1/10
TAスコア:1,303 TAコンプ率:11,123 / 35,495 = 31.34% (2020/06/29現在)

Life_is_Strange_2_SS.jpg

『Life is Strange』と世界観を共有する続編。
時系列としては『Before the Storm』 → 『1』『2』の順番になります。
『1』のあとですから、『1』の最後の選択肢があちこちに影響している…はず。記念碑とか建ってましたし。

ゲームパス対応ソフトであり、全エピソードがパスの対象になっていました。6月の月末でパスから外れちゃうようですがね。
日本のストアで日本語音声・日本語字幕を設定するための無料DLCが配信されているので、安心して日本語環境でプレイできます。

今回の主役は、メキシコ系アメリカ人(父がメキシコ人、母がアメリカ人 - ただし 母は失踪中 )のショーン・ディアス
悪友たちと遊ぶときにはお酒やタバコも嗜んだりする、アメリカ的にはどこにでもいるであろう普通の16歳の男子高校生です。

ある日のこと、9歳の弟の ダニエル が、ちょっとガラの悪い隣人に絡まれる事件が発生します。
赤い塗料で服を汚してしまった…程度の軽い話だったのですが、ダニエルに手を上げそうになったのを庇った結果、突き飛ばして強く頭を打ち付けさせてしまいました。
不運のピタゴラスイッチは続くもので、たまたま近くをパトカーが通りかかり、新人警官は服を赤く汚して倒れている男を見て軽いパニックに陥ってしまいます。
興奮した警官は銃を突きつけ、ショーンとダニエルに「動くな!」と命じます。
二人の父が騒ぎを聞いて駆けつけて、何とか警官をなだめようとしますが…なんと父が警官に撃ち殺されてしまいます!
当然ショーンもパニックに陥りますが…突然強い衝撃を受けて気を失い、目覚めてみると周囲はまるで嵐でもやってきたかのように色々なものが吹き飛ばされていました。
遠くから迫りくるサイレンの音を聞き (このままここに留まっているわけにはいかない) と判断したショーンは、事態を理解していない幼い弟を連れ、警察からの逃避行を開始します…!

…『1』でもそうでしたけど、開幕射殺シーンはやめてやってくれませんか。銃社会こわい。

『1』の主人公・マックスは「時間を巻き戻す」という超能力を授かりましたが、今回の超能力枠は…まあ分かりますよね、弟・ダニエルがテレキネシス(念動力) を授かってしまいます。
授かった力を隠して、どうにか大人しく生きるのか? それとも、生き延びるために全力で能力を振りかざすのか?
兄であるあなたの影響次第で、ダニエルの…兄弟ふたりの未来は大きく変わっていくことでしょう。

各エピソード末のプレイヤーズチョイスの割合を見るに、「道徳的」なルートを選択していくプレイヤーさんがやっぱり多めだったんですけれど、
プレイヤーズチョイスに書かれた文面を見る限りはダニエルをどんどん悪い子にしていくと凄まじい暴君が降臨するようです。力こそパワー。

実績構成としては、『1』の「特徴的なオブジェクトを写真撮影」、『Before the Storm』の「特定個所に落書き」に続き、『2』では「特徴的な記念品を拾得」になりました。
1エピソードあたり6つずつなことに変わりはありません。それに加えて、1エピソードあたり3か所ある「スケッチポイント」にて最低1回はスケッチを行なう必要があります。
収集物等、簡易な攻略につきましては ライフイズストレンジ2攻略サイト - ゲームライン 様 などで。くれぐれもネタバレ・展開バレにはご用心ください。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

Legend of the Skyfish 実績コンプ

Legend_of_the_Skyfish.jpg

Legend of the Skyfish

実績wiki:未掲載 XboxA3/10
TAスコア1,088 TAコンプ率:611 / 925 = 66.05% (2020/06/24現在)

Legend_of_the_Skyfish_SS.jpg

赤ずきんを被った少女が、万能な釣り竿を片手に伝説の怪物「Skyfish」の討伐を目指すステージクリア型のアクションゲーム。
振り回して敵をしばいたり、ルアーをキャストして足場に引っ掛けて谷間を渡ったり、ルアーを引っ掛けて敵を引き寄せたり、ルアーをぶつけてスイッチを動作させたり…なんと便利な釣り竿か。
アクションパズル的な側面も強いですが、基本的にはステージ構成は常に一本道です。進める場所へ進み、解くべきパズルを解いていけば自ずと道は開けるはずです。

ラタライカさんのところのゲームとしては珍しく、実績コンプのためにはゲームを最後までプレイしていく必要があります。
大抵の場合宝箱は本線から少し外れたルートに隠してあるので、実績の取り逃しが発生しそうなのはこれくらいでしょうか。
ゴールへ一直線な進み方をしていると「宝箱が近くにあるよ!」と精霊が反応すらしてくれないパターンがあるかもしれません。
ステージセレクト画面にて、ステージのイラスト部分をよく見れば宝箱が配置してあるステージは分かるようになっているので、きっちり宝箱を回収して装備をグレードアップしながら進めましょう。
「攻撃が命中した相手はスタンする」って最強の釣り竿の追加効果が強すぎる。

ゲームは全部で3ワールド構成で、ワールドの最後にはボス戦が待ち構えています。
基本は回避重視で立ち回り、隙を見せたら 叩く!叩く!叩く!

----

ラタライカさんのところのゲーム、整理するそばから増えていくでござるよ。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

Reed Remastered 実績コンプ

Reed_Remastered.jpg

Reed Remastered

実績wiki:未掲載 XboxA:未掲載
TAスコア1,070 TAコンプ率:1,663 / 2,021 = 82.29% (2020/06/19現在)

Reed_Remastered_SS.png

ブタのようなネコのような宇宙人のような…正体がなんだかよく分からない自キャラを操り、
「マップのどこかに配置されているキューブを拾うと出口の扉が現れる(場所は決まっている)ので、そこに飛び込めばステージクリア」というタイプの2Dプラットフォーマー。
お約束通りに自キャラは脆弱なので、マップ内のトゲや回転ノコギリ、矢といったトラップやうろつきまわる敵に触れるだけで1発アウトな死にゲーであります。

カメラが自キャラに近いので落下先の足場が見づらいとか、背景がごちゃごちゃしているので仕掛けの在りかが分かりづらいとか不満はありますが、
1ステージあたりは非常に短く、リトライも素早いのでそういった方向のストレスは少なめです。

実績構成はシンプルで、

・ステージ44までクリア - ゲーム自体はもっと続きますが
・ステージ8 / 19 / 27 / 40 にある隠しエリアを発見する - すり抜けられる外壁を通った先に隠しエリアへの入り口があります
・ニワトリの雑魚敵に接触してミス - 自然と1回くらいはやっちゃうでしょうが

…を達成すれば実績コンプ。よくあるラタライカさんなつくりです。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

アスディバインメナス 実績コンプ

Asdivine_Menace.jpg

アスディバインメナス / Asdivine Menace

実績wiki:未記入 XboxA2/10
TAスコア1,486 TAコンプ率:46 / 107 = 42.99% (2020/06/15現在)

Asdivine_Menace_SS.jpg

「アスディバインディオス」の続きもの。
前作のエンドから100年が経ち、我らがアスディバインの精霊神・イザヨイ さんも前作エンドの影響で前髪がちょっと紫色に染まったり、大いに力を制限された状態になっていたりはしますが健在です。
そんなイザヨイのもとに異世界よりもたらされる、「世界の全てが消滅する未来を視ちゃったわ!」との驚くべき報告。
前作でも異世界の話はストーリーの節々には出てきましたが、今回は実際に4つの世界を股に掛けた冒険が繰り広げられます。

前作の精霊娘3人組はNPCに格下げとなり、今作では新たな3人の精霊娘たちがパーティメンバーに加わります。浮気だ。
「エストレラ」出身のゆるふわ系光の精霊・ラトナ。何もないところで転ぶという某有名アイドルのような振る舞いをたびたび起こします。
「ラメール」出身のサムライガール闇の精霊・リタニア。闇の精霊はみんなムームーが苦手なんですか? あと衣装が退○忍っぽい。
・出身地不明の謎の幼女精霊・ノルン。初対面のイザヨイを「パパ」と呼び、イザヨイ同様に「無」の力に長けているのですが…?

実績構成的には、アスディバインディオスに比べると「要やりこみ」なものが完全になくなったので、コンプ難易度は低下ぎみ。
「宝箱回収」「武器強化」「忘れられた村でのやりこみイベント」がなくなりましたからね。

ゲームシステムはほぼほぼ「ディオス」と同等なので、プレイ感覚も同じようなもの。
獲得AMP2倍の宝玉がなくなったのが地味に痛いですが、いつものお約束の経験値2倍やらは早めに買っておきましょう。

「ディオス」では出来なかった「ミニマップの拡大表示」が出来るようになっているので、有効に利用して宝箱の回収に活かしましょう。
行き止まりから先にチェックしないと怖くて先に進めないRPG病…!

前述のとおりに宝箱の全回収は必須ではなくなったので、矢印床トラップ回避のための「ヘヴィリング」は必携というわけではなくなりましたが、
あったらあったで便利には違いないので、できるだけ早めの入手を心掛けましょう。
「ラメール」でのシナリオを進めていくと店頭に並んでいる「ステータスダウンを無効化する防具」を購入すれば、ブロンズカップHARDのペナルティ「全ステータスダウン2段階で戦闘開始」を無視できるので勝ちやすくなります。

エンディング分岐のシステムも「ディオス」同等です。
ノーマルの個別エンドの判定ラインは好感度85なのも、ノーマルで4パターン・トゥルーで5パターンのエンディング実績が用意されているのも同じです。
今回は好感度イベントをこなした後でも好感度40という低さだったので、闘技場でたくさん四葉のクローバーを手に入れておきました。

----

これにてケムコRPGシリーズ10本目のコンプ。2020年6月現在で23本リリースされているので、まだまだ半分以上残っているぜぇー。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

Minecraft Dungeons 実績コンプ

Minecraft_Dungeons.jpg

Minecraft Dungeons

実績wiki:未記入 XboxA:未掲載
TAスコア2,062 TAコンプ率:6,076 / 107,509 = 5.65% (2020/06/09現在)

Minecraft_Dungeons_SS.jpg

かのマインクラフトが、サンドボックスゲームの枠を飛び出してクォータービューのダンジョンクローラーものに!

キャラクタークラス的なものは存在せず、キャラクターレベルが上がってもステータスは向上せずに「エンチャントポイント」を獲得するのみ、
メイン武器・防具・弓に加えて「アーティファクト」を3つという装備スロットの少なさ、
装備品の完全ランダムドロップを廃してダンジョンごとに定められたカテゴリのものしかドロップしない、などなど…
いわゆるこの手のダンジョンクローラーものとしては、極力複雑さを省いたシンプルなつくりを目指しているようです。

実績的な最終目標は「難易度アポカリプスのラスボスを倒す」
これを目指して普通にプレイしていくだけで、大半の実績は自然と解除されていくことでしょう。

難易度アポカリプスに挑むためには、まずは難易度デフォルトをクリアして難易度アドベンチャーを解禁し、
さらにアドベンチャーをクリアしてアポカリプスを解禁し…という流れを踏まないといけません。
難易度アドベンチャー以降はアンロックしたダンジョンは自由にプレイできるようになるので、全てをクリアしなくてもよくなるのはGoodポイント。
とはいえ、まったく装備が整っていないでしょうから即ラスボス戦! というわけにはまいりませんけれども。

キャラクターレベルと装備品のレベル(パワーレベル)は完全に独立しており、パワーレベルを高めることでドロップ品の品質も上がっていくので、基本的にはどんどん装備を乗り換えていくことになります。
防具はともかく、武器はパワーレベルが上がることで目に見えて威力が上昇していきますので、できるだけ高レベルのものを利用していきたいところ。

ダンジョンに突入したときのパワーレベル でドロップ品の質が決定されるようなので、
とにかくパワーの数値が優れている装備品(実際には使わないので、エンチャントが腐ってたり効果がどうでもいいアーティファクトでも気にしない)を身に着けてダンジョンに突入し、
いざ内部で実際に使う装備に付け替えて攻略するのがいい感じです。

また、キャンプ拠点での装備品ガチャ・アーティファクトガチャも キャンプに帰還してきた時点でのパワーレベル を参照しているようなので、
ダンジョンクリア時も パワーレベル重視の装備に着替えてから帰る と吉です。
装備がなかなか更新できないなぁ…というときにガチャると、結構「おおっ?」ってものが引けるので鍛冶屋さんはきっといいひと。

◆エンチャントについて(ソロプレイ前提の記述です。もちろん皆さまの好みはおありでしょう)

武器に「輝き」(20%で回復オーラ発動)は必須と言えるレベルかと。
手数の多い武器に付けた時の生存力の向上はすさまじいものがあります。

ディアブロなんかだと、手数の多い攻撃は特殊効果の発動確率にペナルティがあったりしたんですが
マイクラダンジョンでは今のところそういうシステムはないようなので、確率発動のエンチャントに関しては完全に手数が正義です。
単発攻撃のツルハシ系やハンマー系だと、「コンボのフィニッシュに発動する」タイプのエンチャントが全攻撃に乗るので、そちらを活かす手もアリ。
「旋風」で攻撃範囲を広げたり、「鋭利」「クリティカル」「追い打ち」で単純に火力を積み増したり…
拾った武器次第ではありますけれど、いろいろ試してみましょう。

防具には「雪玉」(近い敵にスタンする雪玉をばらまく)と「偏向」(敵の遠距離攻撃を確率で跳ね返す)がずうっと手放せませんでした。
雪玉Lv3 は1秒ごとにスタン雪玉をばらまくようになるので、スタンが通る中ボス未満の敵であればタイマンで負ける道理がなくなるというバランスブレイカーの一角。
ゲームがどこまで行っても遠距離攻撃をしてくる敵はいっぱい出てくるので、自動的に60%の攻撃を弾き返してくれる 偏向Lv3 は非常に心強いエンチャントです。

弓には何はなくとも「マルチショット」
確率で射撃が5WAYになるエンチャントですが、元から複数本の矢を放つ弓でマルチショットが発動すると愉快なことになります。
常に3発同時発射する「乱射のクロスボウ」なら3x5=15WAYショットが拝めますし、乱射のクロスボウのユニーク品である「ハープクロスボウ」なら5x5=25WAYショットが…!
「花火の矢」といった特殊矢アーティファクトの効果にもマルチショットが乗る可能性があるので、至近距離で花火を炸裂させるとそれはもう猛烈なダメージが入ります。
加えると弓エンチャント「無限」(ときおり弾薬を消費しない)の効果は特殊矢アーティファクトに乗ることもあるので…hehehe。

◆アーティファクトの活用について

難易度デフォルトのうちは、HPを回復させるためのものも利用していたりしたのですが…
難易度アドベンチャーに進んで「輝き」つきの武器を愛用するようになっていくと、次第に(「シロタマゴテングタケ」を3つ装備して、常時タマゴ状態で大暴れすればいいのでは…?)という超☆脳筋思考に陥りました。
…単純ながら安定するんですよう。ボカスカ殴ってればどんどん体力回復しますし。
ボス戦前でキノコを1つ花火に入れ替えて、花火矢接射で豪快に体力削り取るのもよかったですね。


パワー95前後でアポカリプスをクリアしたので(武器は105を持ってましたが、防具が88と低めのものを使いまわしてました)、まだまだ装備改善の余地はある段階。
DLCが来ることは確定していますし、どこまで装備掘りをやったものやら…?

ザ・ビデオキッド 実績コンプ

The_VideoKid.jpg
(メーカーさん! 既定のサイズの画像が用意されてないみたいですよ!)

ザ・ビデオキッド / The VideoKid

実績wiki★★☆☆☆ XboxA3/10
TAスコア1,470 TAコンプ率:1,361 / 3,524 = 38.62% (2020/06/03現在)

The_VideoKid_SS.png

\ポーゥ!!/

歴史あるゲーム、「ペーパーボーイ」( → Wikipedia ) をオマージュした作品。
新聞を配達する代わりに、レンタルビデオを投げつけて配達します。火力高いなオイ。

ゲームのそこら中に、「ペーパーボーイ」のオリジナル世代である1980年代の小ネタが散りばめられています。
マイケル・ジャクソンっぽいひともお邪魔キャラとして出てくるよ。

障害物の登場パターンは、ある程度固定である程度ランダムになっています。
YouTubeなんかでプレイ動画を見つつ、予習してみるのもよいのではないでしょうか。
貨物列車を越えてからの終盤のラッシュはなかなか厳しいものがありますしね。

基本的には一番左のレーン(歩道)が一番安全で、右に行くほど危険度が増すイメージ。
コインが並んでいるからって、安全なわけではないのです。画面外から高速スナイプしてくるクルマよ、やめてくりゃれ。

実績的には「3回クリア」があるので、3回クリアする間にこれらの達成を目指しましょう。
・1ゲーム中に、ビデオの宅配30回成功。ポストの個数は若干の余裕があります。
・Aボタンをポチポチし続け、ビデオを投げまくりながらゲームクリアまで完走できれば確実に20,000ポイントは超えます。
・新技の購入費用 $275 + コスチュームの購入費用 $2,212 を稼ぎ出しましょう。
 2回目の地下道で、左レーンをジャンプしていくと宝石($50)を獲得できます。大きな稼ぎになるのでしっかり回収していきましょう。

TAの投稿欄を見ますと、「起動時に進捗データがすっ飛んだ!」という報告がちらほら。
順調にいけば2時間くらいで実績コンプまで持っていけますし、一度に終わらせちゃうのもいいかもですね。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

実績840,000達成

840000_1.jpg

840,000に到達です!

ちょっと前にも書きましたけれども、TAのイベント合わせでブーストゲーいろいろ吐き出してるものですから、ペースが速い速い。

Agatha Knife: +530 (470/1000 → 1000/1000)
Cybarian: The Time Traveling Warrior: +70 (930/1000 → 1000/1000)
Super Space Serpent SE: +50 (950/1000 → 1000/1000)
Super Box Land Demake: +100 (900/1000 → 1000/1000)
レヴナントドグマ: +960 (40/1000 → 1000/1000)
クロノスアーク: +1000
Rush Rover: +650 (350/1000 → 1000/1000)
アスディバインディオス: +1000
Sally's Law: +1000
Back in 1995: +630 (370/1000 → 1000/1000)
Woodle Tree Adventures: +1000
Reed Remaster: +910 (0/1000 → 910/1000)
Human Fall Flat: +120 (1360/1600 → 1480/1600)
Twin Robots: UE: +210 (610/1000 → 820/1000)
ChromaGun: +440 (190/1000 → 630/1000)
Legend of the Skyfish: +595 (315/1000 → 910/1000)
The Inner World: +225 (100/1000 → 325/1000)
One Night Stand: CE: +180 (0/1000 → 180/1000)
Music Racer: +330 (315/1000 → 645/1000)

今回の内訳。★1クラスが大漁だぜぇー。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

Woodle Tree Adventures 実績コンプ

Woodle_Tree_Adventures.jpg

Woodle Tree Adventures

実績wiki:未掲載 XboxA:未掲載
TAスコア1,059 TAコンプ率:3,311 / 4,298 = 77.04% (2020/06/03現在)

Woodle_Tree_Adventures_SS.png

パパのお願いで、ちっちゃな切り株くんが乾いた世界を癒すための「妖精の涙」を集める冒険に出発します。

高低差の激しいフィールドを探索して3つの「妖精の涙」を獲得し、大抵ステージの最奥にある台座に収めればステージクリア…という3Dアクション。
シンプルな見た目から伝わるように、中身もとってもシンプルです。

カメラの回転ができず、数段階の距離の設定ができるだけなので遠近感が掴みづらく、ジャンプアクションで足を踏み外すこともしばしば…
いくつかチェックポイントを通過しているであろうに、ステージ終盤でミスったらりスポーン地点がスタート地点だこれ! だったりすることもしばしば…
まあ、あんまり出来のよろしい作品ではないです、はい。

1ステージをクリアするごとに、家の中(2Fも含む)に次のステージへのポータルがこっそり追加されていきます。
「ベリー3,000個収集」実績のためにも、できるだけベリーを集めながら全6ステージをクリアしていきましょう。

・Xボタンで走れます。重要。
・ベリーを集めて新しい葉っぱの扇がアンロックされたら、家の裏手に回って装備変更しておきましょう。デフォルトの扇はとてもとても貧弱です。
・エクストラステージ1&2のアンロックも、ベリーの規定数収集で行われます。
・全ステージをクリアしたあたりで「ベリー1,000個」が解除されるくらいでしょうか。
 エクストラ2がベリー回収にとても向いているステージなので、最後は延々ここを周回することになるでしょう。走行ルートの1例。
・Xボタンで走れます。重要。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

Back in 1995 実績コンプ

まずは2020年5月の実績解除サマリーから。

2020_May_TA_Stats.png

5月はTAのコミュニティイベント参加の影響もあり、いわゆる実績ブーストゲームを多めに崩したので納得の結果。
食い散らかしを順番に片付けていかないといけませんね。っていつも言ってる気がします。
そうこう言っているうちに 次のイベント も始まりましたしね。hehe。


Back_in_1995.jpg

Back in 1995

実績wiki:未掲載 XboxA:未掲載
TAスコア:1,144 TAコンプ率:819 / 1,221 = 67.08% (2020/06/02現在)

Back_in_1995_SS.png

ゲームタイトルが示す通りに、1995年ごろの3Dアドベンチャー黎明期のゲームの雰囲気を意図的に再現したかのような作品。
いわゆるリモコン操作に、激烈に荒いポリゴン&テクスチャ、不自由すぎる攻撃モーション…バイオハザードとか、アローン・イン・ザ・ダークとか、そういう感じ。
ノロノロ歩きしかできないのも、のちのちゲーム内で理由付けはされます。いちおう。

ラタライカゲームスさんパブリッシングのゲームではありますが、実績的にはゲームをしっかり最後までプレイしていく必要があります。
ゲーム攻略全般に関しましては PS4『Back in 1995』のトロフィー攻略 - ゲームを巡る備忘録 様 にて。
クセの強い操作感にさえ慣れて、基本的に敵はスルーすればいいと理解すれば、難しいゲームではありません。一部マップが暗すぎてちょっと辛い部分はありましたけども。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム