Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Just Cause 2(JP) 実績コンプ

2016年、最後の更新(予定)です。みなさまよいお年を!

Just_Cause_2_JP.jpg

Just Cause 2(JP)

実績wiki★★☆☆☆ XboxA5/10
TAスコア:1720 TAコンプ率:114/609 = 18.72% (2016/12/28現在)

「ジャストコーズ」の2作目。3作目もすでに発売済みですが敢えての2作目。順番通りにプレイしていくのは大切ですよ。

今度の舞台は東南アジアの小国「パナウ」。もちろん架空国ですが、マレーシアやインドネシア、タイあたりをイメージすればよろしいかと。
前大統領が暗殺され、後釜についたのは暗愚で知られるその息子…どうも父親の暗殺を命じたのも息子の仕業のようで…
あれよあれよと独裁政権が出来上がっていく事態を重く見たアメリカ、またもスペシャルエージェントたる リコ・ロドリゲス を送り込みます。
ただし、今回は上司でありよき協力者でもある トム・シェルドン 抜きでの任務。
彼はよりにもよってCIAの機密情報と資金を持ち逃げし、パナウで消息を断ってしまったというのです!
(まさか…あいつが新政府に協力していやがんのか? いったい何があった?)
リコはそう訝しみながら、パナウ政府を転覆させる工作活動に身を投じていきます…。

街や軍事施設などでの破壊行為や、3つの反政府組織に協力するミッションをこなしてカオスポイントを溜めると新しいメインミッションがアンロックされていくスタイルです。
メインの流れは前作以上に短く、ミッション数でいうと7つしかありません。
6つ目のミッション終了後にダイレクトに最終ミッションが始まるので、実質的には6つとも言えますけれど。
メインのクリア後にはメインミッション以外のフリーロームを延々楽しむモードが始まるので、サイドミッションなどの取り逃しは発生しません。安心設計。

実績的なメインは「ゲームの達成度を75%にする」で、この達成のためには相当数の破壊行為・支援物資の回収・その他もろもろをこなしていく必要があります。
あちこちのロケーションを制圧しまくって、ジリジリと0.01%の単位で達成度のパーセンテージが伸びていく…
「変わり映えの少ない地味な作業」と言ってしまえばそれまでなんですけれど、こういうのは大好きです。うひひ。

実績wikiでも推奨されていますが、「達成度を伸ばしていくプレイ」は難易度イージーで進め、
クリア実績のための最高難易度でのプレイはひたすらカオス溜めを重視し、とにかくストーリークリアだけを目指すのが無駄がありません。
いかんせん難易度エクストリームは死にやすいので、ロケーション制圧プレイを繰り返していくのはかなり骨が折れます…。

「乗り物 104種 106種 を運転する」実績も注意が必要です。
実績説明文には 104種 とありますが、実際には海外版の Limited Edition での追加車種2つが組み込み済みなので、実績解除には 106種 が必要になっています。
しかしながら、登場する車種のうちの1つ「ヴァンダービルド レジャーライナー」(大型バス)が
ゲーム内に設定ミス? のためか絶対に出現しないようなので、デフォルト状態では 105種 までしか達成することができません。
幸いにして無料DLCで2つのクルマが追加されており、そちらをブラックマーケットで購入して乗ることでもカウントが回るので、実績解除自体は可能になっています。
残念ながら「搭乗したことのある乗り物」のリストを埋めきることはできませんが。
乗り物 - JustCause2 @wiki
Category:Just Cause 2 Vehicles | Just Cause Wiki
といったサイトを参考にがんばって集めましょう。下サイトは海外版情報なので、国内版ではときどき適用できないデータがあるやも。


ゲームプレイの効率を上げるために何より一番大事なことは、まずは小型ヘリ・ローリンソン22Kをフルアップグレードする ことです。
デフォルトのローリンソンは非武装ヘリですが、レベル6までアップグレードすることでマシンガンを装備するようになります。
射撃の威力は少々控えめですが、小型ヘリゆえの機動性のよさと相俟って非常に使い勝手のいい乗り物に変貌します。
$35,000とお安い値段で購入できるのもオススメポイント。ガンガン乗り捨てていきましょう。

メインで使用する武器に関しては、好みはあるでしょうが
・片手武器なら サブマシンガン
・両手武器なら アサルトライフルマシンガン
といったところが戦闘でも扱いやすく、敵が所持していることも多いので弾切れを起こしにくい武器です。
ミッション進行中はグレネードやC4爆弾もよく使うことになるので、これらも適宜アップグレードしていくといい感じ。

国内版はいろいろと規制をかけてしまったバージョンなので、海外版とは別実績になっています。
海外版もプレイできる環境ではあるんですが…さて、どうしましょう。
忘れないうちに続けてやるか、同じチマチマ作業を続けてやるのはお腹一杯になっちゃうかな…?

ひとまず年明けまで箱を触れない環境が続くので、そのときまた考えるとしましょう。
重ねまして、みなさまよいお年を!

Dragon Age II(JP) 実績コンプ

RPGにどっぷり浸かっていると更新頻度が著しく低下するちあふるです。こんばんは。

Dragon_Age_II.jpg

Dragon Age II(JP)

実績wiki★★☆☆☆ XboxA4/10 (リンク先は海外版)
TAスコア1800 TAコンプ率:53/172 = 30.81% (2016/12/16現在)

「マスエフェクト」と並ぶ BioWare社 の人気RPGシリーズ、「ドラゴンエイジ」の2作目。
物語としては1作目である「オリジンズ」からの完全に続き物ですが、主人公はまったく別のキャラクターになっています。パーティメンバーも一部を除いて刷新。

前作のストーリー中に、ダークスポーンの襲撃を受け「ロザリング」という町が壊滅してしまうのですが、
そこから命からがら逃げだした主人公・ホーク一家は海を越えて自由連邦の都市のひとつ「カークウォール」に身を寄せることにします。
それからおおよそ7年ののち、主人公はただのいち難民から「カークウォールの英雄」と呼ばれるまでの存在に大出世しているのですが…
さあ、この7年の間に何があったのか追体験していきましょう。

「オリジンズ」のセーブデータを引き継いで開始することも可能で、そうした場合はオリジンズでの歴史を引き継いだ状態で「2」の世界が組み立てられていきます。
フェレルデンの王になったアリスターと面会することもできたり、相変わらず暗殺集団黒カラスに追いかけられてるゼブランに出会えたり。
オリジンズの主人公は「またどっかふらっと出掛けちゃったよ」みたいな扱いなので、ゲームには出て来ませんが。

オリジンズのデータを引き継がない場合は、3パターンのプリセットされた歴史からどれか1つを選択してゲームを始めることになるので、2から始めるひとも安心。
出来れば、オリジンズから始めたほうがよいのは言うまでもないですけどね。
オリジンズのセーブデータがないと、2の本編を2周クリアしないと解除できない実績もあることですし…。

実績的には前作同様、時間と手間はかかるものこそ多いですが難しいものはありません。
前作のDLCにちょこちょこ存在した「難易度ハードで○○を倒す」系も無くなったので、全編通してカジュアルでのプレイでもOK。
話の展開次第では解除できなくなる実績や時限実績(収集も含む)の類いが非常に多いので、取りこぼしを減らしたいなら 実績wiki攻略wiki を読み込んでおくとよいでしょう。

以下、実績回収のための主な注意点。

・仲間を最低4人は友好度MAX or 敵対度MAXにする。 敵対度が上がっていっても直接パーティ離脱につながるわけではありません。
 「友好MAXにする」「敵対MAXにする」の実績は個別にあるので、少なくともだれか1人だけは逆振りを。
 DLC「流浪のプリンス」導入で追加される仲間の セバスチャン にだけは個人で友好か敵対かをMAXにする実績があるので注意。
 もちろん個人の好みの展開はあるでしょうが、アンダース を敵対MAX担当にするのがいろいろ無難です。
 好感度が変動する会話の前に適切なパーティメンバーに入れ替え、適切な返答を選び…と進めていくと効率◎。

・サブクエスト等で一度しか進入機会のない場所にある生産素材やレシピの回収を忘れずに。
 素材の取り逃しはDLCのよろず屋でカバーできるそうですが、何かとバグって結局生産素材全回収実績が空かなくなることが多いとのこと。
 何気なくそこらの箱に入っていたり、敵が持っていたりと影の薄いレシピの回収も気を付けましょう。
 レシピを全回収する必要はなく、ポーションか罠かルーンかのどれか1つの全種類が集まっていれば実績解除は可能。

・難易度カジュアルでのプレイならそれほど気にしなくてもいいかもしれませんが、
 「1チャプターをパーティメンバーの誰一人もHP0になることなくクリアする」には注意しながらプレイしていきましょう。
 当然ながら、1章で達成を狙っておくのが無難です。

・ロマンス対象は面倒なことにしたくないなら二股以上かけるのはやめて、1人に絞りましょう。

参考:私の1軍パーティ

二刀流ローグ主人公
メイン盾アヴェリン
遊撃担当ヴァリック
ヒールとバフ担当アンダース

…ド定番すぎる!
「側背面からの攻撃は全てクリティカルになる」「クリティカルダメージアップ」「タゲが自分に向いていない敵へのダメージアップ」
といったパッシブスキルをひたすら積みまくった主人公が、アヴェリンが押しとどめている敵の背後からザクザク斬り続けるだけで敵が溶けていきます。ふははー。

Brothers: A Tale of Two Sons(Xbox One) 実績コンプ

GTASC2016、かろうじて個人で生き残っていたポメラシェメンバーもあえなく全滅。おつおつでした。
チームで95000TA、個人で31500TAでも足切りに見舞われる準決勝…もはや修羅しかいない…!


Brothers_Xbox_One.jpg

Brothers: A Tale of Two Sons(Xbox One) / ブラザーズ:2人の息子の物語(Xbox One)

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA2/10
TAスコア1081 TAコンプ率:4427/5474 = 80.87% (2016/12/05現在)

XBLA版 と同内容です。
病気の父を救うため、「命の水」を探しに冒険の旅へと出発する兄弟の物語。
左スティックで兄を操作し右スティックで弟を操作する、1人COOPのアクションアドベンチャーとなっています。

XBLA版と変わらず、本筋だけをひたすら追い続けていけば実績0のままストーリー完走が可能なつくりですし、
しっかりサブイベントを回収していけばストーリーが佳境に入るころには実績コンプできる面白い構成になっています。
ストーリー内容についてはXBLA版から長い時間が経っていますし、いまさら伏せる必要もないとは思いますが割愛。

XboxOne版では製作者によるオーディオコメンタリーが収録されています。
まだ開いてすらいないので、ちゃんと字幕が入っているのかどうかも確認していないのですが…
GTASCも終わり、時間に余裕はできたのでそのうちじっくり鑑賞させていただくといたしましょう。

UNO(Xbox One) 実績コンプ

ポメラシェ1年おつかれさまでしたUNO会、無事閉幕。

UNO_Xbox_One.jpg

UNO(Xbox One)

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA1/10
TAスコア1882 TAコンプ率:817/7296 = 11.20% (2016/12/04現在)

誰もが知るカードゲームの定番、UNO が Xbox One にもやってきました。
はじめのうちは海外配信のみでしたが、後に日本国内でも配信開始。UBI仕事した。

UNO のわりにやたらTAスコアが高騰しているのは、オンラインがかかわる実績がやたら高スコアなせい。
「オンラインで10勝する」がゲーマースコア200もありますからね…。

オンライン必須実績は前述の「オン10勝」のみ、オフライン専用実績は「オフでAI3人相手に5勝」のみ。
あとはオン/オフどちらでも解除可能なものになっています。
ランダム性が強く出るカードゲームですから、4人メンバーを集めてオンで協力しあえば全体的にラクラクになるのはいうまでもありません。

●初めてのラウンドをプレイして「ようこそ」解除
●初めてゲームに勝利して「グッドスタート」解除
うぇるかむ・とぅ・うの。

●オンラインで10勝して「ソーシャライザー」解除
日本語での実績説明文は、他実績「すごい度胸」とまったく同じものが表示されてしまっているので注意。
2vs2のチーム戦であれば、チームメンバー2人ともに勝利カウントが回るので効率がよいです。
全員で協力してしまえば、狙ったチームを勝たせるのもラクラク。

●700ポイント以上を獲得してゲームに勝利して「フライングハイアー」解除
マジメにやるのであれば、500ポイントで勝利のゲームを始め、500ポイントぎりぎりまで調節したうえで最後の1ラウンドで200ポイント以上の高ポイントで勝つしかありません。
「ポイント調整をうまくできるか」「自分が勝てるか」「他の相手に十分なポイントを持たせるだけの展開に持ち込めるか」という点で多大に運が絡みます。
オンラインで談合するのであれば、負けチームが山札全てを引き切る勢いでカードを貯め込めば1戦で確実に700ポイントを越えます。何も考える必要はありません。

●ワイルドドロー4チャレンジに20回成功して「すごい度胸」解除
ワイルドドロー4を出された際に、「おめぇ手札に他に出せるカード持ってるだろ!」と指摘するチャレンジを20回成功で実績解除。
AI相手だと数を稼ぎづらいチャレンジです。毎回毎回チャレンジをかけていけばそのうち解除はできますけど。
オンラインでやるとなると…説明不要ですね?

重ねて言うと、上記のように山札を引き切ってしまうと
「ドロー4を出す → チャレンジ成功 → ペナルティとしてドロー4を出した人が4枚引く → いま出したドロー4が手札に帰ってくる」
というループが始まるので、素早く回数を稼ぐことが出来ます。

●ウノ宣言を10回行なって「きこえたよ」解除
●ウノ宣言忘れを15回指摘して「グッドアイ」解除
意外と忘れるんですよね、ウノ宣言…特にウノ状態から一枚引いて、それが出せるカードだったからそのまま出して…のシーンとか。
AIも割とザルなので、よく宣言を忘れてくれます。しっかり画面を見ていましょう。

●AI3人を相手に5勝して「まるで機械」解除
●ハウスルールを3つ以上導入したゲームで5勝して「私の家」解除
1ラウンド勝負のゲームが手っ取り早いでしょう。
導入するハウスルールは「スタッキング」「ジャンプイン(要UBI Clubでの購入)」「フォースプレイ」あたりが無難です。
手札交換系のハウスルールはグダグダになることが多いのであまりオススメしません。

●ワイルド、ワイルドドロー4で色替えを40回行なって「正しい選択」解除
ワイルドで実際に色変更を行なった際にカウント(場が赤のときにワイルドを出して、赤を選んだらノーカウント)。
場が赤のドロー2のときに、緑のドロー2を出してもカウントされていない…はず。しっかり見てませんでしたが。

●ワイルドドロー4で相手にカードを10回引かせて「ジョーカー」解除
●アクションカードを累計100枚場に出して「アクション」解除
プレイを続けていれば自然と解除されるでしょう。

実績490,000達成

490000_1.jpg 490000_2.jpg 490000_3.jpg

実績490,000も無事走破!

前回の48万 から2週間弱…GTASC2016も燃え尽きた感ありますし、さすがにいろいろブレーキかけます、はい。

MONOPOLY PLUS(One): +250 (750/1000 → 1000/1000)
Super Party Sports: Fottball: +460 (540/1000 → 1000/1000)
Goat Simulator: +1000 (1000/2000 → 2000/2000)
Goat Simulator(One): +30 (1970/2000 → 2000/2000)
Teenage Mutant Ninja Turtles(nickelodeon): +1000
Grim Legends: The Forsaken Bride: +1000
The Jackbox Party Pack 3: +1000
Draw a Stickman: Epic: +1200
NBA 2K17: The Prelude: +1000
The Park: +1000
The Fall: +1000
Goosebumps: The Game: +30 (970/1000 → 1000/1000)
Goosebumps: The Game(One): +30 (970/1000 → 1000/1000)
UNO(One): +270 (0/1000 → 270/1000)
Brothers - A Tale of Two Sons(One): +700 (0/1000 → 700/1000)
Hydro Thunder GO: +30 (135/200 → 165/200)

今回の内訳。
GTASCの終盤の追い込みのために、ますます短時間系ゲームが増殖しておる…。
次は記念すべき50万! ここはきっちり決めていきますよ!

Goosebumps: The Game(Xbox One) 実績コンプ

Goosebumps_The_Game_Xbox_One.jpg

Goosebumps: The Game(Xbox One)

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA:未掲載
TAスコア1266 TAコンプ率:1447/3053 = 47.40% (2016/12/02現在)

箱○版 と同内容です。

…Telltale作品の時のように展開をいじって遊べるタイプの作品でもないので、何とも書くことががが。
実績49万に向けてスコア60の調整が欲しかったので、コンプ直前で止めていた箱○版ともどもに仕事をしてもらいました。

Goosebumps: The Game 実績コンプ

Goosebumps_The_Game.jpg

Goosebumps: The Game

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA:未掲載
TAスコア1101 TAコンプ率:696/933 = 74.60% (2016/12/02現在)

R・L・スタイン 作のホラー・アンソロジーシリーズ、「グースバンプス」 (→ Wikipedia )を原作とするアドベンチャーゲーム。
日常の世界に、あれやこれや色んな魔物が溢れて来ちゃった!

ストーリーの本筋じたいはそれほど長くはありません。「175手以内にクリアする」って実績もあるくらいですし。
実績的にも寄り道部分のものが非常に多くなっています。「(まったく役に立たないものも含めて)全てのアイテムを拾う」という実績もあるので、実質的に2周以上のプレイが要求されます。
手動セーブはできますがデータを分けて保存できないタイプのゲームなので、セーブのタイミングも考えないと手間がどんどん増えていきます。

TrueAchievements のウォークスルー
・中盤でセーブデータを作成、ここから一切セーブせずに一気にクリアして「175手以内クリア」を解除
・そのセーブデータをロードし、細々した実績を解除しながら進行していく
という攻略スタイルをとっており、序盤のやり直しを省いて時間短縮に大変役立つつくりになっています。

こう、モンスター相手にテキトーな対処をとってゲームオーバーになっていく姿に往年の怪作「シャドウゲイト」を思い出します…。
「ゲームオーバーのパターンを10種類見た」って実績もありますから、早解きのとき以外は喜んで負けまくりましょうね!(鬼)

The Fall 実績コンプ

The_Fall.jpg

The Fall

実績wiki:未掲載(★1~2くらい) XboxA:2/10
TAスコア:1258 TAコンプ率:1887/4350 = 43.38% (2016/12/01現在)

"The Fall" の名の通り、とある施設に男が "墜落" してくるところから物語は始まります。
男はどうやら気絶しているようですが、彼の着込んでいる高性能スーツに搭載されたAIが "自律行動" を開始。
スーツに搭載された生体センサーは落下時の衝撃で故障してしまったのか、中の人の負傷具合についてはAIも把握することができません。
これはまずい…最優先で中の人を治療できる場所を探さないといけないわ。誰かほかの人間はいないのかしら。
そう判断したAIは、この施設の探索を始めます…。

だいたいこんな流れの2Dアクションアドベンチャー。
探索してアイテムを見つけて、そのアイテムを使って課題をクリアしたり謎解きをしたり…というスタイル。
シューティング要素もあったりしますが、いつでもどこでも透明になれるカモフラージュ能力がスーツには搭載されているので、これを併用すれば困ることはほとんどありません。

実績構成としては、わりとストーリーラインから外れた実績が多めです。
中には「(明示されていないうえにかなり厳しめの)一定時間以内に○○をこなす」といったものや、一度しかない解除チャンスで失敗するとその周回では二度と解除できなくなるもの、
果てにはストーリーのほぼラストに分岐による択一実績まであります。
ただし、択一実績に関しては「トドメを刺す」のほうの実績をまずは解除、解除したら即座にホーム画面からゲーム終了→ロードして再開、
今度は「放っておく」(対象キャラは画面からいなくなっていますが、気にせず先へと進んだら解除されました)を解除することは可能です。だいぶ怪しい挙動ですが。
TrueAchievements のウォークスルー を参考にミスなく進行できれば、2~3時間ほどで実績コンプまで持っていけます。

実はストーリーのパート1の部分に当たる作品なので…続きは出るのかな?

FC2Ad