FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

フラン ~Dragons' Odyssey~ 実績コンプ

Frane_Dragons_Odyssey.jpg

フラン ~Dragons' Odyssey~

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA5/10
TAスコア1,504 TAコンプ率:31 / 77 = 40.26% (2020/07/09現在)

Frane_Dragons_Odyssey_SS.jpg

みんな大好きケムコRPGの一本。
2003年に発売されたPCゲーム「フランIII -緋蒼の幻想曲-」のリメイクのようです。
なんだかいかにも重要そうなNPCがちらほら出演してますが、どうも過去シリーズの登場キャラな模様。

キャラクターの立ち絵などをオリジナル版で表示するか、リマスター版で表示するかの選択が可能になっています。
オリジナル版はこんな具合なので…うーん超今風!

ゲームシステムはいつものケムコRPGとはだいぶ異なり(いつものエグゼクリエイトさん開発なんですけどね!)、
「聖剣伝説」「イース」シリーズのような、大量に出現する雑魚をバッタバッタと斬り倒すアクションRPGになっています。
炎竜族の少年・クナが前衛で武器を振るい、氷竜族の少女・リエルが後ろから魔法でサポートするかたち。

こちらの武器と敵にはそれぞれ炎&氷(&無)の属性があり、対抗属性・同属性をぶつけることで露骨に有利不利が発生します。
いちいち装備画面を開いて持ち替えるのが非常にめどい。

1周のプレイで全実績の解除を目指すとすると、手紙実績(好感度実績)が時限かつ排他(1つ手紙を開封すると他のは読めなくなってしまう)なので、セーブ&ロードを含めた計画的なプレイが必要です。
『ペタス村郊外』のクリア後に全キャラの好感度イベントが解禁され、これ以上ストーリーを進めると一部キャラの好感度イベントが発生しなくなってしまうので、ここがベストなタイミング。

参考:ゲーム『フラン dragons' odyssey』各キャラ好感度など - びーひーの気ままぐらし 様

まずはリエルの好感度を上げまくり、会話イベントで「氷竜の鱗」をプレゼントしてもらえるようにするところから始めましょう。
好感度上げには何はなくとも大量のアイテムの購入が必要なので、お金がなくては始まりません。
「氷竜の鱗」を貢いでもらっては売り飛ばし、資金源にしましょう。

種銭さえ用意できればこっちのものです。
まずは誰相手でもいいので(せっかく上げたリエルの好感度を下げるのはもったいないので、彼女以外で)、嫌いなものをプレゼントしまくって 称号「意地悪キング」 を獲得しておきます。
意地悪キングが獲得出来たら、ひたすら全キャラの好感度を上げていきましょう。
好感度上げが終わったら、各キャラ(「リンゴ」しかくれないフローリンを除く)からのプレゼントを集めまくります。

リエルからの「氷竜の鱗」
ミリナムからの「金剛石」
バーツからの「鉄鉱石」
ハレルからの「火炎珠」
クルーンからの「秘密の薬」

を、それぞれ所持上限の9つ集めましょう。
マップに入る! セーブする! 話しかける! …プレゼント貰えない! ロード! 話しかける! プレゼント貰えた! マップ切り替え! マップに入る! セーブする! 以下繰り返し!

料理の方も工作の方も素材は全部で10種類用意されているので、1種類あたり9つ所持していれば全パターンのレシピの組み合わせが試せます。
店買いや畑で収穫する野菜、にわとりから獲得するタマゴ(タマゴを1つも所持していないときにニワトリに話しかけるとタマゴが手に入ります)を活用し、
この段階で全ての料理・工作レシピを埋めておいてしまいましょう。工作のほうではバランスブレイカーな武器・防具も手に入りますしね。

前述のように、手紙実績は誰かのものを解除すると他の人のものを解除できなくなってしまうので、
セーブデータを残しておいて「誰かのを解除したらロードしてやりなおす」を繰り返す必要があります。
手紙イベントはエピローグの内容に関わるので、イラストギャラリーを埋めたかったら全員分プレイする必要があったりしますが実績的には無影響。

十分に雑魚敵を狩ってレベルを上げる、バランスブレイカーな武器・防具を活用する、ボス戦前には必殺技ゲージを溜めておいて容赦なくボスにぶっぱする…
こんなプレイングをしていたら、ゲームの難易度はだいぶ低くもなろうもの。
ボスの強さより、マップの切り替えポイントが分かりにくいほうがよっぽど強敵でしたわ!

イベント進行のたびに、以前の街へ戻って町民たちと会話するとサブイベントが発生していることがあります。
実績的には一切プレイする必要はないのですが、武器強化アイテムが報酬として手に入ることもあるのでいろいろ探索してみるのもよいでしょう。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム