FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Hellblade: Senua's Sacrifice (Xbox One) 実績コンプ

Hellblade_Senuas_Sacrifice_Xbox_One.jpg

Hellblade: Senua's Sacrifice (Xbox One)

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA2/10
TAスコア1,612 TAコンプ率:12,147/85,956 = 14.13% (2020/03/06現在)

Hellblade_Senuas_Sacrifice_Xbox_One_SS_1.jpg

北欧神話の世界を舞台にした、ダークファンタジーなアクションアドベンチャーもの。
主人公の女戦士・セヌア(英語だとセニュアって発音してる気がする)は、亡くなった恋人ディロン(ディリオンって発音してる気がする!)を取り戻すため、
彼の魂が囚われているとされる場所…北欧神話で語られるところの"死者の国"ヘルヘイムを目指して旅をすることになります。

セヌアは精神的にだいぶ病んだキャラクターとして描かれており、ゲーム中のあらゆるシーンで幻聴が聞こえてきます。
ヘッドホンを付けながらプレイすると、本当に頭の中で響くような位置から声がするのでだいぶムズムズ感が。
頭の中に響く声は彼女を罵ったり、他愛のない雑談を繰り広げたり、時には彼女を応援したり…
戦闘シーンでは「後ろに回り込まれてる!」「弱ってる、トドメを刺せ!」「避けろ!」などなど、結構的確なアドバイスをしてくれたりします。
幻覚を見るシーンも多いのですが、これは本当に幻覚…? 神々の試練…?

実績的には、「44個のロアストーンを全て発見する」以外は全てストーリー実績。
基本的に一本道ゲームなので、ほとんどのロアストーンは取り逃してしまうとこんにちは2周目です。
一部ノーヒントだとだいぶ厄介な隠し方をされているものもあるので、プレイ時間を短縮したいのであれば最初からロアストーンの在りかはチェックしておいたほうがよいでしょう。

Hellblade_Senuas_Sacrifice_Xbox_One_SS_2.jpg

ロアストーンからは北欧神話のダイジェストを語ってもらえます。これで詳しくなくても安心!

「闇の腐敗」相手をはじめとする戦闘シーンは 弱攻撃・強攻撃・キック(ガード崩し)・防御・回避 を駆使するよくあるタイプ。
敵の攻撃をタイミングよくガードすると「弾き(パリィ)」が発生し、敵の体勢を崩して大きなスキを作り出すことができます。
敵の大技はガードしても防ぎきれず、パリィも難しくなっているので素直に回避を選択しましょう。

ゲームをある程度進行させると、鏡の力を用いていわゆる「スーパーモード」を敵に向かってフォーカスすることで発動できるようになります。
敵の動きがスローモーションになり、攻撃力が上昇し、自分の体力も回復する…といいことずくめ。
攻撃をヒットさせたり、パリィを成功させることで鏡の力は割とポンポン溜まるので、有効に利用していきましょう。「フォーカスせよ!」

戦闘難易度をいつでも調整でき、実績的には何の影響もないのでお好みの難易度でプレイしてOK。
華麗なアクションを続けていくと自動で戦闘が厳しくなっていく、「オート」というSTGゲームのような難易度設定もあったり。

XboxOne版同様にWindows10版もゲームパス対象なので、そちらも完了させたいですね。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム