FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Hexologic 実績コンプ

GTASCはピリオド20へ。とうとう20週目ですよ、20週目!

GTASC_2019_Period_19_Individual.png

今回の個人ボーナス条件であった「 "Score" を名前に含む実績を1つ以上解除」も無事達成。
アケアカNEOGEOシリーズは条件を満たしている実績だらけなのでは…と思いつつ、そちらを使用しない方法を模索した結果が ヤギ でした。ペイデーイ。


Hexologic.jpg

Hexologic

実績wiki:未掲載 XboxA5/10 (カンニングするなら 1/10)
TAスコア1025 TAコンプ率:1654/1813 = 91.2% (2019/11/12現在)

空欄の六角形マスに 123 の数字を入れ、示されている列の合計を全て満たすようにマスを埋めていく算数ロジックパズルゲーム。
いわゆる「カックロ」( → Wikipedia )の亜種といえるような、そうでもないような。

列が2マスで、合計が「2」なら (1, 1) しかあり得ない、
列が3マスで、合計が「9」なら (3, 3, 3) しかあり得ない…といったとっかかりは非常にわかりやすいですが、
そんな簡単なきっかけはそうそうポンポンとは出てきません。

Hexologic_SS.png

右上の「8」を3マスで作るとなると、(3, 3, 2) しかありません。2 がどこに入るかは分かりませんが。
右下の「3」は2マスですから、(2, 1) の組み合わせです。21 の順番は分かりませんが。
これを組み合わせて考えると、「8」「3」が交わるところが 2 で確定ということですね。
基本的な進め方はこういう具合です。

問題によっては背理法を利用して解いていくこともありますが(適当な仮定のマスを置いて進めていき、矛盾が出たら最初の仮定マスの数字を別のものにする)、全体的にそこまで難易度の高いパズルではありません。
背理法を利用するときは、なるべく上記のような2択になっている部分を使いましょうね。

まずは難易度設定をHARDにして全問を解いていくわけですが(普通難易度の問題は実績的には解く必要は一切ありません)、自力で進めていっても全問を解くのに2時間程度といったところでしょうか。
ちなみにランダム要素のないパズルですから、TAのウォークスルー などに全解答のスクリーンショットがご用意済みです。ご利用は計画的に。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム