FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Assassin's Creed Brotherhood 実績コンプ

Assassins_Creed_Brotherhood.jpg

Assassin's Creed Brotherhood

実績wiki★★★★☆ XboxA5/10
TAスコア2065 TAコンプ率:6252/186640 = 3.35% (2019/08/10現在)

Assassins_Creed_Brotherhood_SS.jpg

アサシンクリードII の直接的な続編になります。主人公はエツィオが続投、彼のアサシンとしてのさらなる戦いを描きます。

「II」ではイタリア各地を転戦していましたが、今回は基本的には大都市ローマの中だけでストーリーが進んでいきます。
初めのうちは制限された狭い区画しか活動できないところから、ストーリー進行に伴ってだんだん行動範囲が広がっていくことに変わりはありませんけれども。

今回からミッションに「シンクロ率」という要素が盛り込まれ、指定された特定の条件(ノーダメージでクリアしろとか、一度も気づかれることなくクリアしろとか、○○分以内にクリアしろとか…)を満たすことで高評価を得られるようになりました。
本編実績に関わる部分は多くはなく、基本的にはチート(お遊び要素)のアンロックのためのものだったのですが…
追加DLC「ダ・ヴィンチ、失踪」にて「本編・DLCの全てのミッションをシンクロ率100%でクリアせよ」という実績を追加してくれちゃったおかげで、あらゆるミッションをしゃぶりつくす必要が出てきました。

攻略wiki のガイドはもちろん大いに役立ちますし、加えてTAのガイド に全ミッションぶんの動画が掲載されています。
フルシンクロ(シンクロ率100%)はそこまで難しくないミッションがほとんどですが、一部やたら嫌らしいものも。
結構長丁場のミッションで、いざ最終セクションだけをノーダメージでクリアしろとかさぁ…(ダメージをもらった時点でフラグが折れるので、チェックポイントからやり直してもダメ!)

エツィオのアバター衣装を着替えることでいつでも強制的にチェックポイントリスタートを行なえるので、覚えておくと役に立つシーンがいくらか。
気づかれてはいけないミッションで、どうやっても隠れきれない状態で周囲の敵の感知ゲージがぐんぐん上昇してきている途中とか、
ノーダメージでクリアしなくてはいけない敵戦車を撃破するミッションで、どうあっても避けられそうにない位置取りで敵の砲を撃ち込まれてしまいそうな時とか…
上にも書いたように失敗した時点で即失敗フラグがセーブされてしまう仕様なので、ホントに限定的な活用ですけどね。

エツィオは「エクセキューション・ストリーク」をマスターしたり、弟子のアサシンを攻撃に参加させたり…と攻撃方面の能力は激しく強化されました。
エクセキューション・ストリークに関しては「10回連続で成功させる」実績もあることですし、早いうちに扱い慣れておきましょう。
基本的には、処刑モーションに入ったら残りの敵のいる方向にスティックを倒しながらXボタン連打でOKです。
攻撃を仕掛けてくる敵は事前にHPゲージが点滅するので、それにしっかりカウンターを合わせられればエクセキューションストリークは継続します。
使いこなせるようになれば、敵の集団が面白いように溶けてゆく!

弟子アサシンもかなり高性能で、弟子を敵兵にけしかけて暗殺させてもそうそう本人の居場所がバレることはありません。
「気づかれることなくミッションをクリアしろ」系のフルシンクロ条件には大活躍です。
視界内の敵を全滅させる「矢の嵐」もやたら便利ですしね。


今作から、シリーズ初めてとなるオンライン対戦モードが追加されました。
プレイヤーたちはアサシンたちと対立するテンプル騎士団の現代での隠れ蓑、アブスターゴ社の社員となり
「来たるアサシンたちとの戦いに備え、バーチャル空間で自らがアサシンとなり、アサシンの殺しの技術を学ぶ」という体になっています。うまい理屈付けです。
本編の現代編にて見ることができた、大量に設置されたアニムス群はこのトレーニングルームだったんですね。

大人数でのチーム戦が基本である対戦システムなので、オンライン実績の解除には最低6人が必要と若干ハードルは高め。
人数さえ揃っていれば招待が可能なプレイヤーマッチでのプレイで大丈夫なので、そこはありがたいのですけれど。
時期を外しに外し切った今回は6人の協力者が集まっているので、そちらでの解除会となりました。

(現在進行形ではあるので、今後追記の予定)