FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Forza Horizon 4 追加実績 LEGO Speed Champions コンプ

Forza_Horizon_4_LEGO_Speed_Champions.jpg

Forza Horizon 4

実績wiki★★☆☆☆ XboxA4/10
TAスコア8563 TAコンプ率:133/129144 = 0.10% (2019/06/17現在)

Forza_Horizon_4_LEGO_Speed_Champions_SS_1.jpg

"Everything is Awesome!!"

Fortune Island に続く拡張第2段の舞台は…LEGOの世界!?
今年のE3カンファレンスで電撃発表され、さほど間を置かずの配信となりました。事前にリークはあったようですけれどね。

Home – LEGO® Speed Champions - LEGO.com JP
実際に展開しているレゴシリーズとのコラボレーションでもあります。
今回ゲーム内にやってきたのは "Mini Cooper S Rally" "Ferrari F40 Competizione" "McLaren Senna" の3台のみ。もっとたくさん来てくれても良かったんじゃよ?

実績的にはゲーム内チャレンジである「LEGO Brick Challenge」の内容と完全に連動しています。
Fortune Island の時にはサボってよかった「全レース勝利」やら「ボーナスボード他の収集物の回収」もバッチリ条件に組み込まれました。
新しく追加された収集物に「夜間にのみ発見/回収できる」「雨天時のみ発見/回収できる」というものが出来たんですが、Forza Horizon にその要素は必要だったかな…?
まあ宝の地図を使ってしまえばマップに場所は表示されるので、タイミングのいいときにファストトラベルして壊しに行くだけなんですけどね! HAHAHA!

「全レースで勝利」についても、この記事を書いている段階では ブループリントの使用が許可されています。
各イベントで人気のブループリントを確認してみれば、超短距離のチェックポイントレースを仕立てたものの投稿を見つけられるでしょう。あとは分かるな?

「発見」カテゴリのものも、一部スタート・ゴール地点が分かりづらいだけで難しいことはありません。
なにせ我々には リワインド という文明の利器が…!
多くのスタート・ゴール地点はちょびっと道路上から外れたところにあり、直接ファストトラベルで向かうことができない場所になっています。(=マップ上で正確なゴール地点をマークできない)
砂漠地帯にあるオアシス島、空港にあるヘリポート、自宅近くのサッカー場といった地点の場所はしっかり覚えておきましょう。
そうそう、シングルプレイモードだとすり抜けられないドライバター車がいたずらに難易度を上げるので、オンラインに接続した状態のほうがもちろんやり易いですよ。

「スキル」カテゴリも、いくらか面倒なものがありますが難易度は高くありません。
「ショーオフ20回!」「ラッキーエスケープ20回!」「アルティメットクリーンレース100回!」「アルティメットスピード200回!」
ぐえー。
おそらく? ロックがかかった状態のものを事前に達成してもカウントしてくれていないと思われるので、とにかくブロックを集めてジャンジャン自宅のアップグレードを進めておきましょう。

「破壊可能な」( "Smashable" をもうちょっとうまく訳せないものか!)カテゴリが個人的には一番楽しいヤツです。
破壊対象は市街地やビーチに置かれているパターンが多かったですね。

市街地:
ゴミ箱(緑色のやつ)
信号機
自転車
はしご(茶色い脚立)
テーブル(四角く背の低いテーブルではなく、黒い丸テーブル[画像]。 地図で言うと この辺り に6つセットで置かれている場所がある。水路の対岸にもう2つも)

ビーチ周辺:
移動式コーヒースタンド( [画像] メインランドへのトラベル地点から南東側のビーチに点在)
砂の城
LEGOの旗
樽(海賊船周辺にわんさかと)
傘立て(パラソル付きの椅子がビーチにわんさかと)
椅子

そっと触れるだけでは倒れるだけで破壊判定が出ておらず、カウントされていないことが往々にして起こりえます。
それなりにスピードを出してぶつかるなり、カベに押し付けるなり、きちんとチャレンジ表示を出してリアルタイムで確認するなり。

ボーナスキューブ500個については、レゴバレー内のいたるところに配置されていますから普通にプレイしていればそれなりの数を自然と壊していくことになります。
一気に稼ぎたくなったら 空港の滑走路 に大量に固まって配置されているのを利用しましょう。近場にある危険サインでジャンプすれば復活しています。
なお、空港にある危険サインといえば実績「飛行訓練」の解除ポイントでもあります。
この危険サイン、正規であろう「滑走路に向けてジャンプ」するルートよりも「滑走路からジャンプ」する逆走ルートのほうが飛距離出しやすいですよね…。

「LEGO スピードチャンピオン」になるための最終レースをアンロックするためには、1つの残しも許さず全てのチャレンジをクリアしなくてはいけません。
少々長い道のりではありますが、1つ1つ丁寧に片付けていきましょう。

秋シーズンのうちに実績回りは片付けてしまいましたが、他の季節になるとどうなるんでしょうね。
果たしてレゴの世界に雪は積もるのか…?

Forza Horizon 4 追加実績 Update #7 コンプ

Forza_Horizon_4_TU.jpg

Forza Horizon 4

実績wiki★★☆☆☆ XboxA4/10
TAスコア6108 TAコンプ率:327/118086 = 0.28% (2019/03/30現在)

Forza_Horizon_4_TU_SS.png

Forza Horizon 4 に、タイトルアップデートで実績追加がやってまいりました。

これまでにアップデートでHorizonストーリーが追加されてきたのですが、それら3つの新ストーリーが実績に絡むように。
あとはそれぞれのシーズンでチャンピオンシップをコンプリートしろだとか、#Forzathon に関するものだとか、
オフラインメインのプレイヤーには手厳しいオンラインフリーロードトリップに関するものだとか。

実績wikiにもあるように、実装当初は一切プレイしていないHorizonストーリー完全攻略の実績が何故か解除されてしまう…という有利バグもちでした。
私も一切プレイしていなかった「連続スキル」ストーリーの★30実績がゲームを起動するだけで解除できてしまったという。
…ちゃんとプレイし直して★30にしたのでご勘弁を!

今回新しく実績の対象になったのは、少し前に実装されたオンラインの個人戦・フリーロードトリップ。
チーム戦だと自分がミスするとチームに迷惑がかかるのでいくらか尻込みするところはありましたが、個人戦なら幾分気持ちがラクになります。
久々にランク戦のマッチング…相変わらず結構待たされる…マッチング開始…人数足りないのでやり直し…待つ…マッチング開始…
うーむ。「徐々に改善していきます」とアナウンスはしていたものの、結局あまりマッチングは良くなっていないような。

ひいこら言いながらランク戦10回をこなし、ランクを受領…おお、ランク13。なかなか悪くない数字ではないですか。
中の下くらいの腕前を自称する人間としては、大満足の結果でございます。

今回はタイトルアップデートに伴う唐突な実績追加でしたが、この先大型DLC第二弾は確定ですし、このパターンの実績追加はもう一回くらいはやってきてもおかしくはなさそう。
Forza Horizon 4 もゲーマースコア3000のソフトの仲間入りをしそうですねぇ…。

Forza Horizon 4 追加実績 Fortune Island 実績コンプ

Forza_Horizon_4_Fortune_Island.jpg

Forza Horizon 4

実績wiki★★☆☆☆ (DLC言及なし) XboxA4/10 (DLC言及なし)
TAスコア4419 TAコンプ率:556/99185 = 0.56% (2018/12/18現在)

Forza Horizon 4 に第一弾拡張マップがやってきました。新たな舞台の名は Fortune Island
"Fortune" って単語も結構いろんな意味ありますけれど、内容的には「幸運」より「財産、富」のほうですかね…? 「宝島」っぽい雰囲気ありますし。

Forza_Horizon_4_Fortune_Island_SS.jpg

フォーチュンアイランドでは本土では見られなかった雷雨が起こったり、夜には見事なオーロラが発生したりします。
本土同様に季節変化があるので、季節が変わればまた違った姿を見せてくれるかもしれませんね。

実績的には、今までのHorizonシリーズの拡張DLCと比較すると相当シンプルな部類になります。
TA調べで15-20時間見込みだった「3」のDLCと比べ、フォーチュンアイランドは多くの人が6-8時間で実績コンプを達成できています。

「3」の本編、もしくは「4」の最序盤のような「PRスタントやレースで経験値を溜めていけば新しいイベントティアがアンロック」というスタイルをとっており、
スタントの★3を埋めつつレースを遊んでいればいつの間にか最終レースがアンロックされているような雰囲気です。
「3」のブリザードマウンテン・ホットウィールにあったような「レース中に特定の条件を満たしてメダルを集める」といったシステムもなく(不評だったんですかね)、
「全レースを完了する」という実績もないので隅から隅までしゃぶりつくす必要もありません。「看板全破壊」もなくなりました。

PRスタントはいつものスピードトラップ・スピードゾーン・危険サイン・ドリフトゾーンに加え、「トレイルブレイザー」というジャンルが新設されました。
"Trailblazer" (道順を示す人、先駆者) の名の表す通り、「スタート地点からゴール地点まで通るルートは自由、迂回するもよし突っ切るもよし。とにかく早く辿り着け!」といったものになっています。
個別の実績にもなっていますが、超小型車 PEEL P50 の小ささを活かして森の中を突っ切っていくのは中々楽しかったです。

本筋のレースのほうとは離れたコンテンツとして、「宝探し」が用意されています。
謎めいた…というほど謎めいてはいないリドル(謎掛け文)を解くと、宝箱の大体の位置を「周辺の風景」という形で教えてもらえ、見事宝箱を発見すると中には1つあたり100万クレジットもの大金が…!
リドルは基本的に「特定車種でPRスタント●●でスターを獲得しろ」という内容です。特定車種のところが大いにぼかされているイメージ。
「スウェーデンの騎士」…スウェーデンのメーカーといったらケーニグセグやボルボ…騎士っぽい名前のクルマ… VOLVO IRON KNIGHT RACING TRUCK か! …みたいな具合です。
しかしこれ、日本語訳を挟むことでいたずらに難易度上がってませんかね?

TrueAchievements によるリドル全解答は こちら
なお、「宝の地図」を導入することで宝箱の位置すらオープンになってしまいます。ゲーム側からも「ネタバレになるけどホントにいい?」と聞いてきてくれる親切仕様。

今回の最終レースは、ロードレースの「Kraken」とダートスクランブルレースの「Leviathan」が用意されています。
双方で1位を獲得するだけではなく、「それぞれを指定車種で規定タイム内にゴールせよ」という実績もあり、そういえば「3」のDLCのタイムアタック系実績はちょっと面倒だったな、と思い起こされもしましたが…
いま現在ではカスタムルートで作成したコースでもタイムアタック実績が解除可能という酷い抜け穴が存在します。
10秒で完走、無事ポコン。ひどいありさまだ。

「指定車種で指定PRスタントで特定の成績を」実績に関しても、しかるべきアップグレードをダウンロードして利用させてもらえばまったく難しいことはありません。
PEEL P50の暴れ馬っぷりに少々手を焼くくらいでしょうか。

Forza Horizon 4 実績コンプ

Forza_Horizon_4.jpg

Forza Horizon 4

実績wiki★★☆☆☆ XboxA4/10
TAスコア3551 TAコンプ率:72/78684 = 0.09% (2018/10/20現在)

Forza_Horizon_4_SS.jpg

アメリカ → ヨーロッパ(イタリア/フランス) → オーストラリア と旅してきたフォルツァホライズンシリーズ、今度の舞台はイギリス。
開発会社である Playground Games はイギリスの会社ですから、それはそれは本気を見せてくれることが伺えます。
オーストラリア → イギリス と左側通行の国が続くのは日本人としては有難いのですけれど、世界の多数派である右側通行の国のひとたちはちょっと困ってそうですね。

実績的には、今までのフォルツァホライズンシリーズと比較するとかなり時間が掛からないほうです。
とはいえ、リアルタイムで1週間ごとに切り替わっていく4つの季節それぞれに「その季節の間にしか手に入れられない」掘り出し物のクルマが1つずつあるので、真っ当にやるなら実績コンプまでリアル4週間弱はかかることになります。
(完全オフラインにして本体の時計をいじれば強引にやってやれないことはないようです)

今回の実績リストには「全てのエキシビション/チャンピオンシップをクリア」がありません。
今作はイベントジャンルごとのレベルを上げていくことで新しいイベントがアンロックされる…という方式をとっているのですが、
コミュニティに投稿されたブループリントを利用すれば自力でまだアンロックしていないイベントを早期からプレイすることも可能だったりします。
レベル10前後でアンロックされる コロッサス(ロードレース)・ガントレット(ダート)・タイタン(クロスカントリー)・ジャガーノート(ドラッグレース) といったボスクラスのロングレースや、
ロードレースレベル20でアンロックされる恒例の会場一周レース・ ゴライアス を早いうちからプレイできるのは大幅な時短に繋がります。
ストリートシーンについてはブループリントを使えないタイプのイベントなので、これは自力でプレイしていきましょう。
早めに「イベント影響ボーナス」(+30%)のついたクルマを手に入れられると捗りますね。

PRスタントについては、例によってランキング上位の使用しているクルマを参考にしていけばさほど苦労はしないでしょう。ドリフトゾーン以外は。
3までと比べて、今回のドリフトゾーンは結構厳しめの得点を要求してきているイメージです。
私はフォーミュラドリフトカー(DLC)のBMWを利用し、ドリフト向けのアップグレードを当ててやっていきました。トラクションコントロール・スタビリティコントロールは両方オフにし、敢えてのオートマチック使用。
低速でウネウネ滑らせてもほとんど得点は伸びないので、ある程度速度を意識しながら進めていったら結構うまくやれました。
ドリフト道、奥が深い…!

今作は季節変化があるので、シーズンによってはスタントの難易度もだいぶ変化しています。
路面の状況が大きく変わろうと★3の判定基準は一切変わらないので、必死に努力するよりはプレイしやすいシーズンを待った方が懸命かもしれません。

ツイッターでも公式フォーラムでもあまりいい話題を聞かない、チームアドベンチャー関連の実績について。
「レースのみ/ゲームのみ/なんでもアリ(混合)」のどれかを選んでプレイを続け、レベル3になれば晴れてそのジャンルの「ランカーアドベンチャー」に参戦可能。
ランク戦を10回行なうことでプレイヤーランクが付与され、これでやっとリーグ参加資格を得ることが出来ます(実績「認定冒険者」)

このランカーアドベンチャーのマッチングが曲者で、12人がきっちり揃わないと試合が始まりません。
1人でもうまくマッチングしない人がいるだけで、延々マッチング要請 → 承諾 → マッチング不成立によるキャンセル → マッチング要請 → 承諾 → キャンセル → … のループを繰り返す羽目になります。
勝ち負けは一切関係なく、ランク戦を10回終えればいいだけではあるのですが…割と苦行です。苦行でした。

チームアドベンチャーでは、毎回イベント間にチェックポイント一切なしの目的地への移動レース(フリー走行ラッシュ)が挟まれます。
大抵は正規ルートの道路を無視した目的地へ一直線競争になる都合上、オフロードに強いクルマでないと相当なハンデを背負わされる形になってしまいます。
…クルマ選択の幅を狭めるだけなのでは、とオンラインプレイ歴の浅いわたくしは思う次第。


実績的な大きな目標は、「プレイヤーLv200を目指す」および「お城購入のための1,000万クレジットを稼ぐ」ことです。
お城は1,000万クレジットのバンバラ城と1,500万クレジットのエディンバラ城がありますが、バンバラ城には掘り出し物情報が付随しているので実績的にはこちらの購入を強くオススメ。

満遍なくいろいろな種類のイベントをプレイし、Horizon Life各種のレベルを上げてホイールスピンを溜め、お金を稼いでいきましょう。
シーズンチャンピオンシップの課題をこなしたり、Forzathonショップで購入したりしてスーパーホイールスピンをゲットするのも◎。

・早いうちに「どこでもファストトラベル」Perkを獲得できる家を購入し、ボードもたくさん破壊して無料でどこでも飛べる環境を整えましょう。

・同じく早いうちに、Horizonストーリーの1つである World's Fastest Rentals をプレイしてデイリー収入を獲得できるようにしましょう。
 マックスである★30を獲得していれば、一日ごとに約12,000クレジットの収入になります。

・Renault 5 Turbo Forza Edition といった、スキルポイントを稼ぐのに特化したクルマでじゃかじゃかスキルポイントを稼ぎましょう。
 参考動画。 チェーン50,000点ごとにスキルポイント1で、一回のチェーンで獲得できるポイントは10が上限なので500,000点ごとに区切りをいれましょう。
 ポイントの稼ぎ地点としてはここ以外にも、ドラッグレースのある小さな空港もオススメです。

・稼いだスキルポイントは賢く利用していきましょう。
 多くのクルマのPerkから影響ポイント・ホイールスピン・クレジットを入手できる機会があります。
 一例として、DLCのフォーミュラードリフトカーシリーズ全車は19ポイントつぎ込めば30万クレジット貰えるPerkを解除できたり。
 レアリティが高いクルマほど大きなリターンがある傾向にあります。

・MixerにてForza Horizon 4の配信を視聴しているだけで影響ポイントを取得することもできます。要MSアカウントとのリンク。
 貰える影響ポイントは500P/5分と、結構バカにならない数値です。
 また、配信者側もポイントを取得できます。最低値は117ポイント/2分(少なくとも1人視聴者がいる必要アリ)。視聴者数が増えれば増えるほど貰えるポイントも増えていくようです。
 現在では24時間休みなし配信をしている人がたくさんいますので、適当な人の配信を繋ぎっぱなしにしておくのもよいでしょう。

・これを読んでいるヒマがあったらクルマを走らせるのだ!

----

拡張アドオンで実績が増えるのは確定として、昨今のギアーズ・オブ・ウォー4を見ているとタイトルアップデートでどんどん無茶な実績を追加してきそうな嫌な予感も…
日々ちょこちょこプレイは続けていこうと思います。Forzaリワードもありますしね。