Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Life Is Strange(Xbox 360) 実績コンプ

Life_is_Strange.jpg

(例によって Episode 1 ってつけなくていいのに!)

Life Is Strange (Xbox 360)

実績wiki:未記入 XboxA2/10
TAスコア1288 TAコンプ率:2814/8924 = 31.53% (2017/11/12現在)

この手のエピソード配信型ADVといえば Telltale製 のものがとても多いですが、この作品はフランスのメーカー Dontnod Entertainment の手によるものです。
配信元がスクウェアエニックスですが、日本国内での配信はPSNやSteamに限る(こちらは日本語吹き替え付き!)…と、何かと場外で話題になることがちらほらありました。
本作の前日譚にあたる続編の「Life is Strange: Before the Storm」は、海外では既に配信が始まっていますが今度は Xbox One でも日本語吹き替え付きの発売が決まっているようです。期待しましょう。

主人公の Max は、箱ユーザー大好きオレゴン州にある Blackwell 高校にて写真を学んでいる女の子。
ある日の女子トイレにて、同級生の男子と見知らぬ青髪の不良少女が口喧嘩の末、少女が男子に拳銃で撃たれるのを目撃したと思ったら周囲の時間が巻き戻って――?
気が付けば Max は教室の中に。おかしいぞ、この授業はさっき受けた覚えがある。もし本当に時間が巻き戻っているなら、もう一度トイレに行ってあの子を助けなきゃ!
どうやら「時間を巻き戻す」という特殊能力に目覚めたらしい Max、大きな事件のうねりに巻き込まれながらもこのチカラを用いて事件の真相へと迫ってゆきます…。

この手のアドベンチャーでは、「この選択肢、こっちを選んでたらどういう反応が返ってきてただろう?」となるのが常ですが、
このゲームでは時間巻き戻しを使って両方の反応を確認することができるようになっています。
もちろん、最終的にはどちらかを選ばなくてはいけないのですけどね。
余りにも前までは巻き戻すことはできないので、後々にその選択がどういう影響を与えるかまではわかりませんし。

Telltale のADVは大抵「とにかく最後まで読み進めればOK」な実績構成なことが多いですが、
本作では「写真」が大きなテーマの1つなこともあり、各エピソードにて10枚のオプション写真を撮影することが実績になっています。
シンプルに対象を見つけて写真を撮ればいいものから、時間巻き戻しを活用して被写体を整えなくてはいけない変わり種も用意されていたりと、ヒントなしだとちょっと大変。
Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ) 攻略 - andraste.info 様 は攻略の大きな助けになりました。

最終エピソード・クライマックスの2択選択肢のヘビーさと来たら!
ここまで積み重ねてきたものがある中、あちらを選ぶべきと思いつつ、もう片方を捨てるのも辛い…!
ユーザー統計によればほぼ半々の結果だったので、制作者さんの匙加減は非常に上手かったというべきなのでしょう。
One版をプレイするときは逆にしてみようと思います。

Monster Jam: Battlegrounds 実績コンプ

Monster_Jam_Battlegrounds.jpg

Monster Jam: Battlegrounds

実績wiki:未掲載 XboxA:未掲載
TAスコア1266 TAコンプ率:589/1227 = 48.00% (2017/10/06現在)

超巨大なタイヤを履いたモンスタートラックを駆るアクションレースゲーム。
30個の実績の内訳が 33G x 29 + 43G という妙な方向に舵を切っているモノなので、一部界隈では有名なソフトとなっております。
上手いこと活用すればゲーマースコアの一桁目をあらゆる数字に調整可能ですぜ。

規定タイム内にゴールを目指す「Skill Driving」
スタジアムで他車とレースをしたりフリースタイルでトリックを競う「Stadium Event」
飛距離を競ったり廃車を踏みつけたり指定された場所へ飛び込んだりとスタント技術を見せつける「Stunt Mode」
大きく分けて3つのゲームモードが用意されています。
なお、スタジアムモード以外の2モードは2Dサイドビューでの「Trials」シリーズのようなプレイになります。疑似的に3Dではありますけど。

使用可能なトラックリストの、一番最後に並んでいる2台の車両が実績解除の対象車です。
一番最後にあり、一番高額な「グレイブディガー」が一番性能の良いクルマなので、お金を貯め切って一気にコイツを購入してしまいましょう。
アップグレードを行なうことで ブースト (前方への一時的な加速)や スーパージャンプ (前方上空へ跳ねるイメージ、空中姿勢もやや安定する)がクルマに組み込まれていきます。
最終的にはブーストが4回、スーパージャンプが2回行なえるようになるので、これを活用していくのが勝利へのカギです。

「スキルドライビング」「スタジアムイベント」のイベント群は総じて簡単なので、問題は「スタントモード」
スタントモードの中でも、ただブーストからのスーパージャンプで大ジャンプをキメればいい「Jump」と、経路に配置されている廃車をガスガス踏みつぶしていけばいい「Destruction」は簡単な部類なんですが…
「ジャンプして指定されたポイントに着地する」 Precision と、スタント3種の複合である Challenge がやや難です。

プレシジョンの最高得点を貰えるポイントは「一番遠いところ」「一番高いところ」が基本なのですが、稀に「カンタンなところと中くらいなところの間のピンポイント」といった要求をしてくるのが面白いところ。
ブーストを吹かすタイミング、スーパージャンプを発動するタイミングをいろいろ試してみましょう。
右スティッククリック+左スティック操作でリワインドが行なえるのを見逃しがち。ジャンプの高度や飛距離が足りないときはいろいろ調整してみましょう。

チャレンジで★3評価を貰うには、最初から提示されている「ジャンプゾーンで既定の飛距離のジャンプを行なう」「既定の数のクルマを潰す」「コース上のどこかにある黄色い光に触れる」の3つを同時に達成するのが必要です。
プレシジョンでの最高評価のポイントは赤い光なので、「チャレンジで黄色い光に触れたら満点にならないのでは…?」と自分の中で要らぬ疑心暗鬼が発生しました。
初見走行時だと「どこがジャンプやプレシジョンの判定ポイントなのか」がだいぶ分かりづらいんですよね…ここはゲームとしての減点ポイント。
チャレンジでは全体的に長丁場のステージになるので、ブーストやスーパージャンプを使うタイミングを少しは考える必要があります。

実績コンプのためには、全てのイベントで最高評価たる★3を獲得する必要があります。
スタントモードのいくつかの難イベントさえ乗り越えれば、全体的には簡単な部類のゲームです。心を折られずにがんばりましょう。

Minecraft: Story Mode - Season One 実績コンプ

Minecraft_Story_Mode_S1.jpg

Minecraft: Story Mode - Season One

実績wiki:未掲載 XboxA1/10
TAスコア1904 TAコンプ率:880/7428 = 11.85% (2017/08/01現在)

世界的に大人気の「マインクラフト」をベースに、Telltale がお得意のエピソード配信型アドベンチャーゲームを仕立て上げてくれました。
もともとはEP1~5の配信でしたが、好評につきEP6~8が追加され、さらには最近シーズン2まで始まった人気シリーズです。

怪しい男が召喚してしまった最強最悪のモンスター「ウィザーストーム」を倒すため、
エンダードラゴンの征伐者として勇名を轟かす冒険者たち "The Order of the Stone" の面々に助力を仰ごうとするのですが…
というのが本筋のストーリー。

追加エピソードでは、マインクラフトゆえの「ポータルくぐれば妙な異世界に飛んでもいいんじゃね?」精神により、1話完結型の物語が展開されていきます。
マインクラフトで洋館ミステリーやったり、「市民、あなたは幸福ですか?」やったりするとは思いませんでしたよ。

エピソード1に一つ、エピソード2に二つ、エピソード3に一つだけ「単純に読み進めていくだけでは取り逃す可能性のある」実績があります。

・エピソード1チャプター2、作業台で初めてのクラフトシーンにて。
 「自分の身を護るために剣を作って」と言われているのに レバー を作れば実績解除。
 丸石の上に木の棒を並べましょう。ちなみにここで作ったレバーはどこかで役に立ちますぞ。

・エピソード2は、エピソード1の最後で「赤の光と緑の光、どちらを選択したか」で序盤の展開がまるっと変わります。
 まずはエピソード1から引き続いてプレイして片方を解除したら、新規セーブデータでエピソード2から始めましょう。
 これでエピソード1の最後でどちらを選んだかはランダムで設定されるので、アタリを引くことを願いましょう。
 オリビアと同行しているのが赤い光を選んだエレガード(エンジニア)ルート、アクセルと同行しているのが緑の光を選んだマグナス(グリーファー)ルートです。

・エピソード3チャプター3、ソレンの隠れ家にて。
 エンダーマンのコスチュームを着てエンダーマンだらけの外に出ていく前に、コスチュームが置いてあるそばに居るルーベンに話しかけ続けましょう。
 途中でアクションが変わらなくなりますが、10回以上も繰り返し繰り返し話し続けましょう。
 …そのうちアクションが変わり、ジェシーの発言とともに実績が解除されます。

これら以外の実績は読み進めていくだけでOKです。

Guacamelee! Super Turbo Championship Edition 実績コンプ

Guacamelee_STCE.jpg

Guacamelee! Super Turbo Championship Edition

実績wiki★★☆☆☆ (※One版) XboxA6/10
TAスコア1580 TAコンプ率:339/1480 = 22.91% (2017/07/15現在)

ゲームの進行に伴って使用できるアクションが増えて行動範囲がさらに広がり、見えてたけれど取れなかった宝箱も取れるように…といういわゆる メトロイドヴァニア なアクションゲーム。
このメキシカンな見た目とゲームタイトルからはちょっと想像していなかったゲームジャンルでありましたよ。

アッパーカット:↑+B - 空中に飛び上がりつつのアッパー、空中発動もできるので上方への行動範囲が少し広がる。敵を打ち上げるのでコンボパーツとして優秀。赤いブロックを破壊できる。
ヘッドバット:LSニュートラルでB - その場で強烈な頭突き、威力が高いので戦闘でも多用したい。黄色いブロックを破壊できる。
スラム:空中で↓+B - 見た目より攻撃範囲が広い、ちょっとスキがでかいので戦闘で使う際は注意。緑色のブロックを破壊できる。
ショートダッシュ:LS左右+B - 空中発動可。青いブロックを破壊できる。
※アッパーカット、ヘッドバット、ショートダッシュは空中では一度までしか発動できない。地面に足をつければリセット(壁張り付きではダメ)。

壁キック:壁に張り付いた状態でA(左右入力は不要) - 言わずと知れたアレ。
二段ジャンプ:空中でA - お約束のアレ。
壁駆け上がり:壁に張り付いた状態で↑+Y - 走行距離無限。重力無視。
壁蹴り飛行:壁に張り付いた状態でLS壁の反対方向+Y - 飛翔距離無限。重力無視。

ニワトリ変化:LBで変身。イベントでニワトリになってしまう呪いをかけられるものの…。狭い通路を通り抜けられます。
次元の変更:RT。「生者の世界」と「死者の世界」を切り替えます。敵によっては同じ次元にいないと攻撃を当てられません。オブジェクトの配置や、仕掛けの挙動が変わったりもします。

これだけのアクションがゲーム中に増えていきます。
「指定された特殊攻撃を当てないとシールドが解除されない」という敵がそこそこ出てくるので、操作はきっちり覚えて咄嗟に出せるようになっていかないといけません。
「Intensoモード中の攻撃にシールドブレイク効果付与」のアップグレードを取得すれば、敵のシールドについてはいろいろ楽になりますが。

実績的には

・ハードモードをクリア
・全エリアの達成度を100%にする
・インフィエルノチャレンジで全てゴールドメダル


にほぼ集約されています。あとは一発芸的なものがちらほら。
本来ハードモードは一周クリア後に解禁されるものですが、特殊コマンドを入力することで初周からのプレイも可能ではあります。
購入したコスチュームについてはセーブデータ内で共通なので、素直に2周する方が精神衛生上よいかも。

全エリアのサイドクエストをクリア、宝箱の回収、オーブの回収、インフィエルノチャレンジ全ゴールドが100%達成には必要なようです
TrueAchievements のウォークスルー が、ストーリー進行しながら宝箱回収もしっかり追いかけていてバッチリです。
オーブ6つを集めるとニワトリ状態で空を飛べるようになりますが、宝箱の回収にこれが必須になるシーンは1つもありません。あくまでオマケ機能です。

インフィエルノチャレンジは、「最高●●コンボ以上で敵を全滅させろ」「▲▲使用禁止で●●コンボ以上で敵全滅」「規定時間内にゴールに辿り着け」といったお題をクリアしていくもの。
ダメージを受けた時点でコンボが切れるので、とにかく回避が重要です。掴みから投げのモーション中は無敵になることもフル活用しましょう。
Y(掴み)から敵と反対側にLS+B(投げ)の スープレックス は心強い味方でありますぞ。周囲の敵を転ばせる範囲が広い広い。
Bボタンでの特殊攻撃はコンボ数にボーナスが付くので、トドメの一撃では積極的に狙っていくのもよいでしょう。
「意図的に攻撃力を下げるコスチュームを着る」「ホントに余裕があるときはニワトリに変身して突っつきまくる」といった工夫も有効なようです。


ちなみに。
360版のみで使える「体力無限回復バグ」というグリッチが存在していたりします。One版では修正済みの模様。
やり方は簡単、ゲーム中にポーズを掛けてオプションを開き、画面の表示範囲の設定画面を開いてそのまま閉じるだけ。
何故か体力がMAXまで回復します。戦闘中であろうとお構いなしに回復できちゃいます。なんということでしょう。

Batman: The Telltale Series 実績コンプ

Batman_The_Telltale_Series.jpg

Batman: The Telltale Series

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA:1/10
TAスコア1293 TAコンプ率:832/3265 = 25.48% (2017/05/03現在)

毎度おなじみ Telltale 製のアドベンチャーものの一本。
今回はスーパーマンと並ぶDCコミックスの雄、バットマン を題材にしたシリーズです。
「The Wolf Among Us」もネタ元はDCコミックス系列の作品だったようですし、その縁というやつですかね?

バットマンが主役ということもあり、QTEを用いた格闘戦シーンが多くて楽しいです。
敵の攻撃を防いだりかわしたりしつつ、こちらも打撃を繰り出して(演出的に)ゲージを溜めて、最後にトドメの大技をドカンとぶつける! という流れが非常に気持ちいい。
強力な攻撃を放つときにはボタンの同時押しが必要、というのがアーカムシリーズみたいですね。

バットマンの世界にはそこまで詳しくないのでアレですが、今作はバットマンサーガでいうとかなり初期のころにあたる話になります。
作中でアーカムアサイラムに向かうことがあり、そこでバットマンには欠かせないヴィランである ジョーカー と初対面になるくらいですし。
ちなみに、バットマンの協力者として知られるゴッサム市警の ジェームズ・ゴードン が本部長に就任するより前の時代でもあります。
Lieutenant と呼ばれていたので…まだ警部補時代?

ハービー・デント がメインキャラの一人として出演しており、物語が進むにつれて有名なヴィラン「トゥーフェイス」が爆誕することになります。
トゥーフェイスといえば顔の向かって右半分を大やけどしている姿で知られていますが、展開によってはその火傷を負わせることなく進めることもできたり。
顔が無事のまま進めていっても、彼の精神がどんどんと破綻していくのは止めようがないのですけれど…。

他に出演するヴィランはキャットウーマンペンギン、この作品のオリジナルヴィランで大ボスとなる レディ・アーカム
展開によってはキャットウーマンの中の人こと セリーナ・カイル とイイ関係になることもできますが、
やっぱりバットマンシリーズのヒロインといったら執事の アルフレッド ですよね? 今作ではさらわれイベントが発動したりしますし!

実績的にはいつもの Telltale のアドベンチャー同様、とにかく最後まで読み進めていけば全解除です。取り逃しの可能性のあるものは一つもありません。
ブルース・ウェイン として、バットマン として、ゴッサムを守るべく活動していきましょう。
次のページ

FC2Ad