Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

DeathSpank: The Baconing 実績コンプ

2017_Jan_TA_Stats.jpg

1月の実績解除状況はこちら。
ジャストコーズ2(海外版)とレゴジュラシックをプレイしていた1ヶ月でしたね。
GTASCも始まったことですし、ゆるりとエンジンかけていきますよー。

DeathSpank_The_Baconing.jpg

DeathSpank: The Baconing

実績wiki:★★☆☆☆ XboxA:4/10
TAスコア:282 TAコンプ率:675/3156 = 21.39% (2017/02/02現在)

アクションRPG、「DeathSpank」シリーズの3作目。これでシリーズコンプじゃあ!

お話としては前作の「Thongs of Virtue」からの続きもの。
とはいえそんなに難しく考えることもなく、
「前作で集めたおパンツがやっぱりアレコレヤバい系のものだったので、世界各地にある Fire of Bacon に捨てに行くよ!」(超要約)
というもの。トールキン先生出番です。

「難易度 Insane (最高難易度) でゲームをクリア」という実績があり、この難易度がアンロックされるのは一度ゲームをクリアしてからなので都合2周のプレイが必要です。
最低難易度でまずは1周、最高難易度クリア以外の実績をすべて解除してから2周目に取り掛かるのがよいでしょう。

The Baconing FAQ/Walkthrough for PlayStation 3 by Bkstunt_31 - GameFAQs

プレイステーション3版での記述になっていますが、こちらの攻略ガイドを参考にさせていただきました。
全実績解除まで問題ナシです。


最低難易度であっても、多数の敵に囲まれて無策で戦っているとあっという間にHPが尽きてしまうゲームです。
デススパンクの命を繋ぐために重要なのは、盾とクロスボウ。ガード&シールドバッシュとクロスボウのチャージショットは偉大やでえ。

・そこら中に配置されている爆破ダルをうまく利用しましょう、ターゲットロックを利用して敵が近くを通った際に発破することで効果大。でも自爆はカンベンな。
・戦闘の開幕には、出会いがしらにクロスボウのチャージショットをぶち込んで大きなダメージを与えておきましょう
・敵の集団の中に回復役(~ Medic とか ~ Shaman とかいう名前がたいてい付いています)がいる場合は、そいつにターゲットロックして最優先で潰すのが吉
・遠距離攻撃はどんどんはじき返して敵の頭数を減らしましょう

・倒しきれなかった敵は、ターゲットロックしながら引き撃ちすることでほとんどノーダメージで処理できます
・生息域から大きく離れたところまで移動した敵はデススパンクをあきらめて元いた場所へと戻っていきますが、この時の無防備な背中は撃ちたい放題です

・ボス戦などの厳しい戦いでは無敵オーブや攻撃力を増強するポーションやらを惜しみなく使いましょう。お店で買えることですし。

戦闘関連 TIPS はこんなところ。
実際のところ、難易度 Insane でも敵の攻撃力がやたら増強されているので死にやすくはありますが、それほど苦労はしませんでした。

●トーナメントのチャンピオンになって「Are you not entertained?」解除
Forbidden City にあるアリーナでの、一連のサブクエストを完了すれば実績解除。都合、全20戦を勝ち抜く必要があります。
だんだんと敵は強くなっていくので、序盤の時点でのクリアはまず不可能。ゲームクリア直前くらいまではお預けです。
レベル20への最後の経験値稼ぎに利用するのもよいでしょう。
基本は引き撃ちですよ、引き撃ち!
最終的に手に入る、最強ランクの回転切りを発動する特殊武器はボスキラーとして活躍してくれます。
難易度 Insane での周回でも、手に入れておくと非常に捗ります。

●神になって「Who wants to live forever?」解除
Valhalla Heights で、Zeus から受諾する一連のサブクエストを完了すれば実績解除。
クエスト名が"First Labor" "Second Labor" ときて、
「これはあの英雄ヘラクレスが課せられたという12の功業を模したもの…つまりサブクエストは全12編…!」と思わせておいての、実際はもっと少ないのでご安心ください。
最終的にはクエスト報酬として最強のクロスボウが手に入ります。

●シールドバッシュを1000体の敵に行なって「Bashing Success」解除
ゲームプレイのスタイルにもよるとは思いますが、ゲームをクリアした時点では足りていない数字かと。
また、1つのセーブデータ内で達成する必要があるので、「2周するうちに解除されるんちゃう?」というのは甘い考えです。残念。
たとえば Researcher Outpost のすぐ北といった狭い場所にニワトリがたくさんいる場所で、スミになるべく多くのニワトリを集めて無心でバッシュを繰り返しましょう。

●敵を2000体倒して「Predator」解除
これも1つのセーブデータ内で達成する必要があります。
ストーリーのプレイ中から意識してニワトリやらハエやらの無害な敵も倒していき、出来るだけ数字を積み上げておくと最後の作業時間を短くできます。
敵の弱い地域をワープしながら巡り歩いていきましょう。

Goosebumps: The Game 実績コンプ

Goosebumps_The_Game.jpg

Goosebumps: The Game

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA:未掲載
TAスコア1101 TAコンプ率:696/933 = 74.60% (2016/12/02現在)

R・L・スタイン 作のホラー・アンソロジーシリーズ、「グースバンプス」 (→ Wikipedia )を原作とするアドベンチャーゲーム。
日常の世界に、あれやこれや色んな魔物が溢れて来ちゃった!

ストーリーの本筋じたいはそれほど長くはありません。「175手以内にクリアする」って実績もあるくらいですし。
実績的にも寄り道部分のものが非常に多くなっています。「(まったく役に立たないものも含めて)全てのアイテムを拾う」という実績もあるので、実質的に2周以上のプレイが要求されます。
手動セーブはできますがデータを分けて保存できないタイプのゲームなので、セーブのタイミングも考えないと手間がどんどん増えていきます。

TrueAchievements のウォークスルー
・中盤でセーブデータを作成、ここから一切セーブせずに一気にクリアして「175手以内クリア」を解除
・そのセーブデータをロードし、細々した実績を解除しながら進行していく
という攻略スタイルをとっており、序盤のやり直しを省いて時間短縮に大変役立つつくりになっています。

こう、モンスター相手にテキトーな対処をとってゲームオーバーになっていく姿に往年の怪作「シャドウゲイト」を思い出します…。
「ゲームオーバーのパターンを10種類見た」って実績もありますから、早解きのとき以外は喜んで負けまくりましょうね!(鬼)

MONOPOLY PLUS 実績コンプ

MONOPOLY_PLUS.jpg

MONOPOLY PLUS

実績wiki:未記入(★1相当) XboxA2/10
TAスコア1120 TAコンプ率:4003/6854 = 58.40% (2016/11/20現在)

見た目は豪華になったりもしましたが、中身はいつものモノポリー。
適切なゲーム設定で適切なプレイを行なっていけば、1プレイで全実績の解除が可能な見事なブーストゲーとなっております。
「ローカル6人プレイのゲームで勝利」という実績がありますが、本ゲームはコントローラー1つでの回しプレイに対応しているので6つコントローラーが必要だ! なんてことはありません。安心。

TrueAchievements のウォークスルー を参考にゴリゴリプレイしていったところ、無事に1時間ほどで実績コンプと相成りました。
以下抄訳。

・ローカルモードのプレイをクラシックボードで開始。ハウスルールは「GO and Movement」をオンに。
 このハウスルールは「GO」マスに止まった際に「好きなマスに移動することを選んでも良い」という効果を追加するもので、
 「カードを引けるマスに飛びたい」「狙った空き物件を購入したい」「プレイヤー2以降の捨てキャラを特定の物件に飛ばして支払いを行なわせたい」と大活躍。
 「ハウスルールを使用しているゲームで勝利する」という実績もあるので、必ずハウスルールはオンにしましょう。

・1つのコントローラーを使用して、6人でプレイ開始。

・最初の順番決めで、リスタートを繰り返してでも メインプレイヤーに1番手を取らせましょう。 これは実績にもなっています。
 面倒なら、この実績はあとで2人プレイを始めてそちらで解除する形でもかまいません。

・ダイスを振って物件マスに止まった際は、必ずオークションを行なって メインプレイヤーだけが$1で入札、他のプレイヤーは降りることで常に最低額での購入をするようにします。
 「物件を手に入れる」、「物件の標準価格より10%以上低い価格で物件を手に入れる」解除。

・プレイヤーが6人もいれば、1ターン目に誰かしらメインプレイヤーが所持する物件に止まるプレイヤーが出てくるかと思います。
 首尾よく行けば「1ターン目にレンタル料を獲得する」解除。
 6人目でもバラバラだった場合は、 ダイスを振った後に止まったマスのイベントを送る前なら Quit → ゲーム再開 でダイスの振り直しが可能です。
 このダイス振り直しテクニックは今後も乱用します。便利に活用しましょう。

「コミュニティやチャンスで引いたカードで、$100以上の収入を得る」という実績があります。
 カードの順番はゲーム開始時に既に決まっており、マスに止まるたびにランダムなカードを引くわけではありません。
 つまり、他のプレイヤーがこの実績解除条件を満たすカードを運悪く…運良く? 引いてしまった場合は
 カードをめくって確認のAボタンを押す前に Quit → ゲーム再開 してダイス操作、カードを引かないようにして
 メインキャラクターにそのカードを引かせるようにダイス操作 すれば確実です。

・ゲームが進んでいけば、そのうちメインキャラクターに2種類のカラーの物件セットが完成してくるでしょう。
 そうしたら適当なプレイヤーとトレードを行ない、独占している2種類のカラーの物件を一時的に1つずつ譲ります。
 即座に再トレードを申し込み、いま渡した物件を返してもらえば「一回のトレードで2つのカラーの独占を完成させる」解除です。

・さらにゲームが進んでいけば、「全種類のカラーの物件を最低1つずつ所持する」が解除されます。

・独占が進み、最低8か所(9か所要るかも)の独占済みの物件が用意出来たら家を建てていきます。「家を建てる」解除。
 8か所×4軒の家を建て、銀行にある32軒の家を使い切る ことでも実績解除。
 「もう銀行に家の残りがないよ!」というメッセージを見る必要があったような気もするので、8か所ピッタリだとダメかも。

・家を使い切る実績の解除を確認したら、家4軒が建っている物件にホテルの建設をしていきます。「ホテルを建てる」解除。
 2種類の独占したカラーに全てホテルを建てる ことでも実績が解除されます。
 家やホテルの建設にはかなりのお金がかかるので、足りない分のお金は他プレイヤーからトレードで譲り受けましょう。

一度に $700 以上のレンタル料を獲得する ことでも実績が解除されます。
 家やホテルを建てるのに適した場所は、これを達成するために多少考えておくと捗ります。
 大事なこととして、実際に $700 以上を受け取る必要があります。お金が足りず、払う側が破産してはいけません。
 支払いの余裕があるプレイヤーに、ダイス操作を使って無理やり止まってもらいましょう。

・ここまでの実績が解除できたら、あとはメインプレイヤー以外を全員セルフ破産させてゲームを終了させます。
 「ゲームに勝利」「ハウスルール入りのゲームに勝利」「6人プレイのゲームに勝利」解除、実績コンプです。お疲れ様でした。

The Walking Dead: Michonne 実績コンプ

The_Walking_Dead_Michonne.jpg

The Walking Dead: Michonne

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA1/10
TAスコア1053 TAコンプ率:1193/1601 = 74.52% (2016/11/06現在)

アメリカの人気ドラマ「ウォーキング・デッド」をベースにした、Telltale 製アドベンチャーゲームシリーズの一本。
既発の ファーストシーズンセカンドシーズン とは特に話のつながりのない短編となっております。

今回の主人公は、タイトルにもその名を冠している女戦士ミショーン(Michonne)。
マチェットや日本刀(!)といった刃物の扱いに長けている肝っ玉母ちゃんです。
今までのシリーズ内で比較しても、格闘能力なら一二を争うキャラでしょう。ミショーン無双はーじまーるよー。

ドラマ版は視聴していないので深く触れることはできませんが、ミショーンはそちらにもレギュラーメンバーとして出演しているようで。
ゲーム版はその前日譚にあたる話になるのでしょう。もしくはどこかのスキマの話…ではないような気がします。

3エピソード構成でそれぞれのエピソードは1時間半くらいと短めの構成ながら、他のシリーズとは異なり箱○版でも3エピソードで実績1000相当が割り当てられています。
いつものことながら、どんなグダグダ選択肢を選んでグダグダな話になっていこうと読み進めていけば実績1000獲得が可能です。
それに加えてXboxOne版ありーの、さらに今回はWindows10版ありーのと実績ハンターに優しいつくり。すばらしい。

今回のストーリーは、ノーマとランドール姉弟という「権力と暴力を兼ね備えた」明確に嫌なヤツがわかる話ではあるのですが…
「詰んだろコレ」となるシーンが多くて大変胃に悪うございます。
最終エピソードの交渉シーン以降は肩に力が入りっぱなしで…ドキドキものですわ。

Wallace & Gromit Episode 2 実績コンプ

Wallace_and_Gromit_Ep_2.jpg

Wallace & Gromit Episode 2: The Last Resort

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA2/10
TAスコア216 TAコンプ率:1732/2432=71.22% (2016/10/15現在)

「ウォレスとグルミット」のアドベンチャーシリーズ、エピソード2。
エピソード1と同様、実績キリ番調整に素晴らしい仕事をしてもらいました。

バケーションに出かけるはずだったのに、あいにくの長雨。
大雨のせいで、屋敷の地下も浸水しちゃってどうしよう…そうだ、ここをリゾート地に改装するのはどうだろう!?
はてさて、ウォレスのそんな思い付きはうまく行くのでしょうか?

"Last Resort" というと、本来は「最後の手段」だとか「伝家の宝刀」だとか、切り札的なものをさす慣用句なんですけれど…
このエピソード的には「最後のリゾート」とそのまま読んでも差し支えないのでしょう。


例によって、XboxAのウォークスルー 等を参考にすれば実績的に詰まるところはありません。
ノーヒントだと「ウォレスの "I say" という発言を7か所で聞く」実績がだいぶキツいです。
先人は偉大なり…。
次のページ

FC2Ad