Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Spheroids 実績コンプ

GTASCはピリオド15へ。

チームボーナスがらみでいつもより多めに実績解除しているところがあるとはいえ…
一気にボーダーが 14,000TA まですっ飛んできました。なにこれこわい。
まだ4月ですよ…?

GTASC_2017_Period_14_Team.png

チームボーナス条件の「チームでの獲得ゲーマースコアの合計が1,000の倍数」を無事達成。
これを達成するために、ちょっとみんなにゲームプレイの調整・制限をお願いしちゃったりして若干申し訳なさが。
うむ、フリーのときに大暴れしちゃってくださいませ!


Spheroids.jpg

Spheroids

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA:未掲載
TAスコア1186 TAコンプ率:442/689 = 64.15% (2017/04/17現在)

往年の名作アーケードゲーム「スーパーパン」( → Youtube) を下敷きに、プラットフォーマーアクションを加えた作品です。
地味に XboxPlayAnywhere に対応しており、Xbox One でも Windows10 でも自由に遊べます。2機種にまたがってもストレスフリー。
配信開始時には日本の Windowsストア でも配信されていたような気がするんですが…いつの間にか海外専売に。
見覚えがあるのが勘違いだったのかな?

Spheroids_SS.png

・真上にしか撃てない(ジャンプ中は真下にも撃てる)フックで敵 - Spheroid を攻撃する
・敵にフック(攻撃判定は先端だけでなく、フック全体にあり)が命中すると、敵は分裂して一回り小さな2つに分かれる
・一番小さいサイズの敵にフックが命中すると、敵は消滅する


まんまやん! とか言ってはいけない。

ライフ制のシステムになっており、もしミスしても豊富に用意されたチェックポイントから 既に倒した敵の状況はそのままで 再開されます。
死ぬことによるペナルティはチェックポイントに戻される以外は特になく、とてもとてもゴリ押しに優しい仕様となっております。
初見殺しなポイントがいくつかあったりはしますが、プラットフォーマーアクションとしてもシビアな精度はまったく要求されない、全体的に難易度はゆるゆるなゲームになっております。

各ステージのどこかに隠してある収集物を回収して…という要素も一切なく、ストーリーを最後までクリアすれば
「コイン1000枚収集」「ダイナマイトアイテム25回使用」「タイムストップアイテム25回使用」以外の実績は自然と片付きます。
後は最初のステージ、日本ステージを実績が解除されるまで繰り返しプレイするのがよいでしょう。
コインだけが目的なら、「最終ステージのイースター島を開始 → スタート近辺に配置されたコインを回収 → メインメニューへ」を繰り返すのも可。

FC2Ad