Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Valley 実績コンプ

Valley.jpg

Valley

実績wiki:未掲載(★2くらい) XboxA:未掲載
TAスコア2078 TAコンプ率:155/1479 = 10.48% (2017/04/09現在)

"Lifeseed" という何やら古代の遺物をめぐる物語。
L.E.A.F.スーツ の助けを借りて、軍事施設 "エリア634" 周辺 ―― 通称 "Valley" を探索しましょう。

パケ絵の男性(ゲーム設定で女性にも変更可)が装着しているのが件のL.E.A.F.スーツ。
高速で走ることを可能にしたり、ジャンプ力も強化したり、どんなに高いところから落ちてもダメージ一つすら負うことなく着地したり、
付近の樹木や生物からエネルギーを吸収して自分のものとしたり、逆に枯れた木や死んだ生物にエネルギーを送って蘇生したりと、
世界大戦中に開発されたとは思えない超高性能エグゾスケルトンとなっております。
さらに強化パーツを追加することで二段ジャンプできるようになったり、フックチェーンを装備したり、わずかな時間水面を走ることもできるようになったり…!

スーツを着用中は、奈落の底に落ちようとも水中に没しようとも "Valley" の生命力を使って すぐ近くで復活することができるようになっています。
"Valley" の生命力は画面左上に常に表示されており、これが低くなってくるとあたりに目に見えて枯れた木が増えてきます。
とはいえ減ってしまったら減りっぱなしというわけでもなく、枯れた木にエネルギーを注ぎ込み再生させることで、"Valley" の生命力も回復していくつくりになっています。
「"Valley" の生命力を一度も空にすることなくゲームをクリアする」という実績があるので、気を付けながらプレイしましょう。
もしステージのプレイ中に「もう一度死んだらアウト…でもそばに再生できそうな木とかなんにもない…!」となってしまった場合は、
ポーズメニューから「Travel」を選んで前のステージに戻り、そこで生命力をたっぷり回復することも可能です。
ただし、元いたステージを最初っからやり直すことになりますけれど。


実績的に大きな比重を占めているのが収集物関連になります。

・既定の個数のドングリ(Acorn)を支払って開錠する扉を全て開ける
・スーツのエネルギー容量をマックスまで上げる
・スーツのアクション関連のアップグレードパーツを全て発見する
・謎の8つの走り書きされたページを見つける

偉大なる TrueAchievements の先人様による、(現時点で発見済みと思われる)ステージごとの収集物の個数ガイドは こちら
ゲーム内ではステージ内での収集の進捗状況は一切確認できないので、メモを取りながらの進行を強く強くオススメします。

実質的に通貨としてはたらくドングリは、枯れた木にエネルギーを送って再生したときにランダムで手に入る可能性があります。
結構な個数が必要になってくるので、枯れた木を見かけたら「お金が手に入るチャンスや!」と思って再生しておきましょう。
ストーリー進行に関係のないドングリ扉の奥にはエネルギー容量のアップグレードが設置してあることも多いので、きっちり回収しておきましょう。

スーツのエネルギー容量を増やしていくには、数多くの強化パーツを収集する必要があります。
基本的には、エネルギー強化パーツは無造作に地面に置かれた箱(Crate)の中に、終盤まで使い道のわからない メダリオン やドングリと一緒に入っています。
先人の情報によると、エネルギー容量のアップグレードについてはほとんど余剰の数は配置されていなさそうな雰囲気です。

スーツのアクション関連のアップグレードパーツは、ストーリー進行中に集まるもの以外に
終盤で進行ルート上にて見つかるヒミツのピラミッドの内部にも2つのアップグレードが配置されています。
1段階目の扉を開けて最初のパーツを手に入れるのにメダリオンが30個、2段階目の扉を開け、2つめのパーツを入手するのにメダリオンが40個必要なので、
実績コンプのためにはメダリオンを最低70個回収する必要があります。(メダリオンはいちおうゲーム内には80個ほど配置されているそうです)

8つの走り書きされたページ…ときてピンとくる人は素晴らしい。
この Valley の開発会社は Blue Isle Studios …そう、 Slender: The Arrival のメーカーさんですね。
というわけで、スレンダーマンネタの実績でした。奥まったところや、木の幹などにこっそり貼られたページを8枚探し切りましょう。
Wendigo Lake ~ Smoke Lake の8ステージに、1枚ずつ配置してあります。近づいて (Unintelligible Sketch) のメッセージを確認すればOK。

飛んだり跳ねたりがだいぶ自由な3Dアドベンチャーものですので、本筋から離れた場所に箱が設置してあるのがザラです。
文章やスクリーンショットで説明するのも非常にやっかいなので、一番シンプルな方法は 動画のトレース です。身も蓋もねえ。

Valley - All Achievements Playthrough (Part 1)
Valley - All Achievements Playthrough (Part 2)
Valley - All Achievements Playthrough (Part 3) (YouTube)

Part 1 と Part 2 の間がわずかながら飛んでおり(2つめのオベリスクを起動するシーンが飛んでいる)、
2つめのオベリスクの場所に1つめの時と同様に箱が置いてあり、その中にエネルギーアップグレードが1つ入っているので注意。
あまり見落とすことはないと思いますけれど。

FC2Ad