FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Goat Simulator (Windows 10) 実績コンプ

Goat_Simulator_Windows_10.jpg

Goat Simulator (Windows 10)

実績wiki★★★☆☆ XboxA3/10 (リンク先はともにXboxOne版)
TAスコア4072 TAコンプ率:73/1333 = 5.48% (2019/11/10現在)

みんな大好き「ゴートシミュレーター」がWindows10版別実績ゲームになってやってきました。
「MMO」「GoatZ」「PAYDAY」「Waste of Space」といった他機種同様のダウンロードコンテンツ群は本体に組み込み済み…ということはなく、全てバラ売りです。なんということでしょう。

ゲームや実績の内容に大きな変わりはないので、攻略全般はそのまま適用可能です。
ただし、何をどうやっても「MMO」のインベントリミューテーターをよそに持っていけないので、インベントリなしでGoatZをプレイしていかなくてはいけません。
全アイテムクラフト実績の手間が大幅に増えてしまいましたね…。
拙記事ながら GoatZのアイテム収集ガイド の役に立ったこと役に立ったこと。過去の自分ありがとう!

他にもGoatZといえば、他機種版ではチュートリアルで簡単に解除できた「1つのミニファンでゾンビ7体を倒す」実績ですが、
どうもWindows10版ではチュートリアルでミニファンを入手できなくなっているようです。
ミニファンはクラフトできる武器でもないので、補給物資の箱からのランダム入手以外に手に入れる方法はありません。
運よく武器が手に入ったら、TVスタジオやショッピングモールといった閉鎖空間に大量のゾンビをかき集めて一気に殲滅してやりましょう。

さすがにPC版というべきか、ゲームそのものの安定性は他機種版に比べると素晴らしいものがあったのですが(強制終了やフリーズする事態には一度も遭遇せず)、
環境の問題なのかもしれませんが常時実績解除に大きなラグがある状態でした。数十秒~数分くらい常に遅れてポコンが来るイメージ。
「Space」のエイリアン卵全破壊実績の時なんて、最後(見込み)の博物館にある1つを破壊…
しばらく待ってもポコン来ない…エイリアン地帯に壊し忘れがあったかな、もう一度見に行こう…
あちこち探索、壊し忘れなんてなくない…? そして何一つ追加で壊したわけでもないところでようやくポコン。
達成状況があいまいなやつは、即時反映してくれないと面倒ごとが増えるのですよ!

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

Shenmue I & II 実績コンプ

Shenmue_I_and_II.jpg

Shenmue I & II

実績wiki:未掲載 XboxA:未掲載
TAスコア4354 TAコンプ率:48/410 = 11.71% (2019/10/31現在)

Shenmue_I_and_II_SS.jpg

Windows 10 版のシェンムーは、シェンムー1シェンムー2 の詰め合わせ。
1本にまとまっているわけではなく、起動時のランチャーから1か2かを選んでそれぞれを起動するスタイルなので、プレイしていく順番は自由になっています。
もちろん完全な続き物ですから、1をクリアしてから2をやるべきではありますけれど。
それぞれの単品同様に Xbox Game Pass for PC 入りしているソフトですので、加入者であればこちらも追加料金なしでプレイ可能。

実績の構成も「1」の実績+「2」の実績をそのまま組み合わせて合計2,000GSに仕立ててあるだけです。
何故だか「1」の「ガチャアイテム50種類獲得」30GS → 20GS に、
「2」の「4つ全ての体感アーケードゲームをプレイする」30GS → 40GS に変更されてたりはしますけれど。
おかげ様で「1」の合計が 990GS 、「2」の合計が 1010GS というなんだか不思議なことになってます。

ゲーム内容ももちろん Xbox One 版と共通ですので、
『シェンムー (北米版)』プラチナトロフィー攻略 - PS4ちゃんねる Pro 様
『シェンムー II (北米版)』プラチナトロフィー攻略 - PS4ちゃんねる Pro 様
といった攻略情報もそのまま流用できます。

・「1」の「福さんと道場で手合わせをした」実績が何故かうまく解除されず、直前のセーブデータをロードして5回くらいやり直したらやっと解除された
・「1」「2」に共通して、アーケードゲームをプレイ開始・プレイ完了の際にフリーズしてしまうことが頻発した

プレイ中に気になったのはこのあたり。
オートセーブなど存在しないことですし、節目節目でのこまめなセーブを心掛けながらプレイしていきましょう。

テーマ:Xbox One - ジャンル:ゲーム

The Wolf Among Us (Windows 10) 実績コンプ

The_Wolf_Among_Us_Windows_10.jpg

The Wolf Among Us (Windows 10)

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA2/10
TAスコア1106 TAコンプ率:600/796 = 75.38% (2019/07/22現在)

The_Wolf_Among_Us_Windows_10_SS.jpg

Telltale供養の旅は続く…ということで、おとぎの国から追放された保安官ビッグビーの活躍を描く The Wolf Among Us 3周目でございます。
Windows 10 版は Xbox One 版 同様、DLC形式ではなく最初からエピソード全部入りでの販売スタイルになっています。

以前にプレイしたのが3年も前ですから(こういう時に実績システムやブログ記事がとても助かる!)、程よく内容を忘れていたので改めて楽しめました。
これまでのプレイ内容が、クライマックスである黒幕を裁判にかけるシーンでいろいろ跳ね返ってくる構成がとてもよいですね。

----

The_Wolf_Among_Us_Series.jpg

3周無事完了!
シーズン2の計画 があったようなので、頓挫してしまったのがちょっと残念…

The Walking Dead: A New Frontier (Windows 10) 実績コンプ

The_Walking_Dead_A_New_Frontier_Windows_10.jpg

実績wiki:未掲載 XboxA1/10
TAスコア1113 TAコンプ率:608/1049 = 57.96% (2019/07/07現在)

Telltale 社のアドベンチャーの代表作といえばコレになるでしょう、「The Walking Dead」シリーズの3作目。

シーズン2でのメインキャラはクレメンタインで、往々にして衝撃的であったシーズン2のラストからどう繋げてくるのか…!
というのが多くの人が気になるところでしょうが、今回の「A New Frontier」でのメインキャラは彼女ではありません。
…いえ、もちろんサブキャラたちの中ではメイン級といっていいくらいに活躍してくれますけれど。
ちなみに「シーズン2のその後」は、クレメンタインの回想シーンという形で回収してくれます。AJー!

今回新しく操作することになるのは、新顔の Javier(ハビエル)。元プロ野球選手という経歴の持ち主。
「あんた、ひょっとしてあのハビエル・ガルシアか!?」とこちらは初対面の避難民に顔が知られているパターンがちらほらと。
その経歴のおかげかバットの扱いには慣れたもので、全編を通して華麗にバットを振り回すシーンがとても多い気がします。

実績的には例によって例のごとくいつものTelltale作品ですから、最初から最後まで読み進めていくだけでOKです。
今回は我らがヒーロー、クレメンタインに協力的なルートで進めてみました。
あちらを立てればこちらが立たず…どうあっても責められる。おつらい。

Batman: The Enemy Within - The Telltale Series (Windows 10) 実績コンプ

Batman_The_Enemy_Within_Windows_10.jpg

Batman: The Enemy Within - The Telltale Series (Windows 10)

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA1/10
TAスコア1157 TAコンプ率:391/805 = 48.57% (2019/06/28現在)

ということで、Telltale製バットマンADVのシーズン2もプレイ。
シーズン2ではリドラー、ベイン、Mr.フリーズ、ハーレイ・クイン、そして勿論ジョン・ドウ(ジョーカー) といったバットマン界の名だたるヴィランたちが多く出演しています。

彼らヴィランたちの暗躍を止めるため、ゴッサムシティの外からやってきた治安維持組織 "Agents" に潜入捜査を提案されるブルース・ウェイン。
ブルースやゴッサム市警は「ゴッサムシティのことはゴッサムシティに任せてもらおう」と思うのも自然なこと、彼らの仲は互いにすれ違っていくことに…

ヴィランチームの一員、ハーレイ・クイン。
彼女と言えばこう、ジョーカー様LOVEな態度を貫きまくり、彼に(内心そこまで嫌がってはいないものの)ソデにされながらも一途に付きまとう…というイメージが割と一般的だと思うのですけれど、
今作ではまだジョーカーがジョーカーとして覚醒する前の話なのもあり、だいぶキャラ設定が違っている雰囲気です。
立ち位置的にはヴィランチームの恐怖の女帝みたいなカンジですし。そしてジョン・ドウ(ジョーカー)側がその荒々しさに惚れている風味。

いつもの Telltale 作品ですから、実績的には最初から最後まで読み進めていくだけでOKです。
エピソード5のチャプターの区切りがよく分からず、ここでポコンが来るだろ…というところでなかなか来ないのでヤキモキさせられましたが、
ほとんどエピローグに入ったような段階でチャプター3~6までポコンポコン来る感じだったのであまり気にせずプレイしましょう。

エピソード4の最後に大きな分岐点があるぽいので、One版のプレイでは反対側のルートを見てみるとしますかね。
次のページ