Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

ClusterPuck 99 実績コンプ

ClusterPuck_99.jpg

ClusterPuck 99

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA:未掲載
TAスコア1320 TAコンプ率:556/209=37.59% (2016/06/12現在)

"Puck" の名のとおり、ホッケー風のローカル向け対戦ゲーム。
CPU戦もあるので、ボッチにも安心!
実績コンプにむけて、やってやれなくはないと思いますけれども2コンの用意を強く推奨します。

まずはチャレンジモードを一通りプレイしていきましょう。
単純にCPUとの対戦を行なうものや、自分のスキルを試すものなど全9ステージから成っています。

●スラムダンクをキメたのち、対戦相手を侮辱して「デンジャーフィールド」解除
相手ゴールにシュートを打ち込まず、パックをキープしたままゴールに飛び込むことで「スラムダンク」が成立します。
するとゴール後の演出中のわずかな時間だけパックが炎上するので、この状態の時に敵に向けてパックをぶつけてやりましょう。
これにて「侮辱(Disrespect!)」が成立し、実績解除。

● 2. Target Practice で金メダルを獲得して「パーフェクトパック」解除
パックのスポーンする位置に陣取って、自分自身は一切動かずに右スティックで狙ってRBで発射を繰り返すだけ。
RBをあまり早く連打しすぎるとチェックが発動してしまうので、テンポに注意。

● 8. Goalie Practice で金メダルを獲得して「ブリックハウス」解除
放たれるシュートを真面目に防ぐのではなく、動けるようになったら敵プレイヤーに特攻してAボタンでタックルしてやりましょう。
シュートさえ止めれば正義なのだ、はっはっは。

● 9. 49th Street で金メダルを獲得して「運命の軍団」解除
3-0での完封勝利が必要です。
自分が先頭になって相手キーパーと1対1の状況を作れたら、後ろから迫ってくる敵チームメンバーに追いつかれないように相手ゴールの周囲をグルグルと回っていると、
手の空いた味方チームメンバーがキーパーにタックルして隙を作ってくれたりします。味方、けっこう優秀。

●9つのチャレンジ全てで、銅メダル以上を獲得して「アメージングディスク、うわー!」解除
全てを金メダルにする必要はありません。何という優しさか! そしてなんと荒い翻訳か!

さあ、ここからは2コンを使ってのローカルでの稼ぎ作業タイムです。
まずはマップは地雷だらけの「Minefield」を選択して、3点先取マッチを始めましょう。(ハットトリック実績は、ここでやらなくてもよいのですけれど…)

●マップ「Minefield」での対戦で、一度も死ぬことなく勝利して「Infraggable」解除
●1マッチで3ゴールをキメて「Fedoraのトリック」解除

自分で好きなマップを作成できる機能を使って、実績解除向けのマップを作ってしまいましょう。
青写真は TrueAchievements のウォークスルー にて。
Map1は多くの実績解除に応用します。Map2は「1000回タックル」に使用します(※ウォークスルーでは細長い通路を作成してますが、私は2x2の四角いマップを使用しました)
Map3は見ればわかるな、「500回死亡した」用です。

順番に解説を入れていきます。

●自殺点を累計10回行なって「間抜け」解除
まずはMap1を使用し、10点先取マッチを始めましょう。全て自殺点を叩き込んでマッチを終わらせれば解除。

● "Shotblocker" メダルを25回獲得して「パックブロッカー」解除
● "Roughhouser" メダルを25回獲得して「ペイン・トレイン」解除
● "Untouchable" メダルを25回獲得して「脂ぎった卵」解除
Map1を使用し、1点先取マッチをひたすら繰り返していくことになります。
マッチ内にて「最多シュートブロック数」を記録することで "Shotblocker" メダルが、
「パックを所持した敵に対して最多チェック(タックル)数」を記録することで "Roughhouser" メダルが、
(おそらく)一度も死なずにマッチを完了した唯一のプレイヤー」になることで "Untouchable" メダルがマッチ終了後に手に入る可能性があります。
「可能性がある」というのはどういうことかと申しますと、1マッチごとに手に入れられるメダルは最高3種類までで、これら実績にかかわる3種類以外にも
「最多デス数を記録したプレイヤーに贈られる」ものや、「最多得点を記録したプレイヤーに贈られる」ものなどが存在するので、狙ったものが手に入らない可能性がある、ということです。

実績にかかわる3つのメダルを獲得する条件を満たすために、
1. 赤プレイヤーはゲームが始まったら目の前のパックを拾って正面にシュート、青プレイヤーにブロックしてもらう ( "Shotblocker" 条件)
2. 青プレイヤーはパックを持って少し移動し、赤プレイヤーはチェックを行なってパックを奪う ( "Roughhouser" 条件)
3. 青プレイヤーに自殺してもらい、赤プレイヤーがゴールを決めてマッチ終了 ( "Untouchable" 条件)
…というマッチを、メダル25個が集まるまで延々繰り返してください。2コン側が獲得したメダルも実績カウント対象ですので心配いりません。

ClusterPuck_99_Medal.png

毎回、この画像みたいに3種類全部をまとめて獲得できればだいぶラクなんですけどねぇ。なかなかそうは問屋が卸してくれませんでした。
…と、いうかですね…なんで「リマッチ(ルールやマップそのままで再戦)」の選択肢ないんですか、このゲーム!

●パックを持った敵プレイヤーに累計1000回チェックを行なって「ブロードストリートいじめ」解除
パックを所持していない敵相手にいくらチェックを繰り返しても進捗はさっぱり進まなかったので、パックを所持した状態でないとダメ…な、はず。
前述のように、2x2マスしかない狭いオリジナルマップでひたすら2コンをド突きまわしました。地味な作業。

特製マップでは得点を取る手段がなく、タイムマッチにせよスコアマッチにせよ絶対に終わらない勝負になってしまうので、最終的にはメニューに抜けるしかありません。
ゲーム内で参照できるスタッツデータが保存されるのはマッチの正常終了後で、スタッツで確認できる数と実績の進捗状況は大幅に食い違うことになるやもしれませんが、
とりあえずは実績の進捗状況のパーセンテージを見ておけば大丈夫です。

●累計で500回死亡して「グリムパンク」解除
前述のMap3で、スティックを適当な方向に固定して放っておきましょう。
…記事を書いている段階で思ったのですが、2コン3コン4コンをフルに参加させて同時に死なせまくればカウント早まったのでは…?

●累計で100得点をキメて「得点機」解除
●どこのマップでもいいので、10分設定のマッチに勝利して「拡張Puckin'」解除
適当なマップでどうぞ。

●パックをキープしている時間が、累計1時間に達して「パックホッグ」解除
この実績を最後に残しておくのがベターでしょう。
スタッツでホールド時間をチェックしておき、1時間に足りない分だけ1点先取マッチでじっくり放置し、1時間を超えたところでゴールを決めて終わらせればポコンがくるはずです。
マッチ中には解除されません。要注意。

FC2Ad