Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Spider-Man: Web of Shadows 実績コンプ

Spider-Man_Web_of_Shadows.jpg

Spider-Man: Web of Shadows

実績wiki★★☆☆☆ XboxA5/10
TAスコア1535 TAコンプ率:2738/25396 = 10.78% (2017/05/24現在)

マーベルコミックの人気キャラクター、「スパイダーマン」のゲーム化作品。
ニューヨークの街なかを、スパイダーマンがその自慢のクモの糸を使って縦横無尽に飛び回ります。

「そこそこ広いマップ内のそこら中に配置されているスパイダーマークを、2,160個中2,000個回収する」というライオットアクトもビックリな数を要求してくる実績があります。
まずはプレイ開始後自由に動けるようになったら、操作感に慣れるのも兼ねてこの達成を目指してしまうのもいいでしょう。
ビルの屋上に置いてあったり、ビルの壁面に配置してあったり、公園内に置いてあったり、ゴミ収集コンテナの中にあったり、路地裏にひっそり置いてあったり…
ある程度の範囲の区画をビルの屋上を飛び回って探索 → 今度は同じ区画を地面近くの高さで探索 とやっていくのもいいかもしれません。
遠くにあると意外とグラフィックの表示をサボるんですよね、スパイダーマーク…。

およそ半分であるところの 1,000個 を回収すると、ミニマップ上に残りのスパイダーマークの位置が赤い点で表示されるようになります。
自己主張が薄い印なのでちょっと分かりづらいですが、近場の赤い点をぷちぷち潰しまくってKIAIで2,000個を回収していきましょう。

スパイダーマンのアップグレードが進んでいくと、攻撃手段もかなり豊富になっていきます。
ただただXボタン連打のごり押しをするだけでなく、いろいろな攻撃方法を把握し使用していった方がもちろん戦闘はラクになります。
ブラックスーツの XXX(少し待機)XXXX が範囲・威力共に凶悪な攻撃なので、使用できるようになったら乱用すると何かとラクです。
Yボタン起点の「Web-Strike」系統の攻撃はタイミング命ですが、これをある程度使いこなせるようになっていないと終盤でちょっと辛いことになるやもしれず。

ストーリー内のそこかしこで、「Red Suitルート」「Black Suitルート」のどちらかを選択しないといけないシーンがいくつか出て来ます。
Red Suit はいつもの通常スパイダーマンで、きれいなヒーロールート。
Black Suit はシンビオートに汚染されたスパイダーマンで、暴力的でダークヒーローなルート。
選択によって細部の展開が変わっては来ますが、大筋の流れは変わりません。戦えなくなるボスとかもいません。

ストーリー中の選択によってエンディングが4つに分岐し、それぞれ解除できる実績が異なります。
「全ての選択で赤/黒のどちらか一方を選び続ける」
「Act3終盤の Symbiote Black Cat 戦の後の選択だけ、それまで選び続けてきた赤/黒とは逆のものを選ぶ」

ことで、効率よくエンディングを回収していくことができます。
Symbiote Wolverine戦の後に手動セーブを作成し、ここから再開するのが無駄がありません。

というわけで、実績コンプには最低限ストーリーを2周+α、ラスボスを都合4回撃破する必要があります。
1周目にてほとんど全ての実績を解除してしまっていれば、2周目はひたすらメインミッションだけを進めればよいのでそれほど時間は掛かりません。
バグっぽい挙動によるデータ引継ぎ(実績wiki参照)を行なっても Optional Goal の達成個数だけは引き継がれないので、これに限っては1周目で60個の達成を確実に目指しておきましょう。
中途半端でクリアしてしまうと、また1から60個の達成を目指すハメになります…!

The Book of Unwritten Tales 2 実績コンプ

GTASCはピリオド19へ。
昨年同様のシステムで行くのなら、ピリオド20までを耐えきれば足切りペースはゆるやかになると思われるので、もうひと踏ん張り!

今週の個人ボーナスは、「解除した実績の頭文字で TRUEACHIEVEMENTS を作る」
XだのYだのZだのがないので、割と温情? UとVさえ調達すれば、なんとか…。 E4つも地味に面倒かしら。


The_Book_of_Unwritten_Tales_2.jpg

The Book of Unwritten Tales 2

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA2/10
TAスコア1561 TAコンプ率:90/268 = 33.58% (2017/05/15現在)

少年の心を忘れない、冒険野郎で海賊(空賊)の人間男性 Nate (上段右)、
エルフの国のお姫様で、微妙に世間知らず&ツンデレの Ivo (上段左)、
機械いじりが得意なノームなのに、魔法使いの道を志す Wilbur (上段中央)、
なにこの…なに? 謎のピンク色の生物 Critter (下段)。

彼ら4人の織り成す、中世ファンタジーなポイント&クリック式アドベンチャーゲーム。
箱○とOneでの縦マルチとなっており、箱○版はデジタル販売のみです。GonD扱いするかXBLA扱いするか困ったものでございます。

「The Book of Unwritten Tales 2」の名のとおり、前作からの続き物なのですが…
1作目は Wikipedia のページを見る限り、PCのみでの発売だった模様。Xboxでプレイすることはできません。
作中でも軽く説明はしてくれますが、前作は「何でも願いがかなう」という伝説のアーティファクト "The Artefact of Divine Fate" をめぐるお話だったようです。
割と説明なしで前作で逢ったであろう人々が出てきたりします…が、まあ、そういうものということで。

基本的には一本道のアドベンチャーゲームです。時々必須でないサブイベント的なものを挟めたりはします。
時間制限がある風のヤバいシーンもいくつかあったりしますが、ゲームオーバーになるような展開にはならない…はず。
TrueAchievements による完全なテキストウォークスルーは こちら。 One版のものですが、箱○版でも問題ありません。

・ゲーム中は、Xボタンによる「付近のイベントポイント全表示」を乱用しましょう。何もペナルティはありません。
・セーブデータは1つのみ、オートセーブ&手動セーブの上書きオンリースタイル。実績の取り逃しに関しては「チャプター単位」でのやり直しは可能です。
・とはいえ、いくつかある「解除タイミングは1回のみ、失敗するとやり直せない」系の実績については、失敗したらオートセーブが入る前にロードしてやり直すのが賢明です。
・TAのウォークスルー内で注意書きがされている、
「オートセーブのアイコンが表示されっぱなしで消えなくなってしまったら、それ以降ゲームが正常にセーブされなくなる恐れがあるので、速やかにデータロード推奨」
については遭遇しなかったのでよくわかりませぬ。

テキスト量が多めで、あれこれ調べながらメッセージをしっかり聞いていくと結構なプレイ時間が掛かります。
そこかしこにパロディネタ・オマージュネタが仕込まれているので、色んなものをチェックしながら進めていくのもよいですよ。
…学校の昔の名簿に 「Mario Mushroom」 さんが居たり、
ポイント&クリックADVの始祖「The Secret of Monkey Island」で御馴染みのセリフ "My name is Guybrush and I want to be a pirate." が聴けたり…。
「元ネタあるんだろうなあ」って愉快なテキスト、実に色々あります。

Iron Man 2 実績コンプ

Iron_Man_2.jpg

Iron Man 2

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA5/10
TAスコア1632 TAコンプ率:2491/11125 = 22.39% (2017/05/05現在)

アメコミヒーロー映画で大人気、「アイアンマン」シリーズのゲーム2作目。
「アイアンマン2」というゲームタイトルではありますが、映画「アイアンマン2」とはあんまり関係ありません。

前作 では全編を通してアイアンマンひとりでの戦いとなっていましたが、今作ではいくつかのステージでは相棒的存在である「ウォーマシン」での出撃も可能です。
ウォーマシンの専用武装である ミニガン がたいそう使い勝手のいい武器なので、正直なところ主役であるアイアンマンよりウォーマシンのほうが強いです。便利です。

LTの半押しを要求されていた前作の操作体系はまるっとリファインされ、「何も触らなければその場でホバリング、Yで上昇、Aで下降、LBのダブルタップで飛行モード」という分かりやすい操作になりました。
バーニアの出力調整をトリガーで行なう、と考えればとても理に適った操作体系ではあったのですけど、ね。

実績的には初回から最高難易度に突貫すれば1周+αで終わらせることが可能ではありますが、
最低難易度でまずは一周し、一通りの実績解除が済んだら難易度を切り替えて購入済みのアップグレードを最高難易度に持ち込んでプレイしたほうが結果としてラクになるかと思われます。
と、いうか…「最高難易度クリア」についてはだいぶ素敵な抜け道がございまして。後述。

毎度お世話になっております、Iron Man 2 攻略 -360&One攻略研究所 様 を参考に、まずは難易度 Easy をゴリゴリ進めていきましょう。
各ミッションに設定されている個別実績も、最低難易度であればほとんど意識することなく解除していけるかと思います。
後半になればなるほど獲得できる研究ポイントはインフレしていくので、新しく開発できるものはどんどん開発して戦力向上に役立てていきましょう。

さて、「最高難易度クリア」のズルについて。
このゲーム、各ミッションをクリアした時点で設定されている難易度のクリアフラグが立つ仕様になっているようです。
ゲーム中には難易度を変更できませんが、ゲームを抜けてHQに戻れば ポーズメニュー内で難易度の変更が可能 です。
HQから直接ミッションのチェックポイントに戻ることはできませんが、タイトル画面まで戻ってゲームをロードし直せば「最新のチェックポイントからスタート」が選択できます。
この手順を踏んでチェックポイントから再開した場合、事前の難易度には関わらず、HQで設定した難易度でゲームが再開されます。

つまりは…

1. 難易度 Easy でプレイし、各ミッションの最終チェックポイントまで進む
2. ポーズメニューで「現在のチェックポイントをセーブ」し(念のため)、HQに戻る
3. HQのポーズメニュー内で難易度を Formidable に上げて、セーブを入れる
4. ポーズメニューからタイトルに戻る
5. データをロードし直し、最新のチェックポイントから再開する
6. 難易度 Formidable で再開されるので、そのままミッションをクリアする
7. HQで難易度 Easy に戻して、次のミッションへ
8. 以下繰り返し

という手順で、道中は全て難易度 Easy でのプレイでよくなるので、相当ラクすることができます。へっへっへ。

各ミッションの最終チェックポイント位置については…( TAのガイド より)

M1. ウォーマシン操作シーンになって、ヘリ3機を落とした後
M2. 艦橋の端末を操作し、出現したArmigarを倒し、Armigarが出てきた場所から艦の中に入った後
M3. ボスとの戦闘開始時
M4. ボスとの戦闘開始時
M5. 甲板で2回目の輸送機防衛をする時
M6. ボスの体力を3割くらいまで削った時
M7. 要塞の一番奥まで進み、GreenGridを動作停止させる時
M8. 5番目のセクション、ウォーマシンでラスボスの頭部を破壊する時

ミッション3や4では、結局のところ最高難易度でボスとのガチバトルが要求されます。
当たり所が悪いとシールド満タン+体力満タンからなすすべもなく削り殺されたりするので、長期戦は不利です。
ウォーマシンのミニガン2挺持ちで、「やられる前にやる」短期決戦を挑んでみるのもよいでしょう。

SpongeBob: Robotic Revenge 実績コンプ

SpongeBob_Robotic_Revenge.jpg

SpongeBob SquarePants: Plankton's Robotic Revenge
(正式タイトル長い!)

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA2/10
TAスコア1387 TAコンプ率:1185/3381 = 35.05% (2017/04/18現在)

アメリカ発の子供向け人気アニメ、「スポンジ・ボブ」 ( → Wikipedia ) のゲーム化作品。
版権ゲームにはよくある敵を倒しながらステージを進んでいく以下略。

全体的に低年齢層向けのチューンがなされており、走り回りながらRTを引きっぱなしで射撃していけば敵の殲滅にまったく苦労はしません。
足を止めて殴り合うゲームと勘違いしてはいけませぬ。

スポンジボブたちが使用することになる武器(ゲーム内では『ガジェット』と呼ばれます)はゲームの進行に伴い数が増えていき、全部で7種類になりますが
最初に手に入れることになる Pickle Blaster をフルアップグレードすればもうこれ一本で他は要らないレベルに。
射撃間隔早い、ロックオン可能距離長い、弾速そこそこ、威力もそこそこ。
クセのある武器が多いなか、シンプルなのは十分な強みというやつです。
あとは一部ボス戦用に、即着弾するレーザーガンのような武器 Portable Tartar Sauce があると若干便利かも、程度。

実績的には、まずはキャラを固定してストーリーを最後までプレイしていきましょう。
この過程で「1ステージをノーデスクリア」は自然と取れるはず。落下死する可能性はありますが、HPを削られきってのミスはまず起きません。
「落下シーケンスをノーダメージクリア」は、実績wikiのガイドのとおりに最初のステージがやりやすいかと。
最初に上へ移動 → 右上を歯車が開始後すぐに通過していくのでこの後右上に張り付く → 最後の最後に右上に板が向かってくるので上中央へ、の流れです。

だいたいストーリーをクリアするくらいで、1人分のガジェットのアップグレードがちょうど済むくらいのお金…スクラップ…経験値…? が貯まるくらいの設定になっています。
ガジェット自体は全キャラ共通ですが、キャラが所持している金額やガジェットのアップグレード状況は キャラごとに全て個別 なので、ここから先はただの稼ぎ作業というやつです。
1-2 からプレイを開始し、1-4 に到達したらメインメニューに戻る、以下繰り返し。
Mr. Krabs だけは、Yボタンで発動できるスーパーパワーの効果時間中は入手できるお金の額が2倍になります。短い時間の間に大量の敵が倒せるシーンで賢く利用しましょう。

ついでに、稼ぎ作業のどこかで「ステージを4人プレイでクリア」「ダウンしたチームメイトを20回救助」もこなしておきましょう。
ステージを4人で通しプレイする必要はなく、ゴール直前で2~4コンを参加させて4人でゴールに入ればOK。
移動してゴールに入ってもらわないといけないので、ギターコントローラーとかだと困ります。
ボス戦でトドメを刺す寸前に乱入させればなんとかなるかな?

WRC 5 実績コンプ

GTASCはピリオド14へ。
足切りラインは個人で2,000、チームで12,500…たっかいなぁ…

GTASC_2017_Period_13_Individual.png

先週の個人ボーナス条件だった「前ピリオドと同じ実績解除数&獲得ゲーマースコアでピリオドを完走」、無事達成!
1000GSで実績45個の プリズンブレイク先輩 にはお世話になりましたぜ。
これでやっと初ボーナス獲得、オマケとして2000TAのセーフティベンチも貰えたので大満足です。
でも、もはや2000TA程度じゃセーフティにならんですな…。


WRC_5.jpg

WRC 5

実績wiki:未掲載(★1相当) XboxA3/10
TAスコア1455 TAコンプ率:166/554 = 29.96% (2017/04/11現在)

狭い悪路をひた走る、世界ラリー選手権公式レースゲームシリーズの5作目。
どんな道でも走ってみせらぁ、でも真夜中の暗闇の雪山はカンベンな。加減しろ莫迦!(画像略)

ほとんど全ての実績は難易度やアシストの有無を問わないので、ゆるーい設定でプレイすればだいぶ酷いプレイでもレースの勝利に問題はありません。
始めのうちはレースを完走した際に「2位とコンマ差しかない!? 相当シビアなの!?」と驚くこともありましょうが、
実際のところ自分の完走タイムに合わせてCPUのタイムもある程度自動調整されるタイプのヤツです。
5分10秒で完走すれば2位のタイムは5分10秒6、同じコースを5分20秒で完走すれば2位のタイムは5分20秒4、みたいな。
もちろん、あまりに遅ければそれなりの順位がお出迎えすることになりますがね。

キャリアモード については、ただひたすらに走り続けて全勝優勝しまくるだけです。何も難しいことを考える必要はありません。
ジュニアWRCで全勝優勝すればWRC-2から契約のお話がきますし、WRC-2でも全勝優勝すればWRC-1から契約のお話が飛び込んでくるはずです。
WRC-2と契約を結ぶ段階で、参戦するラリーの国一覧を見て「これ、契約の選択間違えると参戦できない国が出てきて勝利実績に影響でるんじゃ?」と不安になるかもしれませんが、その心配はまったくの杞憂です。
最上位のWRC-1クラスでは全地域のレースに参戦しますのでご安心ください。

シーズンの最終盤、(これ完全にサボってポイント0点でも優勝届くな…?)となっても、ジュニアとWRC-2の段階ではサボってはいけません。
たとえ総合優勝を獲得したとしてもチームからの人物評価が著しく悪くなり、シーズン終了後に上のランクからの契約が届かない可能性があります。
完全サボりをしてもいいのは最後も最後、WRC-1の段階だけです。ここなら進行に影響は出ません。チームからは罵られますけど。

おっと忘れていました、最低難易度だと解除する機会を作りづらい実績がひとつ。
「クルマの修理制限時間45分をオーバーする修理を行なう」という実績があり、これはクルマのダメージ設定をひたすら緩くしているとまず到達することはありません。
「クルマのダメージが見た目だけではなく走行にも影響する」ように設定しておき、
最初にプレイすることになるであろうモンテカルロ1日目(この日は1レースのみ)のゴール直前でカベにでもわざと突っ込み、クルマの各パーツをボロボロにした状況でゴールすればOK。
制限時間45分をオーバーする修理はタイムにペナルティを貰ってしまうので、この実績を解除するためだけに別ストレージで新規キャリアを始めるのもよいでしょう。

キャリアモードとは別に、クイックステージモードで 13地域の65コース をもう一度全て完走する必要があります。
こちらは「完走」であり「勝利」の必要はない ので、とにかくゴールまで走りきるだけ。
ゲーム内では完走済みのコースに特に印が付いたりはしませんし、一度キャリアのほうで走行してしまっているとリーダーボードからの確認もできなくなります。
しっかりメモを取りつつの進行を強く強くオススメします。

クイックステージの進行に合わせて、「路面状況に合っていないタイヤを履いて完走する」も解除しておきましょう。
例えばモンテカルロの1コースめ、ENTREVAUX-ROUAINE はアスファルト100%のコースなので、ここをアイス&スノータイヤで走るとか。
…間違っても逆をやってはいけませんよ?

また、「走行設定を『Simulation』にしたうえで1レース勝利」実績もクイックステージでやりましょう。
シミュレーション設定だと全てのアシストがなくなり、クルマのダメージ表現もリアルになり、ギアもマニュアル操作。
プレイしやすいコースは ポーランドの WIELICZKI あたりがオススメされています。短いコースで急カーブも少なめ。
幸いにしてゲーム難易度はイージーのままでいいので、割と酷い運転をしても1位を取るだけなら難しくはありません。

残念なことにオンライン実績も多少存在していますが、
・二人から開始可能
・プライベートマッチOK
・最低1勝すればよい
・10回完走すればよい

と、わりと優しい仕様です。
時間短縮を目指すのであれば、コースは上でも触れた ポーランドの WIELICZKI を使うか、イギリスの ALWEN を使うか。
後者はゲーム内で最も短いコースですが、キツいカーブや激しいアップダウンもあるちょっと忙しいコース。
次のページ

FC2Ad