Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Madagascar 3: The Video Game 実績コンプ

来年度のGTASCはお休みする予定…です。
次回はタッグチーム進行らしいですね。

Madagascar_3.jpg

Madagascar 3: The Video Game

実績wiki:未掲載 XboxA3/10
TAスコア1564 TAコンプ率:728/2930 = 24.85% (2017/12/24現在)

CGアニメーション映画「マダガスカル3」 ( → Wikipedia ) をベースにしたゲーム化作品。
相変わらずの仲良し4頭、ライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、カバのグロリアたちがサーカス団に潜り込み、
ニューヨークの動物園へ帰るためにヨーロッパ各地でサーカス公演を行なっていくことになるのですが…

ゲームは大きく4つの都市(ローマ、ピサ、パリ、ロンドン)に分かれており、それぞれの都市にて

・ペンギンズ(&キング・ジュリアン)の要請で街なかにあるアイテムを回収する
・ポスター張りやデュボア警部から逃げるといったミニゲームシーケンス


を何度か繰り返し、

・ジャンプアクションでゴールを目指すパブリシティ・スタントイベント

を経て

・6つのミニゲームからなるサーカス公演

を行ない、次の都市へ向かうことになります。
最終的にはニューヨークでサーカス公演だ!

ミッション対象で捜索するアイテムは単純には近づけない場所に置かれており、4頭の動物たちの能力をフル活用する必要があります。

アレックス:2段ジャンプが可能。吼えることでジャマな鳩をどかすことができます。意外な弱点として木箱を壊せません。
マーティ:特定のスロープを使用した大ジャンプを行なえます。人間大砲(人間…?)を使用できます。目の前の木箱を破壊できます。
メルマン:綱渡りができます。背が高いので、他の動物たちでは届かない高いところにある仕掛けにアクセスできます。自分の足元の木箱を破壊することができます。
グロリア:メルマン同様、綱渡りができます。水面や水中を泳いで移動できます。目の前の木箱を破壊できます。

ミッション内ではバルーンアートでそれとなく進行のヒントが配置されています。まずは登れそうな場所を見つけて、高いところに上がってみると大抵道が開けることでしょう。

ほとんどの実績はストーリーの進行で自然と解除されていきます。
実績作業的にメインとなるのは各地域に15個ずつ散りばめられた、各キャラクターごとの収集物です。
「アレックス - 星のエンブレム」「マーティ - 風船」「メルマン - 体温計」「グロリア - 花束」 とそれぞれ対になるものが用意されており、それぞれ自分のものしか回収することはできません(アレックスで風船に触れても取得できません!)
操作キャラを切り替えつつ、街の隅々まで探索していきましょう。1つ1つの地域はそこまで広くないのは幸いです。
多くの地域には水場があり、グロリアで潜るとたいてい水中に多くの花束が配置されています。チェックを忘れずに。

4都市+ニューヨークを含めたサーカスの5公演にて、各演目で一定以上のスコアを獲得し、全ての演目で★5評価を貰う必要もあります。
とはいえサーカスのミニゲームは非常に単純なので、それほど苦労することはないかと思います。
「人間大砲(人間…?)「空中ブランコ」がちょっと難しいかな、くらいであとは初見★5を獲得していけるかと。

Eat Lead: The Return of Matt Hazard 実績コンプ

Eat_Lead.jpg
(国内版のコピペじゃないよ!)

Eat Lead: The Return of Matt Hazard

実績wiki★★★☆☆ XboxA6/10
TAスコア1405 TAコンプ率:3020/23473 = 12.87% (2017/12/20現在)

It's Hazard Time!!

「マットハザードの逆襲」の別実績海外版になります。
正直なところ、音声やテキストに日本語が含まれていない点以外の差異にはまったく気が付きませんでした。
国内版同様にカットシーンが字幕なしの音声のみなので、先に日本語版をプレイしていないとちょっと面倒なことに。

国内版で試走 → 海外版で本走 を繰り返すようなスタイルでプレイしていたので、結果としてこちらのほうがとてもとても楽でした。
おぉ…ドン詰まりしかけたミッション5のボス戦をノーデスで越えられちゃったよ…。

ミッション1→8を最高難度クリア、最低難度でミッション8をプレイし直してグレネードランチャー特殊トリプルキル実績をカバー、
ミッション4を再プレイしてショットガンキル実績をカバー、ミッション1をプレイし直してノーデスクリア実績、そのままミッション2で残っていた植木鉢と消火器実績を終わらせて実績コンプです。

----

Eat_Lead_SS.jpg

「アルトス・トラトス・クモーリ・アメモヨウ」なんて名前を付けられていたのは国内版だけだった…ッ!

Midway Arcade Origins 実績コンプ

GTASCはピリオド42へ。

今週のボーダーは個人で 8,000、チームで 25,800 ほど…先週はチームで2万稼いでれば大丈夫だったのに急に伸びたね!?
おかげさまで? ポメラチェフ、割と脱落寸前の危機でした。ボーナス投下、よい判断でしたよ。

GTASC_2017_Period_41_Individual_AtoZ.png

今回のピリオドのボーナス条件「解除した実績名の頭文字でA~Zを揃える」は何とか達成。
この手のお題が出されるたびに "X" から始まる実績のストックがどんどん削られてゆきます…。

Midway_Arcade_Origins.jpg

Midway Arcade Origins

実績wiki★★☆☆☆ XboxA3/10 (Smash TV のみ 9/10 !)
TAスコア1536 TAコンプ率:738/3959 = 18.64% (2017/10/23現在)

Midway_Arcade_Origins_SS.jpg

ミッドウェイゲームズ社( → Wikipedia )のレトロなアーケードゲーム31本詰め合わせのソフト。
「ディフェンダー」「ルートビア・タッパー」といった、単品でXBLAにて発売されていたゲームもちらほら見受けられます。XBLA版はミッドウェイ社の倒産に伴い全て引き上げ済みですが…。

実績的には、収録されている31本のゲームそれぞれに1つずつ実績が設定されているので、順番にそれをこなしていく感じ。
ゲームごとに実績の基準がだいぶ異なり、意識しないでも解除できるもの、一発芸を要求するもの、割と真剣に攻略しないといけないもの…
実績に割り当てられているゲーマースコアがだいたいの難易度指標のイメージ。

いかんせん古いゲームがほとんどですから、操作性や難易度バランスの面で難があるソフトが多いです。
とはいえ当時アーケード筐体にリアルマネーをつぎ込んでプレイしていた人たちとは違い、いくらでもお金を掛けずにチャレンジできるのです…!
13月さんのところ や TAの個別実績ガイドを参考に、ひとつひとつじっくりと潰していきましょう。

Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer 実績コンプ

Fantastic_Four_Rise_of_the_Silver_Surfer.jpg
「CHANGE_ME」とパケ絵の戒めのために。

Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer / ファンタスティック・フォー:銀河の危機

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA4/10
TAスコア1617 TAコンプ率:3737/15637 = 23.90% (2017/09/24現在)

2007年に公開された同名の映画 ( → Wikipedia ) を原作とするゲーム化作品。
Mr. Fantastic、Invisible Woman、Human Torch、The Thing の4人からなるチーム「ファンタスティック・フォー」を操り、敵を倒しながら進んでいく版権ゲームにはよくあるアクションもの。

自由に操作メンバーを切り替えながらのソロプレイでもよいですし、複数のコントローラーを使用したローカルマルチプレイにも対応していたりします。
AI操作の仲間は程よくおバカなので、中に人がいた方が大幅にゲームは簡単になりそうな。

実績的には「難易度 Normal をクリア」「難易度 Fantastic (高難易度) をクリア」「収集物2種の全回収」「4キャラそれぞれのアップグレード完遂」にまとまっています。

難易度実績はスタックしない困りものなので、2周が必須。
収集物はタグ保存するタイプ? なので、1度回収したものは別ストレージで開始したとしても収集済みになっています。ノーマル周回で集めきってしまうのがよいでしょう。
こういった動画(シンボル1シンボル2スパイボット)や、七瀬さんのところの古い記事 が非常に役に立ちました。

収集物を集めていくと、どこかのタイミングでメインメニューの「EXTRA」内にてキャラクターのステータスをブーストするコスチューム群がアンロックされていきます。
微々たる差かもしれませんが、着ておいて損はなし。

普通にゲームを進めていくと、最後のステージをクリアした段階でも4人全員のアップグレードをこなすほどのポイント(壊せるオブジェクトから手に入る)は全く足りません。
ちなみに、4人それぞれのアップグレードを完遂するのに必要なポイントは以下の通り。

Mr. ファンタスティック: 26,250
インヴィジブル・ウーマン: 22,250
ヒューマン・トーチ: 30,000
ザ・シング: 22,250


「一切アップグレードを行なわずに30,000ポイント溜め切って、『一人分のアップグレード完遂 → セーブせずにQUIT』を繰り返して全員の実績を解除する」
という手段が取れます、取れますが…あまり一切のアップグレードをせずにゲーム進行するのはオススメしません。
難易度ノーマルでも中盤以降はやたら敵が硬く感じるようになります。
シングの RT+B を連発するのが雑魚戦の最適解なので、最低限シングだけでもがっつりアップグレードしておくとゲーム難易度が劇的に下がります。
ボス戦用にヒューマントーチの RT+X なんかもいいですね。

ポイント稼ぎには、「Terrax」の2番目のACT、「Clobbering Time」が優秀です。
シングが単騎でボスと相まみえるACTですが、彼が十分に育っていれば RT+B を連発して周囲のオブジェクトを巻き込みながら暴れるだけで超短時間で1000ポイントほど稼ぎつつACTを回せます。

2周目は難易度を Fantastic に上げ、収集物を気にすることなくひたすらゴールを目指すことになります。
ただし、きっちり壊せるオブジェクトは壊してアップグレードのポイントは溜めながら進めましょう。
適宜、キャラのステータスや使いやすい技(シングのRT+B、トーチのRT+X、ファンタスティックのRT+B、インヴィジブルのRT+Yあたり)に絞ってアップグレードを行ない、
必要であれば上記のポイント稼ぎをある程度実行して戦力の底上げをしながら進行していけば、難易度の違いをあまり意識することもなく完走できるかと思います。
むしろ、ガッツリアップグレードしながら進めると慣れていなかったノーマルの時より楽に思えるかも…。

The Bourne Conspiracy 実績コンプ

たまには古いゲームがやりたくなるときもあるよね!

The_Bourne_Conspiracy.jpg

Robert Ludlum's The Bourne Conspiracy

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA3/10
TAスコア1543 TAコンプ率:8501/38509 = 22.08% (2017/09/16現在)

2017年9月現在で5本の実写映画がつくられている 「ボーン」シリーズ ( → Wikipedia ) の1作目、「ボーン・アイデンティティー」 ( → Wikipedia ) を元にしたゲーム化作品。
原作小説と映画作品の時点であれこれと差異はあったようですが、ゲーム版は映画をベースに原作の要素も加えたようなつくりになっているそうです。
"記憶をなくした男" ジェイソン・ボーンが、その拳と銃を用いて道を切り開いてゆくアクションものになっています。
ファミ通の記事 によれば、もともとは国内発売の予定もあったようで?


攻略に関しては毎度ながらの THE BOURNE CONSPIRACY 攻略 -360&One攻略研究所 様 を参考に。
いつもいつも大変お世話になっております。

「最高難易度で全ステージをクリアする」必要があるのですが、このゲームにはステキな抜け道が存在します。
キャンペーンをプレイ中は「ステージをクリアした際にどの難易度でプレイしていたか」を参照してクリアマークを付けてくれるので、メインメニューからコンティニューする際に難易度設定ができることを利用し、
「道中は最低難易度で進行し、ステージクリア直前のチェックポイントでゲームを中断し、最高難易度に上げて最後だけ高難易度でクリア」という荒業が可能なのです!
ステージによっては、最後に待ち構えるボスの体力を削り切った後のトドメQTEの前にチェックポイントが入ったりするのでウハウハですよもう。

XboxAchievements に投稿されている、各ステージの最終チェックポイントについてのガイドを抄訳、コメント付け。
レオさんのところのガイドも合わせてご覧ください。

[Dangerous Beginnings] ボスの体力を半分まで削ると逃げ出すカットシーンが入り、そこでチェックポイント
[Shipyard Unfilration] 船の上での雑魚5連戦→ボス戦の流れに入る前。格闘戦としてはここが一番厄介
[Assassinate Wombosi] ボス戦前
[Eliminate Divandelen] ボスを倒すと脱出シーン前にチェックポイントが入る
[Escape the Embassy] 最後の2分間リミットのシーン、フラッシュバンが投げ込まれるあたり
[Silence Rurik] 工場に入ったら
[Castle Fight] ボスの体力を削り切ったらすぐ、QTEを押す前!
[Paris Chase] 一番最後の一連のQTEの前
[Disarm Renard] 庭園での4分制限の戦いの前、銃撃戦としてはここが最難関!
[Save the Professer] ボスの体力を削り切ったらすぐ、QTEを押す前!
[Treadstone Safehouse] ラスボスの体力を削り切ったらすぐ、QTEを押す前!

その他こまごました実績は、適したステージでちまちま解除していきましょう。

・命中率関連
ミッション10「Save the Professer」では、ボスに銃撃する際にきっちり狙っていけば 命中率100% も難しくありません。
家の中でショットガンを手に入れて屋外に出たあと、向かって右側の小屋には無限リスポーンするショットガンが立てかけてあるので、
ここで都合10分ほど空撃ちを続けてから普通にステージをクリアしたら 命中率10%以下 も解除できました。

・敵撃破&テイクダウン関連
ストーリーを何周かプレイする前提で数が設定されている気がします。
特に数を稼ぐのが面倒なのは周囲のオブジェクトを利用したテイクダウン「Contextual テイクダウン」なので、
ストーリー進行中もなるべく敵を叩きつけるのにちょうどよさそうなオブジェクトの付近でテイクダウンを発動して数を稼いでおくとよいかも。

◆テイクダウンを使わずに200人を殴り倒す
ミッション2「Shipyard Unfilration」にて。
レオさんのガイドでいうと、見出し「Escape the Chopper - 1」に入る前の一行上、『カットシーンの後は一般人と傭兵を倒します。』のところ。
この2人の一般人は非常に弱く、難易度 Trainee なら Y → Y のコンボで倒せます。
一般人2人を倒すと次は傭兵とのタイマンになりますが、この傭兵を倒してはいけません。次のチェックポイントに入ってしまいます。
その前に、一般人2人をのした時点で Load Last Checkpoint を選択し、気が済むまで繰り返しましょう。

◆射撃テイクダウンで200人倒す
そのままミッション2を進行し、射撃テイクダウンのチュートリアルまで進めましょう。
ここではアドレナリンゲージに関わらず射撃テイクダウンx3を行なえるので、ひたすらここをチェックポイントリロードで繰り返し。

◆ Contextual テイクダウンで100人倒す
いろいろ紹介されていますが、ミッション1「Dangerous Beginnings」を少し進行したら入ることになるバーでの戦闘がよいでしょうか。
まずはテイクダウンのチュートリアルで1人、あと雑魚が3人いますがバーでは周囲にモノがたくさんあるので Contextual テイクダウンが狙いやすいです。バーカウンター付近での戦闘をオススメ。
4人目を倒した後は通信が入りますが、この会話が終わるとチェックポイントが入ってしまうのでその前にチェックポイントリロードして繰り返しましょう。

◆マルチテイクダウンを30回
◆通常のテイクダウンで200人倒す

ミッション5「Escape the Embassy」にて。
開始時点で3人に囲まれているうえ、アドレナリンゲージは最初から満タン(=3人目掛けてマルチテイクダウン発動可)です。
マルチテイクダウンに巻き込んだ敵は通常テイクダウンで倒した扱いになるので、数を同時に稼げます。

◆通常テイクダウンを使わずに1ミッションクリア
ミッション1がよいでしょうか。
実績説明文的には Contextual テイクダウンの使用は許可されているので(現にチュートリアルで1度発動している)、
場所を選べば最後のボス戦でもテイクダウンを使うことは可能ですが…素直にBボタンには手を触れずに殴り倒すのをオススメします。

◆射撃テイクダウンを使わずに1ミッションクリア
ミッション10がオススメ。
小屋内での戦闘で、2階からボスを滅多撃ちする際に射撃テイクダウンを封印するだけ。
次のページ

FC2Ad