Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

The Amazing Spider-Man 実績コンプ

The_Amazing_Spider-Man.jpg

The Amazing Spider-Man

実績wiki★★☆☆☆ XboxA3/10
TAスコア1580 TAコンプ率:3027/26800 = 11.29% (2017/06/28現在)

同名の映画、「アメイジング・スパイダーマン」( → Wikipedia )をベースにしたゲーム化作品。
「映画のストーリーを追体験する」というよくあるパターンではなく、このゲームでは映画のその後の話が描かれています。

攻略に関しましては毎度おなじみ The Amazing Spider-Man攻略 -360&One攻略研究所 様 におんぶにだっこでございます。
ミッション進行ガイドは懇切丁寧、収集物の回収もばっちり…毎度のことながら頭が上がりませぬ。
…ばっちりガイドしてもらっているのに取り逃して戻れないところまで進んでしまい、いくつものステージを再プレイする羽目になったのが私です。HAHAHA。

初プレイから最高難易度である Super Hero でのプレイで大きな問題はありませんでした。
少しゲームを進行して、ステルステイクダウンのやり方を学んだらもうこちらのもの。
「テイクダウンした敵を天井に吊り下げてバレにくくする」「近いところにいる二人を同時にテイクダウンできるようにする」アップグレードはすぐさま購入してしまいましょう。

天井に張り付く → 敵の真上に陣取ってステルステイクダウン → 気づかれてしまったら LB を連打して即座に撤退 → ほとぼりが冷めたらまたステルステイクダウン再開

だいたいのシーンはこれの繰り返しでどうとでもなります。
どうしても格闘しないといけないときは、攻撃ボタンを連打せずにいつでもYボタンの回避/カウンターを出せるようにしておくこと!
また、乱闘になるのを想定している場所には大抵付近に投げて使えるオブジェクトが配置してあります。

敵の群れにオブジェクトを投げつけてピヨらせる → 素早く近づいてBボタン一発で無力化しまくる

一連の流れを無駄なく素早く行なえるようになるとグッド。


前回の「Spider-Man: Web of Shadow」の時と同様、今回もマンハッタンの街なかは収集物で溢れています。
WoS では 2160個中2000個 で実績解除となかなか吹っ飛んだ設定でしたが、今回は 700個全て を漏れなく回収する必要があります。
総個数こそ減りましたが、WoS では1000個目、およそ半分を集めた段階で残りがマップに表示されたのと比べ、今回は700個中の500個、7割ほどを集める段階に至らないと残りの表示がなされません。
最終的にはすべてを集めきらなくてはいけません。 KIAI を入れて集めましょう。

チャプター5あたりでシティマップが夜間になるので、ぼんやりと光るコミックページが目立つようになりかなり集めやすくなります。
この段階で 500個 に到達するくらいまで回収してしまうと楽になります。
マップに印が付く段階まで進めてしまえば、サブミッションのために街なかを飛び回る際のついで回収が捗りますしね。

Space Chimps 実績コンプ

Space_Chimps.jpg

Space Chimps

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA3/10
TAスコア1381 TAコンプ率:1678/4997 = 33.58% (2017/06/24現在)

同名の映画(日本では未公開) ( → Wikipedia )のゲーム化作品。
版権ゲーにはよくある敵を倒しながら進んでいく3Dアクションもの。
自キャラが身軽なチンパンジーということもあり、どちらかというとプラットフォーマーアクションのほうに重きを置いています。

今週のGTASCにて、マイチームが「ゴートシミュレーター」だの「Toro」だの「Horse Racing 2016」だの、動物(奇)ゲーをあれこれ引っ張り出してきているので、思わずゲーム棚の中から捜索してまいりました。
新品を開封したら映画チケットの割引券が入ってたんですけど、うん、使いようがないよね…。

実績的には
・ストーリー(全12面)を最後までクリア
・各ステージに1つずつあるDoleバナナ(ロゴ入り)、個数可変の Globhopper を全て集める
・どこかのステージでノーデスクリア
・1面の除くどこかのステージで一度も落下復帰することなくクリア
・どこかのステージで敵を全滅させてクリア
・各ステージに設定されている規定タイム以内にクリア
すればOK。

理論上では「初回プレイで収集物を全回収して規定タイム以内にゴール」していけば1周のプレイで終わりますが…
かなり規定タイムは厳しめに設定されているので、まず初回のクリア時に達成するのは不可能なラインです。
初回ではきっちり隅から隅まで探索して収集物を全回収しつつクリアし、しかる後にタイムアタックに専念する流れになるでしょう。
Globhopper は敵を倒すと手に入ることもあるので(ランダムではない)、初回では目に付く敵はとりあえず倒しておくとよいでしょう。

参考:TAによる DoleバナナGlobhopper の位置ガイド。

タイムアタックでは、とにかく収集物も敵もひたすら無視して突き進んでいく必要があります。
トラップ地帯でも立ち止まらず、被ダメ覚悟で突き進んでいくほうが大抵うまくいきます。どうせ回復アイテムは豊富に設置されていることですし!
マップが上下に広いところでは、うまい場所で飛び降りることで大胆なショートカットが狙えたりも。

終盤の数ステージでは、今までとは打って変わって突然トラップだらけの中を突き進んでいくアクションゲーに変貌します。
それに伴ってタイムアタックの難易度も上昇するので、要練習。あまりジャンプアクションのメカニズムがよろしくないのですよね、このゲーム…。

The Chronicles of Narnia: Prince Caspian 実績コンプ

のらりくらりと進めていた TAのアルファベットチャレンジ 、無事完走いたしました。

2017_TA_Alphabet_Challenge.jpg

2017_TA_Alphabet_Challenge_992.jpg

(反映遅れがなければ) 992人目 の完走者になったようです。ギリギリの1000番以内!
思った以上に割と皆さまやる気に満ち溢れていらっしゃいますね?
1000位ピタリを取ったら TA のツイッターでピックアップされていたようなので…惜しかった?

さて、このイベントのためにいくつかのゲームに片を付けたとはいえ、新しく虫食いになった色んなゲームを進めていかなくてはなりませんな。
GTASCの様子も見ながらがんばりましょう。


The_Chronicles_of_Narnia_Prince_Caspian.jpg

The Chronicles of Narnia: Prince Caspian / ナルニア国物語:カスピアン王子の角笛

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA1/10
TAスコア1355 TAコンプ率:3512/9891 = 35.51% (2017/06/11現在)

イギリスの児童文学「ナルニア国物語」 ( → Wikipedia ) シリーズの実写映画化2作目である「ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛」 ( → Wikipedia ) を下敷きにしたゲーム作品。
ゲーム内のカットシーンに、映画の映像そのままが多数使用されています。やるなディズニー。
映像を多用していることからお分かりのように、だいたい映画をなぞったストーリーが展開されていきます。

ゲームの開発元は Traveller's Tales なのですが…そう、レゴシリーズの制作で有名なところです。ふ、普通のゲームも作れたのね!(スゴク=シツレイ)
とはいえ、複数のキャラをぞろぞろ引き連れて移動して、特定のアクションをとるために特定のキャラに操作キャラをチェンジして…と、何だかんだでレゴゲーっぽさはあります。
キャラクターがリアル頭身か、レゴのミニフィグサイズかって話ですな。

実績構成はシンプルで、
・ストーリーを最後までクリア
・キャラ指定されている何人かの敵兵撃破数を達成
・宝箱の全開封
・HPバーをマックスに
・COOPで15回ステージをクリア

すればOK。

ゲーム自体の難易度は低いので、主に問題になるのは宝箱の全開封でしょう。
ややわかりづらい場所に配置されているものも多く、「チャプターごと・ミッションごとの回収状況」が確認できるとはいえ少々面倒です。
攻略全般も含め、TrueAchievements のウォークスルー にはストーリー進行に伴う全宝箱の記載もあります。大変お世話になりました。

宝箱を開けるには指定された数のカギが必要で、カギはゲーム中のそこら中で拾うことができます。
とはいえサクサク進行させていくと常にカギ不足に悩まされることになるので、最初のチャプター1のHUBマップで100個ほど余裕を作っておくと安心です。

近場のカギや Armor Shard を回収する → ミッション開始ポイントへ移動 → 「ミッション始める? Yes / No」で No を選ぶ → 自動で開始地点からリスタートされ、その際にカギや Armor Shard は全復活している

これを繰り返すことで、効率よくカギ集め&体力増強を行なうことができます。
もしストーリー進行中にカギが尽きてしまいそうなら、適宜チャプター1にカギを集めに戻りましょう。

「COOPでミッションを15回クリア」に関しては、チャプター1の「角笛を取り返す」ミッションか、チャプター6の一番最後のミッションを繰り返すのがオススメされています。

チャプター1のものは
・多少の戦闘あり ・クリア後即座にHUBマップに戻ってくるので再プレイが楽

チャプター6のものは
・操作キャラが無敵なので戦闘で気を揉む必要なし ・クリア後にはエンディング&スタッフロール(飛ばせる)を経てチャプター選択画面まで戻されるのでちょっと面倒

と、一長一短なところがあります。
一度ゲームを終了させてしまうとカウントがすっ飛ぶというご無体な仕様なので、一息にプレイする必要があります。
どちらか好みの方を繰り返しましょう。

Mayhem 3D 実績コンプ

GTASCはピリオド22へ。
うーん? やっぱり足切りペースはあんまり変わらない感じ?

GTASC_2017_Period_21_Individual.png

今ピリオドはチーム内にて個人戦ボーナスの「5,000TA獲得する」狙いがアツかったので、終わってみれば24,000TA越え。
だいぶオーバーランいたしましたぞ、はっはっは。みんなグッジョブ!


Mayhem_3D.jpg

Mayhem 3D

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA3/10
TAスコア1209 TAコンプ率:1001/2040 = 49.07% (2017/06/05現在)

体当たりで敵車を破壊したり、段差の下へ突き落したり、時には真面目にレースしたりするアーケードレーシングゲーム。
基本的にグラフィックが白黒っぽい表現なので、世紀末感がハンパありません。デストローイ!! キルゼムオール!!
…ところでゲームタイトルは「Mayhem」なのですか、「Mayhem 3D」なのですか。

何故かはまったくわかりませんが、「本体にインストールして遊ぶと実績が解除されなくなる」という不思議なバグもちゲームなので、たまにはディスクぶん回しで遊んであげましょう。
そのせいなのかは謎ですが、オンライン実績に付き合ってもらったフレさんの本体に多大なるダメージを与えた模様。
何もしてないのに強制再起動(しかも複数回とのこと)が掛かるとかなにそれこわい。

実績的には、キャリアモードを★3評価を貰いながら進めていけばほぼイナフ。
スピードが欲しいときはマッスルカー系統
・パワーが欲しいときはピックアップトラックやモンスタートラック系統

だいたいこんなアバウトな選択でOKです。

キャリアモードで大きく詰まりそうなのは2か所ほどでしょうか。

1. ラスト1個前の ISSUE 内の、立体駐車場でのレース
たぶんこれがゲーム内で一番厄介なイベントでしょう。
↑で書いたこととは早速異なりますが、私は自車を モンスタートラック にしてプレイしました。周囲の敵車に当たり負けしにくくなるのが大きな利点。
コーナリングは「アクセル踏みっぱなし(もしくはちょい離し)からのサイドブレーキターン」を多用。
いちいち通常ブレーキを使って正確に曲がっていくとどんどん置いて行かれます。攻められるギリギリの感覚をつかみましょう。
ブーストゲージは温存しておき、コース中盤の対面走行ゾーンを通過するときにラム状態まで加速して突っ切れると安全。

2. オーラスのイベント
落とさないといけない敵車の数にくらべて、時間制限がかなり厳しめ。
敵車はかなり密集して配置されているので、押すポイントを間違えなければ2台まとめて運んでいくことができます。
位置と角度をつかんで、的確に処理していきましょう。

オンライン実績に関しては「2人から開始可能、プラべ可」というゆるい設定なので、相方さんを見つけるまでが実績です。
「1セッションで5連勝する」に関しても、「デモリションダービー」で PEANUT といったマップを選び、開始即自殺すればあっという間に終わります。

Spider-Man: Web of Shadows 実績コンプ

Spider-Man_Web_of_Shadows.jpg

Spider-Man: Web of Shadows

実績wiki★★☆☆☆ XboxA5/10
TAスコア1535 TAコンプ率:2738/25396 = 10.78% (2017/05/24現在)

マーベルコミックの人気キャラクター、「スパイダーマン」のゲーム化作品。
ニューヨークの街なかを、スパイダーマンがその自慢のクモの糸を使って縦横無尽に飛び回ります。

「そこそこ広いマップ内のそこら中に配置されているスパイダーマークを、2,160個中2,000個回収する」というライオットアクトもビックリな数を要求してくる実績があります。
まずはプレイ開始後自由に動けるようになったら、操作感に慣れるのも兼ねてこの達成を目指してしまうのもいいでしょう。
ビルの屋上に置いてあったり、ビルの壁面に配置してあったり、公園内に置いてあったり、ゴミ収集コンテナの中にあったり、路地裏にひっそり置いてあったり…
ある程度の範囲の区画をビルの屋上を飛び回って探索 → 今度は同じ区画を地面近くの高さで探索 とやっていくのもいいかもしれません。
遠くにあると意外とグラフィックの表示をサボるんですよね、スパイダーマーク…。

およそ半分であるところの 1,000個 を回収すると、ミニマップ上に残りのスパイダーマークの位置が赤い点で表示されるようになります。
自己主張が薄い印なのでちょっと分かりづらいですが、近場の赤い点をぷちぷち潰しまくってKIAIで2,000個を回収していきましょう。

スパイダーマンのアップグレードが進んでいくと、攻撃手段もかなり豊富になっていきます。
ただただXボタン連打のごり押しをするだけでなく、いろいろな攻撃方法を把握し使用していった方がもちろん戦闘はラクになります。
ブラックスーツの XXX(少し待機)XXXX が範囲・威力共に凶悪な攻撃なので、使用できるようになったら乱用すると何かとラクです。
Yボタン起点の「Web-Strike」系統の攻撃はタイミング命ですが、これをある程度使いこなせるようになっていないと終盤でちょっと辛いことになるやもしれず。

ストーリー内のそこかしこで、「Red Suitルート」「Black Suitルート」のどちらかを選択しないといけないシーンがいくつか出て来ます。
Red Suit はいつもの通常スパイダーマンで、きれいなヒーロールート。
Black Suit はシンビオートに汚染されたスパイダーマンで、暴力的でダークヒーローなルート。
選択によって細部の展開が変わっては来ますが、大筋の流れは変わりません。戦えなくなるボスとかもいません。

ストーリー中の選択によってエンディングが4つに分岐し、それぞれ解除できる実績が異なります。
「全ての選択で赤/黒のどちらか一方を選び続ける」
「Act3終盤の Symbiote Black Cat 戦の後の選択だけ、それまで選び続けてきた赤/黒とは逆のものを選ぶ」

ことで、効率よくエンディングを回収していくことができます。
Symbiote Wolverine戦の後に手動セーブを作成し、ここから再開するのが無駄がありません。

というわけで、実績コンプには最低限ストーリーを2周+α、ラスボスを都合4回撃破する必要があります。
1周目にてほとんど全ての実績を解除してしまっていれば、2周目はひたすらメインミッションだけを進めればよいのでそれほど時間は掛かりません。
バグっぽい挙動によるデータ引継ぎ(実績wiki参照)を行なっても Optional Goal の達成個数だけは引き継がれないので、これに限っては1周目で60個の達成を確実に目指しておきましょう。
中途半端でクリアしてしまうと、また1から60個の達成を目指すハメになります…!
次のページ

FC2Ad