Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Slender: The Arrival 実績コンプ

本来はハロウィンの時期にプレイする予定だったのですけれど。

Slender_The_Arrival.jpg

Slender: The Arrival

実績wiki:未掲載(★2くらい) XboxA5/10
TAスコア940 TAコンプ率:355/3875=9.16% (2015/11/28現在)

"I found you."

"スレンダーマン"って、ご存知ですか?
身も蓋もない言い方をしてしまうと、アメリカ生まれのいわゆる「都市伝説」のひとつです。日本ではあんまり知名度はないですけれど。

とあるネットBBSの「フォトショップでちょっと怖い写真作って遊ぼうぜ!」(超意訳)というスレッドで誕生した "スレンダーマン" は、多くの人によって色々な設定が付け加えられ、数々の物語が紡がれ…
やがて、この「顔は判然としない、痩せぎすの長身男」"スレンダーマン" は、ある意味「神話的」な存在になっていきました。
今作「Slender: The Arrival」も、そんな「スレンダー伝説」に触れる一本です。

「プレイヤー側から攻撃手段はほぼない」逃げる系のホラーゲームです。どちらかというとグロ系の怖さではなく、ビックリ系の怖さ重視。
"スレンダーマン" がプレイヤーの視界に入っているとノイズが走り画面が歪み、逃げることなくあまりに接近を許してしまうと即ゲームオーバーになります。
"スレンダーマン" は不定期にテレポートを繰り返すので、さっきまでいなかった木の陰に突然現れたりする恐怖。

ゲーム内ではまったくというほどストーリーが語られないので、数々の回収物から話を組み立てていく必要があったりします。
ゲーム開始時点から既に「倒木に阻まれて、車を降りた主人公」から何の説明もなくスタート、ですからね。

NAVAR まとめ ですが(気にする方は申し訳ない)、ストーリー関連についてはここが非常によくまとまっております。
当然ながらネタバレの嵐ですので、閲覧は注意の上。

【ネタバレ】Slender:The Arrival翻訳考察まとめ - NAVER まとめ

最高難易度である「ハードコア」は、一度ゲームをクリアしないとアンロックされません。
まずはノーマルで収集物をコンプリートしつつクリア → (難易度イージーでスピードラン系実績の消化) → ハードコアでクリア一直線、のプレイがよいでしょう。
「クリアタイム45分以内」の実績があることからもお分かりのように、プレイに慣れてくれば1周にそんなに時間はかかりません。

●ピアノの全ての曲を弾いて「Master Pianist」解除
●ラジオの全ての曲を聴いて「I Love Radio」解除
両方とも "Prologue" の家の中にあります。両方ともに3種類? のフレーズがあるので、ランダムで全種類を引くまで何度かインタラクトを続けましょう。

●家の裏庭にあるすべり台を滑り降りて「Fearless Fun」解除
"Prologue" にて。

●貸しカヌーの看板を見つけて「I'll just take this..I guess?」解除
"The Eight Pages" が始まってすぐ、外に出て少し進むと見つかる小屋にかかっている、大きな貸しカヌーの看板です。収集物の一つ。
とても大きな看板ですが、どうやってスクラップブックに。
"The Eight Pages" のスタート地点はランダム(4パターンほどある模様)ですが、どのスタート地点からでもすぐにこの小屋は見つかる、はず。

●番号のついた手紙を全て集めて「The Collector I」解除
全13通。

●スクラップブックを完成させて「The Collector II」解除
上記手紙13通にあわせて、その他37個も収集すると解除。
だいたいが進行ルート上に配置されてはいるものの、いくらか見つけづらいものもあります。

Slender The Arrival - All 50 Scrapbook Items The Collector I & 2 Achievement/Trophy Guide - YouTube

●炎上する森を抜けるシーンで、炎のダメージを一度も受けずに鉄塔にたどり着いて「Fire Proof」解除
鉄塔となりの建物に逃げ込んだときではなく、チャプター5をクリアした時に解除されます。
迫るスレンダーマンが緊張感を煽り立ててきますが、炎のカベを冷静に避けていきましょう。

●難易度ノーマルでゲームをクリアして「I'm Free!」解除
●難易度ハードコアでゲームをクリアして「Fearless」解除

Slender The Arrival - Fearless Achievement/Trophy Guide Part 1 - Prologue - YouTube

ハードコアの一連のプレイ動画ですが、ゲームの流れをつかむために。

★チャプター "The Eight Pages" について

Slender_The_Arrival_Eight_Pages_Map.jpg

暗い暗い、オークサイドパークのマップはこんな感じ。(地図画像は XboxAchievements より)
湖(海ではないと思うのですが)が広がっているのが地図上の南側になります。スタート地点もAからDのランダムなので、まずはスタート位置の把握につとめましょう。
A地点スタートなら、スタートすぐに湖が見えるのでわかりやすいです。
SITE○ と番号が振られているところにどんなオブジェクトがあるかはランダムですが、かならず何かしらのオブジェクトが設置されています。
地図でいうところの SITE 2 や SITE 7 には大型のオブジェクト、インフォメーションセンター or 資材置き場 or 貯水タンク置き場 のどれかが配置されているはず。
オブジェクト配置箇所は9か所、集めるべきページは8枚なので、どれか一か所だけハズレです。
「ここにはねえ!」と見切りをつけて、別の場所でもまったくページが見つからない…あると思います。

難易度ハードコアになると、懐中電灯の電池が割とサクっと切れます。なるべく電池を節約しながら素早くクリアしないと、真っ暗な森の中で途方に暮れることになります…

★チャプター "Into The Abyss" について

電力の止まったリフトを上昇させるために、6つの発電機の電源を入れていく必要があります。
1つはかならずリフトの目の前にあり、最初にこれの電源を入れないと話が進まないので、残り5つを建物内から探し出す必要があります。
重要なのは、「2つ目の電源を入れるまでは敵は一切出てこない」ということ。
じっくり探索して5つの発電機を発見したのち、素早く電源を入れてリフトに逃げ込みましょう。
もたもたしているとフードを被った走り回る謎の怪物に嬲り殺しにされますし、スレンダーマンも襲い掛かってきますし。

Slender_The_Arrival_Abyss_1F_Map.png Slender_The_Arrival_Abyss_2F_Map.png

発電機の配置場所もランダムですが、配置される場所の候補は絞り込まれているようです。赤いほうは2階部分。(地図画像は Steamコミュニティ より)

こちらも難易度ハードコアになると、懐中電灯の電池がやはりサクっと切れるのに加え、発電機の稼働にガソリンタンク(発電機1つにつき1個)が必要になります。
ですので、なるべく電池を節約しつつ、5つの発電機・5つのガソリンタンクを見つけていく必要があります…かなりハード。
ガソリンタンクの位置も、ある程度傾向はあるようですがランダム要素あり。

●"The Eight Pages" を5分以内にクリアして「Speed Runner I」解除
まずマップを把握しないと普通にクリアもままならぬチャプターですが、これを5分以内となるとかなりハードです。
…ですが抜け道というかバグというかがありまして、8枚のうちの4枚ほどページを見つけて、スレンダーマンに特攻すると何故かクリア扱いになってしまいます。(難易度EASYの場合)

●"Into The Abyss" を5分以内にクリアして「Speed Runner II」解除
難易度EASYを強く推奨します。HARDCOREで達成したぜ! という猛者さんをお待ちしております。
じっくり発電機を探し終わってからではまず間に合わないので、見つけ次第電源を入れていき、リフトに駆け込みましょう。

●ゲームのクリアタイムを45分以内におさめて「Speed Runner III」解除
通しプレイが条件ではなく、各チャプターのベストタイムの合計を見てくれる親切設計のようです。
オマケチャプターの Genesis 、隠しチャプターの Memories はプレイする必要はありません。カウント外です。
難易度EASYで、収集物に気を払うことなく突貫し続ければ45分はまったく難しくありません。

●累計10,000歩移動して「Walking Simulator」解除
ゲームを終了させる(ダッシュボードに戻る)とカウントが0になるようです(箱○版)。
箱1だとどうなんだろう、そういう記述はとりあえず見当たらないのですが…

●視界外からスレンダーマンに捕まって殺されて「Insta-Killed」解除
いまいち条件が不明瞭です。
チャプター "The Eight Pages" や "Into the Abyss" 、"Escape" のクリア直前のスレンダーマンがかなりアクティブになっているときに、上手く背中側から襲ってくれるといい…のでしょうか。
そもそもスレンダーマンって視界外からはあんまり積極的に攻めてこないような。
チャプター "Escape" にて「自室に隠れろ!」の指示が出た後、適当な扉を開けて立ち尽くしていると背後から襲い掛かってきやすいようですが確実ではないので、何度かチャレンジ。

●泣いている Charlie に3回ちょっかいを出して「Cry Baby」解除
"Charlie" は プロローグの終了近く、3つ目の発電機(川を渡ったあと、最後の発電機)のそばにある廃屋の中(収集物もあるところ)に居ます。廃屋内での位置はちょっとランダム。
怪物の姿をしていてビビりますが、泣いている彼にくっつくと襲い掛かってきます。大丈夫、難易度HARDCOREでも死ぬことはありません。
リトライしても1度のプレイで1回しかカウントしてくれないので、都合3回行ないましょう。
収集物を回収中のNORMAL → スピードラン中のEASYで寄り道 → HARDCORE の3回でOK。

●"Into The Abyss" で3回続けて死亡して「Well At Least You Tried」解除
条件の通り。いくつか発電機を起動し、登場するようになったスレンダーマンに突っ込むのが早いでしょう。

●スレンダーマンの触手に絡めとられて「Tangled」解除
チャプター "Arrival" の炎上する森の中のシーン限定、と思われます。ここでスレンダーマンがうにょーんと伸ばしてくる触手に捕らえられると実績解除。死にますが。

●ゲームのポーズに10回失敗して「Get Me Out of Here!」解除
●ゲームのポーズに50回失敗して「Why Am I Playing This Game?」解除
スレンダーマンが近くにおり、画面にノイズが走っているときはポーズボタンを押しても「ビシッ」と画面が歪むだけでポーズが効きません。これを10回/50回で実績解除。
怖くても一時停止など効かぬのじゃよ! さあ逃げるのじゃ! ふはははは!

●難易度ハードコアで、チャプター "Genesis" をクリアして「Retro Fan」解除
"Genesis" は本編クリア後にアンロックされます。
本編内 "The Eight Pages" と似ている、スレンダーマンを避けつつ8枚のページを集めていくおまけステージです。
今作「Slender: The Arrival」の前作にあたる、「Slender: The Eight Pages」のリメイクだそうで。

Slender_The_Arrival_Genesis_Map.png

"Genesis" のマップはこうなっています。ロケーションの配置は固定、ページの配置位置は1ロケーションあたり3~4箇所からのランダム。(地図画像は TrueAchievements より)
チャプター "The Eight Pages" では9つのロケーションに8枚のページでしたが、"Genesis" では10個のロケーションに8枚のページになっています。
6枚目のページを集めたあたりからスレンダーマンの猛追跡が始まるので、最後はスピード勝負になります。
序盤のうちはあまりダッシュを使わず、スタミナを温存しておかないといざという時に長距離ダッシュができなくなるので、計画的に。

FC2Ad