Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Truth or Lies 実績コンプ

Truth_or_Lies.jpg
(パケ絵!)

Truth or Lies

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA2/10
TAスコア:1054 TAコンプ率:4667/6859=68.04% (2015/11/23現在)

出題されるいろんなお題に対し、リアルプレイヤーがマイク(USBマイクは1本でいいです)を通して自由に回答。
その回答をゲームソフトが True か Lie かを判定するウソ発見器みたいなゲームです…ゲーム?
こういうよく分からないソフト、いいですよね(錯乱)。

実績コンプのために何が一番大事かって、「安定した Lie 判定の貰い方をマスターする」ことに尽きます。
音声の波長と音量で True か Lie かを判定している、とのことですが…正直よく分かりません!
「パソコン等で特定の動画を再生して、その音をマイクに聞かせるといいよ」というアドバイスもありましたが、これはいまいちうまく行かず。
「マイクをのどに当てて、音程を調整しながらハミングするとうまく行くよ」とのアドバイスに従って、しばらく練習してみたら上手くいくようになったのでこれを採用。

「普通の高さのハミングでマイクに音を拾わせ始める → 認識を始めたら音程を上げる → 認識ゲージが6~7割あたりに達したら音程をとても下げる」で、割とうまく行くようになりました。
…でも、安定とは程遠いのであまりオススメはしません。

実績全解除への道:

●オプションからプロフィールを作成して「Sweaty Palms」解除
●作成したプロフィールでマイクのキャリブレーションを行なって「Is It Getting Hot in Here?」解除
●8人分のプロフィールを製作してから、8人のプレイヤーが参加するゲームを始めて「Full House」解除

これでプロフィール3~8のお仕事は終わりです。おつかれさまでした。

スタンダードの二人プレイを開始。ゲームの長さはとりあえず短いもので。
なお、このゲームでは「ゲームに参加しているプロフィールのどれかが実績解除条件を満たす」ことで無事実績解除されます。
つまりはプロフィール1、プロフィール2のどちらかで条件を満たせばよい、そういうことです。

片方のプロフィールは常に「True」判定を、もう片方のプロフィールは常に「Lie」判定をもらうようにします。

●質問に対して Lie 判定をもらって「Original Sinner」解除
●2問連続で True 判定をもらって「Goody Two-Shoes」解除
●3問連続で Lie 判定をもらって「Fibber!」解除

●1ラウンドの全ての質問で True 判定をもらって「Saint」解除
●1ラウンドの全ての質問で Lie 判定をもらって「Sinner」解除
この実績があるので、いきなり1ラウンドあたりの質問数が多い "Long" なゲームを始めてしまうとちょっと大変。

True 判定をもらっている側のプロフィールで、運が良ければ(どうスコア判定をしているのかさっぱり)

●1つの質問で900点以上を獲得して「Honest John / Jane」解除
●1つの質問で1000点(満点)を獲得して「Coming Clean」解除

ラウンド2へ進みましょう。
ラウンド2では、まずは True 判定をもらう側のプロフィールで素早く回答を返答していきます。

●6秒以内に回答を入力して「Confidence Game」解除

Lie 側のプロフィールは、何もしゃべらずに無回答。
一問あたり3回入力のチャンスはあるので、都合3回無回答。

●回答の入力に失敗して「Mute」解除

次の問題、True 判定をもらう側は9秒(制限時間)以上に声の入力を続けて、時間を目いっぱい+α使用していきます。

●回答の入力に9秒以上かけて「Procrastinator」解除

Lie 判定側はだんまりを続けます。
True 判定側は3問目は適当に回答、Lie 判定側の3問目もだんまり。

●3問連続して回答の入力に失敗して「Take the Fifth」解除

2ラウンド目の順位発表で、Lie 判定側のプロフィールは1ラウンド目に続けて最下位になっているはずです。

●2ラウンド連続して最下位になって「Habitual Liar」解除

3ラウンド目。「ラウンドの総スコアが1000ポイント以下で1位を取る」実績を狙います。
1問目だけ、True 判定側は適当に回答。スコアが0でなければなんでもいいです。2問目以降は放棄。
Lie 判定側はまたも全放棄して、スコア0でこのラウンドを終わらせます。
晴れて True 判定側がスコア1000以下での勝利を達成です。

●ラウンドの総スコアが1000ポイント以下で、ラウンドに勝利して「A Bad Bunch」解除

ここまでこの流れの通りにきていれば、「1~3ラウンドで常に同じ順位に居る」という実績の条件を満たします。

●1~3ラウンドで同じ順位をキープして「Consistent」解除

●1ゲームを完了して「You Can Breathe Out Now」解除


ゲームの長さを「Long」に設定して、再プレイ。
このプレイ中に達成したいことは

●1つの質問に対して、二人とも True 判定をもらって「Choir of Angels」解除
●1つの質問に対して、二人とも Lie 判定をもらって「Morally Bankrupt」解除
●1つのラウンドで、同じプレイヤーが Most Truthful(最高点獲得) と Least Truthful(最低点獲得) の両方に選ばれて「Dubious」解除

の、3つです。
意識的に Lie 判定を出すことをマスターしていれば、難しいことはありません。

● "Long" 設定のゲームを完了して「In It for the Long Haul」解除

これでスタンダードモードの実績解除は全て完了です。

お次はもう一つのモード、 Hot Seat へ。
こちらはお題を考えるのは回答者さんの横にリアルにいる人たちのおしごと。なんと自由度にあふれたモード!

●Hot Seat 用の質問を1つ入力して「Judge and Jury」解除

質問は1プレイあたり3問セットです。まずは全て Lie 判定を出していきましょう。

●Hot Seat の質問で Lie 判定をもらって「Is That So?」解除
●Hot Seat の3つの質問全てで Lie 判定をもらって「I Thought I Knew You」解除

首尾よく「3つ全てで Lie 判定」が解除出来たら、あとは True 判定をもらえる程度に適当に流しプレイを続けましょう。

●Hot Seat の質問で True 判定をもらって「Close to Home」解除

●Hot Seat 用の質問を10個入力して「Senior Interrogator」解除
●Hot Seat 用の質問を20個入力して「Chief Interrogator」解除

これにて実績1000コンプリートです。おつかれさまでした。

FC2Ad