Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Pneuma: Breath of Life 実績コンプ

8月30日に無事退院しました!
術後の傷の痛みは多少残ってますが、おおむね健康体です。

時間はいくらでもあったようなものなので、痛みに耐えながらポチポチしたWindowsPhoneで実績ストリークも問題なく継続。
電波さえつかめる場所であるなら、本当にWPは素晴らしいなぁ(幾度となくダイレクトマーケティング)

しばらくは体に負担のかかりそうな激しいゲームは控えめにしていこうかと!
もともと対人系ゲームはほとんどやらない人ですけれど!


Pneuma_Breath_of_Life.jpg

Pneuma: Breath of Life

実績wiki:未掲載 XboxA:4/10(動画カンニングありなら1/10)
TAスコア:1104 TAコンプ率:2807/4799=58.49% (2015/08/31現在)


「死人は呼吸をしない、ゆえに息吹が生命をつくる…同様に『空気(気息)』がこの世界の総てを形作っているのだ!」 と、古代ギリシアの哲学者アナクシメネス(→ Wikipedia)は提唱したそうです。
「Pneuma(プネウマ、英語発音だとニューマ)」とは、その空気、気息を指し示すギリシア語。

一人称視点の謎解きパズルゲーム。
タイトル名の由来の通りに、なんだかテツガク的な内容に触れているような、いないような…な雰囲気の作品です。

あちこちに存在する、謎の「光る眼」がキーアイテム。見られていることで何かが起こったり、逆に見られていないことで何かが起こったり。
「オブジェクトを視界から切ると、画面外でそのオブジェクトに変化が(再び視界に入れ直すと様子が変わっている)」というシステムもよく見受けられ、これも何だかテツガク的。

プロローグからエピローグまでの一本道をクリアしていくだけで、ほとんどの実績が解除されていきます。
3つある「Spirit」「Body」「Soul」に関しては、ちょっとばかり横道にそれた謎解きを完了することによる実績となっています。
中でも「Soul」についてはかなり特殊で、複数のチャプター内にまたがった壮大な(というほどでもない)謎解きをクリアする必要があります。
もしあなたが十分に注意深いプレイヤーであるなら、ストーリーのプレイ中にバラバラのローマ数字が振られた絵画を何枚か見つけたかもしれません。それらを番号通りに順番に見ていくことで…

悲しいかな、ランダム要素のほとんどない一本道パズルゲームのお約束として、YouTubeにゲーム開始から実績コンプまでのフルウォークスルー動画が上がっています。
「どうしてもこの謎が解けねえ」という時の、最終手段に。

Pneuma: Breath of Life - 100% Achievement Walkthrough and Longplay - YouTube


ぶっちゃけ話:
このゲームはどうして容量10ギガとか食っているんだろう…

FC2Ad