FC2ブログ

Cheers!! Xbox 実績日誌

日々の Xbox Live での実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Assassin's Creed Brotherhood 実績コンプ

Assassins_Creed_Brotherhood.jpg

Assassin's Creed Brotherhood

実績wiki★★★★☆ XboxA5/10
TAスコア2065 TAコンプ率:6252/186640 = 3.35% (2019/08/10現在)

Assassins_Creed_Brotherhood_SS.jpg

アサシンクリードII の直接的な続編になります。主人公はエツィオが続投、彼のアサシンとしてのさらなる戦いを描きます。

「II」ではイタリア各地を転戦していましたが、今回は基本的には大都市ローマの中だけでストーリーが進んでいきます。
初めのうちは制限された狭い区画しか活動できないところから、ストーリー進行に伴ってだんだん行動範囲が広がっていくことに変わりはありませんけれども。

今回からミッションに「シンクロ率」という要素が盛り込まれ、指定された特定の条件(ノーダメージでクリアしろとか、一度も気づかれることなくクリアしろとか、○○分以内にクリアしろとか…)を満たすことで高評価を得られるようになりました。
本編実績に関わる部分は多くはなく、基本的にはチート(お遊び要素)のアンロックのためのものだったのですが…
追加DLC「ダ・ヴィンチ、失踪」にて「本編・DLCの全てのミッションをシンクロ率100%でクリアせよ」という実績を追加してくれちゃったおかげで、あらゆるミッションをしゃぶりつくす必要が出てきました。

攻略wiki のガイドはもちろん大いに役立ちますし、加えてTAのガイド に全ミッションぶんの動画が掲載されています。
フルシンクロ(シンクロ率100%)はそこまで難しくないミッションがほとんどですが、一部やたら嫌らしいものも。
結構長丁場のミッションで、いざ最終セクションだけをノーダメージでクリアしろとかさぁ…(ダメージをもらった時点でフラグが折れるので、チェックポイントからやり直してもダメ!)

エツィオのアバター衣装を着替えることでいつでも強制的にチェックポイントリスタートを行なえるので、覚えておくと役に立つシーンがいくらか。
気づかれてはいけないミッションで、どうやっても隠れきれない状態で周囲の敵の感知ゲージがぐんぐん上昇してきている途中とか、
ノーダメージでクリアしなくてはいけない敵戦車を撃破するミッションで、どうあっても避けられそうにない位置取りで敵の砲を撃ち込まれてしまいそうな時とか…
上にも書いたように失敗した時点で即失敗フラグがセーブされてしまう仕様なので、ホントに限定的な活用ですけどね。

エツィオは「エクセキューション・ストリーク」をマスターしたり、弟子のアサシンを攻撃に参加させたり…と攻撃方面の能力は激しく強化されました。
エクセキューション・ストリークに関しては「10回連続で成功させる」実績もあることですし、早いうちに扱い慣れておきましょう。
基本的には、処刑モーションに入ったら残りの敵のいる方向にスティックを倒しながらXボタン連打でOKです。
攻撃を仕掛けてくる敵は事前にHPゲージが点滅するので、それにしっかりカウンターを合わせられればエクセキューションストリークは継続します。
使いこなせるようになれば、敵の集団が面白いように溶けてゆく!

弟子アサシンもかなり高性能で、弟子を敵兵にけしかけて暗殺させてもそうそう本人の居場所がバレることはありません。
「気づかれることなくミッションをクリアしろ」系のフルシンクロ条件には大活躍です。
視界内の敵を全滅させる「矢の嵐」もやたら便利ですしね。


今作から、シリーズ初めてとなるオンライン対戦モードが追加されました。
プレイヤーたちはアサシンたちと対立するテンプル騎士団の現代での隠れ蓑、アブスターゴ社の社員となり
「来たるアサシンたちとの戦いに備え、バーチャル空間で自らがアサシンとなり、アサシンの殺しの技術を学ぶ」という体になっています。うまい理屈付けです。
本編の現代編にて見ることができた、大量に設置されたアニムス群はこのトレーニングルームだったんですね。

大人数でのチーム戦が基本である対戦システムなので、オンライン実績の解除には最低6人が必要と若干ハードルは高め。
人数さえ揃っていれば招待が可能なプレイヤーマッチでのプレイで大丈夫なので、そこはありがたいのですけれど。
時期を外しに外し切った今回は6人の協力者が集まっているので、そちらでの解除会となりました。

(現在進行形ではあるので、今後追記の予定)

Assassin's Creed II 実績コンプ

Assassins_Creed_2.jpg

Assassin's Creed II

実績wiki★★☆☆☆ XboxA4/10
TAスコア1207 TAコンプ率:70934/259117 = 27.38% (2019/05/24現在)

Assassins_Creed_2_SS_1.jpg

「アサシンクリード」シリーズ2作目にして、この「2」から「Brotherhood」「Revelations」へと続いていく、通称「エツィオ・サーガ」の1作目にあたる作品。

新たな争乱の舞台となるのは15世紀後半のイタリア、いわゆるルネサンス期の時代。
政敵の陰謀により没落貴族となってしまった エツィオ・アウディトーレ (処刑された親父が実はアサシンだった! 俺は何も知らなかったけど! というよくある?展開) の復讐の半生を追体験していくことになります。
カタカナ表記されると「エツィオ」なんですけど、大抵みんな「エッツィオ」って呼んでいる気がします。"Ezio" の発音、イタリア語的にはどっちが自然なんだろう?

ゲーム内容としては前作の正当なバージョンアップ版といえるつくり。
「なんで新しいミッション受けるごとに本拠地から街まで走っていかないかんのや」
「そして毎回街の入り口に検問作るのやめておくれ」
「(実績にかかわる)収集物が多すぎる」
「番兵の追跡性能高すぎる」
「乞食やら気狂いやらがうるさい」
といった前作の主だった不満点はおおむね解消されています。付きまとってくる吟遊詩人は相変わらずうるさいけれど。
街と街の間を気軽に移動できるステーションの導入は実にありがたい。

前作のアルタイルは基本的にソロで戦い抜いてきましたが、今回は仲間と共闘するシーンも多いのがいいですね。
味方と相対している守備兵を背後からアサシンブレードでザクーするのが好きです。ぐへへ。

攻略全般に関しては ASSASSIN'S CREED II -アサシン クリード2- 攻略wiki -
羽根&シンボルパズル集めに関しては AC2F: Assassin's Creed 2 Feather Tracker - Feather Maps が大いに役に立ちました。

実績的に取り返しがつかず、2周目が確定する要素は「飛行の名人」の取り逃しのみ。(DLCを導入しているなら無制限に狙えるようになりますが)
シークエンス8のメモリー5、レオナルド・ダ・ヴィンチ製の飛行機械(グライダー)で宮殿に乗り込むというアツいシーン、まずは落ち着いて実績解除してから先に進むようにしましょう。

前作では450本以上あった旗集めも、今作では羽根100枚+シンボル20か所と大幅に軽減されるなど実績的には「1」よりゆるくなった印象があります。
サブミッション的なものをコンプリートする必要もなくなりましたし(ビューポイントすらコンプリートする必要なし!)。
「長柄武器で5人同時に転ばせろ」「4人に一度に砂掛けを行なえ」「戦闘状態で10人連続ノーダメージで仕留めろ」といった若干技術を要求する実績もありますが、難しいものではありません。

「2」をクリアした段階では、まだ謎に謎を積み重ねていくような物語なところに変わりはありません。
「地球には遥か昔から人間とは違う上位存在がいたんだよ!」「な、なんだってー!」な流れになってきました。どうなるんでしょう。

----

Assassins_Creed_2_SS_2.jpg

ゲームを起動しておけば20分ごとに拠点から少なくない収入が得られるので、お金に困ることはあまりない作品ではあるのですが
どうにもマップにアイコンが表示されると放っておけないタチなので…宝箱も集めきってやったぜ。

Assassin's Creed 実績コンプ

おそらく平成最後の更新です。令和もよろしくお願いいたします。

Assassins_Creed.jpg

Assassin's Creed / アサシンクリード

実績wiki★★☆☆☆ XboxA4/10
TAスコア1492 TAコンプ率:31494/247318 = 12.73% (2019/04/26現在)

Assassins_Creed_SS.jpg

ええと…( TAでカウント中 )…Xbox系列でプレイできるものだけで現在17作(リマスター除く)にも及ぶ一大サーガとなっている、「アサシンクリード」シリーズの記念すべき一作目。
ゲーマースコア70万を超えたような人間ではありますが、アサクリシリーズはこれにて初プレイ。
(…こんなんだから「普段お前何プレイしてんの?」と言われるのです)

時は12世紀末、十字軍とイスラム教が激しい戦いを繰り広げていた時代。
アサシン教団所属の凄腕アサシン「アルタイル」として、数々の標的たちを「平和と自由」のために暗殺していくことになります。
2007年発売(日本では2008年)と古いソフトながら、聖都エルサレムやダマスカス、アッカといった中世の街並みを自由に走り回れる開放感は素晴らしいものがあります。

高いところに登る! 盗み聞きやらスリやら尋問するやらで情報を集める! 十分な情報を集めたら標的をドーン!
基本的なゲームの流れは最初から最後までこんな具合で、あまり変化はありません。よくレビューサイトでも不満点に上げられているポイント。
戦闘で取れる行動パターンがだんだんと増えて、戦術は豊かになっていくんですけれどね。

実績的には、「旗420枚&テンプル騎士60人暗殺」が悪名高い収集物としてよく槍玉に挙げられる作品です。
旗を集めてもゲーム的なメリットは何一つない、本当に集めるためだけの収集物! 嫌いじゃないぜ、そういうの。

Assassin's Creed Interactive Maps
こういうサイトの助けがないと、まったくもって集めきることはできなかったでしょう。感謝感謝。
印の位置に大体のアタリを付け、説明テキストとスクリーンショットから旗を探していきましょう。一つ一つチェックマークが増えていくのはよいものだ。

テンプル騎士たちは真正面から戦うとボスクラスの強敵ではありますが、
・視界外から近づいてアサシンブレードでザクー
・タックルが出来るようになったら、気付かれても構わないので真正面から勢いをつけてタックルして転ばせてアサシンブレードでザクー
すれば簡単にあしらうことが出来ました。楽ちん。

攻略wiki にもあるように、「アサシンブレード装備 → 敵を掴んで投げ飛ばす or 掴み崩しで投げ返す → 転んだ敵に駆け寄ってザクー」の流れを多用するようにしたらだいぶスムーズにゲームが進みました。
ボス格の相手であろうと、投げさえ入れば勝ち確定なのはとてもとても頼もしい…

ゲームを進めていくにあたって、一番気を付けなくてはいけないことは「話術師」解除のためのフラグを折らないことです。
実績wiki にもガッツリ記載されていますが、現代に戻った時にルーシーとの会話をしっかりこなしていくこと!
やり直しのフォローができるとは言え、「記憶の刻印」をスムーズに解除するために軽くボタンをポチポチしながらイベントシーンを眺めるようにしましょう。
これもやり直しができるとはいえ、「教団の後継者」のスムーズな解除のため、全ての暗殺対象を始末する前に「全ての情報を集めきっているか」「全てのビューポイントを発見しているか」「市民救出ミッションを全て終わらせているか」をしっかり確認しておきましょう。

後々まで続く人気シリーズになるのもむべなるかな、今作の時点では相当量の謎と伏線を残したまま物語は閉幕を迎えます。
アサクリシリーズ、ポチポチつまんでいきたいですね。

Darksiders(JP) 実績コンプ

まずは2019年1月の実績サマリーから。

2019_Jan_TA_Stats.png

ほとんど Forza Motorsport 5 漬けの一か月でしたからねぇ。さもありなん。
上手いこと解除できないコミュニティ実績6種が何とかなれば、頭痛のタネもなくなるのですけれど…。


Darksiders_JP.jpg

Darksiders ~審判の時~ (JP)

実績wiki★★☆☆☆ XboxA4/10 (リンク先は海外版)
TAスコア1259 TAコンプ率:205/453 = 45.25% (2019/02/07現在)

Darksiders_JP_SS.png

ゲーム進行に伴い新たな能力やガジェット(装備品)を獲得し、それらを活用してダンジョンでの謎解きや強敵の撃破、そして新たなるエリアへ…というタイプのアクションアドベンチャーもの。
「ゼルダの伝説」とかそういうタイプに近いですかね。雰囲気はだいぶダークダークしいですけれども。
同シリーズの「3」も発売された昨今、今更ながらの360版でのプレイです。

実績的には難易度HARD(最高難易度)でプレイ開始して、収集物の回収などしつつクリアすれば一周でフルコンプ可能なつくりではあるのですが、
最高難易度だと敵からの被ダメがかなり大きめになっており、うまく回避したりガードしたりの技術がないとかなりの苦戦が見込まれます。
幸いにして別の周回で破片10個を回収して「アビスアーマー」(防御力上昇+攻撃に自HP回復効果付与)を完成させれば、ニューゲームの際に別難易度に持ち込むことが可能になるのでかなり難易度が低下します。
NORMAL でクリア → 鎧持ち込みで HARD クリアだと HARD のほうがラクだった、とかそういう感じ。

攻略に関しては DARKSIDERS~審判の時~ Wiki が大変便利でした。
ゲーム攻略順どおりに収集物を並べている TrueAchievements のウォークスルー もとてもとても助かります。

実績TIPS。

・実績が関わる収集物は全て後からでも取り直せます(2度と進入できない場所に対象アイテムは配置されていません)。
・オブジェクトで150キル実績「インプロバイズドキル」は優先順位を高めにして片付けましょう。ゲームが進めば進むほど柔らかいザコが出てこなくなります。
中型雑魚もBボタントドメが出る程度まで削る → 何か投げつけてトドメ で稼ぐのもアリ。
・空中戦イベントで160キル実績「エアリアル プレデター」が実績的には最難関でしょう。
イベント中盤、洞窟内部に突入してからの立ち回りは この動画(音量注意) が秀逸です。とにかく小型雑魚を大量に潰すのが最優先。
・実績「戦闘強堅」には「ハルマゲドンの剣入手+サイスLvMAX+ガントレットLvMAX+剣・サイス・ガントレットのアップグレード・攻撃技を全てLv3まで購入」が必要です。
クロスブレードやマーシーのアップグレードは対象外ですし、ハルマゲドンの剣は手に入れた時点でLvMAXになっているのでカオスイーターのLvを上げる必要もありません。

難易度HARD攻略TIPS。

そもそも難易度HARDでも敵の体力はNORMALと変わらず、攻撃力だけが引き上げられているイメージなので、前述の通りにアビスアーマーを引き継いで開始すればそれほどの難度ではありません。
中盤以降の主力武器としてオススメしたいのはトレマーガントレット。
このガントレットはタメ攻撃が基本アクションになる武器ですが、フルまで溜まり切ったタイミングで攻撃を発動すると威力にどエライボーナスが付きます(スローモーションになる演出つき)。
特に空中からのタメ攻撃「エアトレマースマッシュ」が凶悪な威力を誇るので、ボス戦でも積極的に狙ってみましょう。

ラス能力は「ストーンスキン」をメインで使用してみました。接近しながらタメ攻撃を乱発する戦闘スタイルと、攻撃力&防御力上昇+若干のスーパーアーマー付与は相性◎です。
ほとんど飾りになっていく剣には「レイジ」を刺しておけば多少のラスの補充になりますし、大きな戦闘シーンではどんどんラス能力を発動していきましょう。

360の海外版・One版と「1」だけでもあと2本が控えていたり。そのうちプレイしていきたいところです。

Hitman: Absolution 実績コンプ

Hitman_Absolution.jpg

Hitman: Absolution

実績wiki★★☆☆☆ XboxA6/10
TAスコア1797 TAコンプ率:11059/127117 = 8.70% (2018/05/28現在)

Hitman_Absolution_SS.jpg
\クマー!!/ …の、置物。

人気ステルスアクションシリーズ「ヒットマン」より一本。
スピンオフのパズルゲーム「Hitman GO」こそプレイはしていましたが、本編は初プレイになります。
シリーズ的には既に5作目なので、キャラクターたちの設定や関係性がいろいろと分からない点が出てきたりも…

欧州地域でEU一般データ保護規則が2018年5月25日から施行されるのに伴い(詳しくは GDPR で検索をどうぞ)、オンラインモードが一時的にプレイできなくなる…
とのことだったので、いい機会とみてプレイ開始してみました。

"沈黙の暗殺者"こと 47 のトレードマークといえば黒い高級スーツですが、任務の遂行のためには時に警備員や一般人の服を奪い、変装することも重要です。
「警備員でいっぱいのあの温室を安全に通過したい…よし! 温室で作業をする庭師の衣装ぶんどって変装したろ!」といった具合。
殺害ターゲットはマフィアの用心棒としても活動している悪役レスラー…対戦相手である覆面レスラーのマスクを奪い、47が代わりに対戦に出場! リング上で正々堂々ぶちのめーす! のシナリオ展開は面白うございました。

実績的には
・コントラクトモード(ユーザー制作のミッションで遊ぶモード)関連実績の消化。この記事の投稿時点では既にコントラクトモードをプレイすることは出来ません。
「罪の赦し」を目的に、難易度 HARD以上 で証拠品の回収を行ないつつストーリーを一周。
「グランドマスター」(チャレンジ100個クリア)や「情報は力なり」(証拠全回収)が未解除だったら難易度を NORMAL に下げてフォロー。
・難易度 EASY で未達成のスペシャルレーティングや細々した実績を埋める。
といった流れ。

実績コンプまでが目標でしたら、各ステージの全チャレンジを達成する必要はありませんし(全278個中100個でよい)、
リザルトで表示されるので何となく埋めたくなってしまう「各ステージに配置されている(敵が所持しているものも含む)アイテム・武器全種類を一度は手に取る」にも熱を上げる必要はありません。

人気シリーズ作ですから、YouTubeにこれでもかとプレイ動画が投稿されています。
他の人のプレイの様子を見ていると、全然知らなかったイベントを活用していたり、攻略テクニックの幅広さに驚かされます。
中には難易度HARDどころか、最高難易度のPURISTで「ノーキル・ノーアラート・変装無し」という縛りプレイをしているとんでもない人も…

Hitman Absolution - Prologue: A Personal Contract - Hard Difficulty Walkthrough - Absolution Guide
この投稿者の方の一連の動画シリーズが大きな助けになりました。基本的にノーキル・ノーアラート、証拠回収対応済み。
実績的にはノーキルノーアラートにこだわる必要はほぼないので、ある程度はゴリ押ししてしまっても問題ありません。
次のページ