Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Sherlock Holmes: Crimes & Punishments(Xbox One) 実績コンプ

GTASCはピリオド19に。しまった、今回のホームズさんのぶんを少しは今週分に回せばよかった。
脱落して久しいLeap Frogはなんかもうピリオド40なんですけど。まだ50人くらい残っていらっしゃるんですけど。

SH_CP_Xbox_One.jpg

Sherlock Holmes: Crimes & Punishments(Xbox One)

実績wiki:★☆☆☆☆ XboxA:2/10
TAスコア:1371 TAコンプ率:828/2792=29.66% (2015/05/25現在)

箱○版と同内容です。
でも、箱○版よりTAスコアが170くらい高かったり、コンプ率が20%くらい低かったりします。
縦マルチでわざわざ箱○版も買うような酔狂な人は…ということでしょうね。うむ。酔狂な人ことちあふるです。

箱○版では、全ての事件を「Condemn」ルートで解決していったので、箱1版では「Absolve」ルートを選んでいくことにしました。
事件によっては「あなたの犯行に及んだ事情はじゅうぶんに理解できる、あなたの罪は許されるべきだ。ほとぼりが冷めるまで海外にでもお逃げなさい。警察には私が誤魔化しておく」という展開になることも。
というか、どの事件でも被害者さんはいろいろ恨みを買い過ぎである。

「Absolve」一貫ルートを選ぶ際に、注意しておくこと。

最初の事件においては、真犯人の告発に「Absolve」を選択すると、実績「Bruiser」を解除するための格闘シーンが発生しません。
他の事件については「Absolve」側の選択でも問題はないので、1周での実績コンプを狙う際には
「まずは『Condemn』を選択して『Bruiser』を解除→『Replay Ending』から『Absolve』ルートを再選択」しておきましょう。

5番目の事件で訪れる植物園にて、箱○版だと全力ダッシュで建物の扉を開けては進み、開けては進み…とやると
読み込み待ちで強制的に立ち止まらされることが頻繁にあったのですが、箱1版だとそのあたりはとてもスムーズ。
次世代機感、次世代機感。


Holmes_Series.jpg
これにて現時点で発売されている「シャーロック・ホームズ」シリーズ、全作の実績コンプ完了です。
箱1版C&Pの実績コンプの前に並び替えをし忘れるという致命的なミスをやってしまいました。なんたること。
どうして箱1のソフトは「起動日時が新しい順」じゃなくて「最後に実績を解除した日時が新しい順」で並ぶんやー!

FC2Ad