Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 「今さら」は褒め言葉。

Infinity Runner 実績コンプ

Infinity_Runner.jpg

Infinity Runner

実績wiki★★☆☆☆ XboxA:未掲載
TAスコア1877 TAコンプ率:302/3739 = 8.08% (2017/06/22現在)

超巨大宇宙船「インフィニティ」の中で何かの研究のため? 捕らえられていた人狼の男性。
長きにわたって冷凍保存されていたはずの彼がポッドの中で意識を取り戻したとき、謎の女性の声が響きます。「走れ、ここから逃げろ」と。
かくして始まる人狼の逃避行。彼の明日はどっちだ。

Infinity_Runner_SS_1.png

典型的なラン系ゲームです。狭い通路を自動走行で進み、次々現れる障害をジャンプ(RT)・スライディング(LT)・左右への走行レーン変更(LS←→)で回避し、時には警備兵と戦闘(QTE)し…。
ゲームルール自体は非常にシンプルなんですけれど、割と走行スピードが速いのでちょっと難易度は高め。

Infinity_Runner_SS_2.png

殴り倒した警備兵をストンプキルするシーン。
操作する自キャラは前述のように人狼男性なんですけれども、ZE☆N☆RA で爆走することになります。ポッドに閉じ込められてたから仕方ないね。
ゲーム内ではどうせ手足の先くらいしか映らないので、せっかくなら女性ということにすれば一部層にウケたかもしれない。

難易度はイージー・ノーマル・ハードの3種類が用意されています。

◆イージー

・走行スピードは比較的緩やか
・90度ターンやT字路でターン方向のガイドが表示される
・トラップの回避方法はシンプルなものがほとんど
・トラップにぶつかっても若干の被ダメで済む(モノによってはもちろん即死ですが)
・5ミスまでOK

◆ノーマル

・走行スピードがやや上昇
・90度ターンやT字路でターン方向のガイドが表示されなくなる
・トラップは複雑になってくる
・トラップからの被ダメ上昇
・3ミスまでOK

◆ハード

・走行スピードはさらに上昇
・ターン時のガイドはノーマルと同様に非表示
・トラップはさらに複雑なコンビネーションのパターンも
・ほぼすべてのトラップが即死の威力
・1ミスだけOK

なお、ストーリーモードでは全難易度においてステージ中のトラップ配置にランダム要素は一切ありません。
同じステージなら毎回同じコースを走ることになり、同じ順番・同じ配置でトラップが出現してきます。
T字路で左に曲がろうと右に曲がろうと、その先の展開に変わりはない…はず。

Infinity_Runner_SS_3.png

各セクターに1つずつ、収集物であるアイテムコンテナ的なものが配置してあります。(分かりづらいですが、画像内の赤丸で囲ったもの)
大抵は広めの部屋の空中に浮いています。素早くジャンプしてキャッチしましょう。
一度獲得したものは他の難易度も含めて二度と出現しなくなります。安心設計。
リザルト画面にて「そのセクターの収集物を回収済みか」は確認できますが、ステージ選択画面からでは確認できません。必要ならメモを。

実績一覧だけを眺めていると、「ハードで各ステージをクリア」実績があるくらいだな、と何となく安心したくもなりますが
「ゲーム内チャレンジをコンプリートする」ということに等しい実績「Bigger, Faster, Stronger」(ウルフ・レベルを最高まで上げる)の解除のために、
「難易度イージー・ノーマル・ハードの全ステージ(7ステージx2セクター)をノーデスクリア」を達成する必要があります。落とし穴!
難易度ハードで全ノーデスクリアを達成してもイージーとノーマルは達成したことにしてくれないようなので、結局全ての難易度でノーデスクリアの必要があります。

ウルフ・レベル6の達成のためには、
・難易度ハードの全ステージをノーデスクリア
・累計400,000メートル走破
・データパケットを累計10,000個取得
・戦闘に累計250回勝利
・インフィニティモードで30,000点獲得

する必要があります。
累計3種はプレイを重ねていれば勝手に終わる(400,000メートルはちょっと骨ですが)ので、問題はノーデスクリアとインフィニティモード30,000点です。

…さて、ひどい抜け穴が2つあるのでご案内しましょう。

「ノーデスクリアを達成したい難易度」で、「ノーデスクリアを達成したいセクター」のプレイを開始します。
プレイが始まり、操作できるようになったらポーズを掛けます。そして「LEVEL SELECTION」を選択し、ステージ選択画面に戻ります。
すると何故かノーデスクリアの印が付きます。 なんということでしょう。
なお、この方法では当然ながら次のステージのアンロックはなされません。一度各難易度で最後までストーリーをプレイしてから行ないましょう。

もう一つの抜け穴。

アーケードモードでプレイできるインフィニティモードは、難易度ノーマル相当? くらいからプレイを開始し、次第に難易度が上昇していくエンドレスモードです。
プレイ中にはスコア表示はされていませんが、スコア30,000点("CLASS S RUNNER"と表示されるあたり)の獲得にはおよそ20分ほどのランニングが必要になっています。

抜け穴が何かと申しますと、「チャレンジ要件には"インフィニティモードで○○点"と指定がされているのに、実際にはアーケードモード全てが対象」ということです。
つまり「アーケードモードのスコアチャレンジ50,000点を難易度イージーでプレイ」でも、30,000点を越えればOKということ。
インフィニティモード以外なら走行速度が遅い難易度イージー設定ができるうえ、スコアチャレンジモードなら常にスコアが表示されているので、精神的にもかなり楽になります。
(ただしアーケードモードの難易度イージーはターン方向のガイドがなかったりと、ストーリーモードとは若干異なります)

アーケードモードで長く生存するためのポイントとして、重要なのは「ウルフモード発動アイテムを手に入れたら温存し、壊せる壁が現れた時に使用してダクトに突っ込む」のを多用することです。
Bridge のコースでは壊せる壁は赤く光るのでわかりやすいですが、Engineering や Brig、Monorail といったコースでも T字路の突き当りにエアダクトが設置してある壁 は破壊できるようになっています。
エアダクト内はまったくの安全地帯ですし、ウルフモード中のマグネット効果も手伝って1ライフ獲得するくらいのデータパケットを集められるボーナスゾーンです。
しかもアーケードモードでは、ダクトを通過すると トラップの回避が(比較的)容易な最初のステージに戻ってくる というおまけまでついています。メリットしかない!
ただし、エアダクトを抜けて着地した直後は非常に視界が悪く、処理しきれずミスをしてしまうパターンに出くわすこともあります。
着地前後でいったんポーズを掛け、3カウントのスローモーション状態で再開するとよいでしょう。
ここに限らず、ポーズからのスローモーション再開は割とゲーム全般で有効だったりします…。

頻発する「チャレンジの進捗状況が正常に表示されない」問題について。
「ストーリーの難易度○○をクリアしたのにグレーアウトしっぱなし」「累計○○を達成して、ゲージは一杯なのにグレーアウトしっぱなし」という事案がかなり頻繁に発生しました。
「ゲームを再起動する」「一度サインアウト・サインインし直す」「一度本体の電源長押しでキャッシュクリアをかける」「ストーリーについては最終面をもう一度クリアし直す」など試してみましょう。
「インフィニティモードで○○点」の達成状況がゼロになったりもします。仕方がないのでもう一回プレイしましょう。

その他の特殊な実績「Air Wolf」(ウルフモード中に宇宙空間に飛び出す)については、
アーケードモードにてウルフモード発動アイテムを獲得したら温存しておき、Ship Exterior エリアによくある 宇宙空間でのロングジャンプ の手前でウルフモードを発動し、ジャンプするだけです。
アーケードモードを回していれば、そのうち解除チャンスが巡ってくるでしょう。

Baseball Riot 実績コンプ

Baseball_Riot.jpg

Baseball Riot

実績wiki:未掲載 XboxA:未掲載
TAスコア1540 TAコンプ率:855/2981 = 28.68% (2017/06/21現在)

Baseball_Riot_SS.png

「Tennis in the Face」と同じ開発会社のゲーム。(ただし、こちらが先発)
向こうはテニス、こちらは野球とモチーフになったスポーツは違いますがやることは同じアングリーバード系ゲームです。…野球のボールを顔面にぶつけるってヤバない?

Baseball Riot ではテニスのほうとは評価ルールが少し異なり、「敵全員を倒したうえで、ステージ内に配置されている★を取得した数で評価が決まる」となっています。
また、一打で敵3人を倒すことでエキストラボールが貰えるようになっています。
例によって多くのステージでクリア評価★3にこだわる必要はありません。最低限次のリージョンをアンロックできるだけの数を稼いでいければOKです。
一部リージョンでは「全ステージで★3」だの、「リージョンスコア(★評価+ボールを余らせてクリアしたボーナス)の合計を40以上に」といった厳しい実績設定がなされていたりしますが。

今回の実績設定は、8つあるリージョンのそれぞれに実績が2つずつ割り振られる形となっています。
自然に解除できるものから、完全なる一発芸を要求されるもの、ガッツリと攻略していく必要があるもの、と様々です。

◆リージョン1

●1打で5人の敵を倒して「Sparing Bounces」解除
Baseball Riot - Sparing Bounces - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
1-10。

●1ステージ中にエキストラボールを2個獲得して「Extra Balls」解除
Baseball Riot - Extra Balls - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
同様に 1-10。

◆リージョン2

●爆発を使わず、1打目でステージの敵全員を倒して「Home Run」解除
Baseball Riot Home Run Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
2-11。

●リージョン2の全ステージで、少なくとも★2の評価を獲得して「Two Stars」解除
Baseball Riot - Two Stars - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)

◆リージョン3

●1打で100バウンドさせて「100 Bounces」解除
Baseball Riot - 100 Bounces - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
3-1。要精密調整。

●1打で敵5人をヘッドショットして「Baseball In the Face」解除
Baseball Riot - Baseball to the Face - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
3-4。指差し棒で顔面を防いでいるときはヘッドショット判定が出ません。狙う位置だけでなく、タイミングも考えて。

◆リージョン4

●1度の爆発で敵6人を倒して「Explodz Junkie」解除
Baseball Riot - Explodz Junkie - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
4-6。

●1つのステージで、ガラス板10枚を破壊して「Glass Destroyer」解除
Baseball Riot - Glass Destroyer - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
4-7。

◆リージョン5

●1打で自販機3つを破壊して「Vending Champion」解除
Baseball Riot - Vending Champion - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
5-1。
動画では真っ新な状態から1打で3つの自販機を完全に破壊していますが、「何打か使って自販機に壊さない程度にダメージを与えつつ、とどめの1打で3つ破壊」の流れでもOK。

●1つのステージで4つのエキストラボールを獲得して「Foursome」解除
Baseball Riot - Foursome - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
5-10。

◆リージョン6

●最初の1打で敵を全滅させ、かつ★3を獲得して「Star Batter」解除
Baseball Riot - Star Batter - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
6-1。非常にトリッキー。

●リージョン6の全てのステージで★3を獲得して「All Star」解除
Baseball Riot - Region 6 - 3 Stars (YouTube)

◆リージョン7

●1打で4人の科学者を倒して「Unforeseen Consequences」解除
Baseball Riot - Unforeseen Consequences - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
7-1。

●1打で3つのブリーフケースにボールを当てて「Cash Cow」解除
Baseball Riot - Cash Cow - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
7-5。

◆リージョン8

●最初の1打でステージの敵全員をヘッドショットで倒して「Mad Batter」解除
Baseball Riot - Mad Batter - Achievement Guide (Xbox One) (YouTube)
8-12。これも指差し棒のタイミングに注意。

●リージョン8のリージョンスコアを40以上にして「Perfect Batter」解除
Baseball Riot Perfect Batter Achievement Guide (YouTube)
各ステージの★評価+★3を取った際にボールを余らせていれば個数分ボーナス、の合計を40以上で実績解除。全ステージを★3にする必要はありません。
スコア40に到達しているのに実績解除されない、という場合はリージョン8のどこか適当なステージを再クリアしてみましょう。

Super Toy Cars 実績コンプ

GTASCはピリオド24へ。

今週はボーナス(個人の獲得GSが2017の倍数)狙いもあってガッツリ稼いでくれている人が多かったのもあり、安泰の通過でありました。
…うん。計算間違えたね。自分の分、気が付いたらガッツリ2017踏み越えてたね。
や、やろうと思えば4034まで持っていってリカバリーはできたし! 今後のために取っておいただけだし! (負け惜しみ)


Super_Toy_Cars.jpg

Super Toy Cars

実績wiki:未掲載 XboxA4/10
TAスコア1420 TAコンプ率:1333/3470 = 38.41% (2017/06/19現在)

Super_Toy_Cars_SS.jpg

おもちゃのミニカーたちの繰り広げるレースゲーム。 Toybox Turbos とは特に関係ありません。
ドリフトによるターボチャージあり、コース上のアイテムボックスから攻撃アイテムを拾う要素あり、とカジュアルなアーケードレーシングスタイルの作品です。

実績的には
・キャリアモードを最後までクリア、全48個のイベントを全て1位にする
・特定車種の「30分使用」「50km走行」を片付ける
・全ての車種を購入し、それぞれを完全にアップグレードする
「累計100マイル走行」「累計エアボーン10分間」「累計ドリフト走行42km」をこなす(自然と解除されると思いますが)
・2コンを使用してローカルマルチプレイを遊ぶ
すればOK。

車種は大きく分けて「直線に強く、わりと普通のレースゲーム寄りでプレイするタイプ」「ドリフト&ブースト重視でプレイするタイプ」が存在しています。
クルマの購入画面で「ドリフト」の値がやたら高いのは後者のタイプに該当します。
一番高価なフォーミュラカーのような見た目のやつは、この上なく直線番長ですね。ちょっとした急カーブも曲がり切れない!
どちらかというとドリフト&ブーストプレイを基本スタンスとしているゲームなので、こちらのタイプのクルマのほうが何かとプレイしやすいかと思われます。
「直線も含めてずっとドリフト&ブーストしっぱなし」なんてムチャな走行もクルマによっては可能になっており、なかなか独特のプレイ感覚です。

キャリア全1位を埋めても「全車種購入&全アップグレード」をこなすだけのお金には足りていないと思われるので、
「特定車種で30分プレイ or 50km走行」もできればキャリアモードでこなしていくとお金も入るのでグッド。
ちょっと一線級からは下がるクルマでも、制限タイムがかなり緩めに設定されていることが多い「タイムトライアル」系のイベントなら賞金は稼ぎやすいです。

INSIDE 実績コンプ

INSIDE.jpg

INSIDE

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA1/10
TAスコア1231 TAコンプ率:12001/21210 = 56.58% (2017/06/15現在)

inside - 内部、内側、(歩道などの)車道より遠い部分、家寄り、内部事情、内幕、人の腹の中、本性、おなか、腹。 (Weblio辞書より)

傑作2Dプラットフォーマーとして知られる「LIMBO」を制作したところの新作です。
今回も LIMBO 同様に、ストーリーに関して一切の文章や音声による説明はありません。
(※この記事ではネタバレには触れない方向なのでご安心ください)

「追われに追われて一人きり、少年はいつのまにか闇のプロジェクトの中枢に引きずり込まれていた。」との公式コピーがつけられています。明文化されている内容はこれくらい。
少年は何かに追われるかのように、トラップを掻い潜りながら右へ右へと逃げて…進んでいきます。

警備員がうろつく鬱屈とした森。人の気配のないトウモロコシ畑。家畜の死骸だらけの畜舎。打ち捨てられた研究施設。廃人と化した自意識のない人間たち。浸水したオフィス。
地上では何があったのでしょう? 地下深くまで広がるこの研究施設はいったい何のためのものなのでしょう?
…残念ながら、ゲームの中では何一つ明確な答えを与えてはくれません。

実績構成としては、全ての実績がストーリーとは直接関係のないものになっています。
本筋とは少し離れた場所に隠されているシークレットを見つけることで実績解除がなされます。これまた LIMBO と同じ作りですね。
むしろクリア実績も存在しないので、より悪化しているともいう。

INSIDE_SS.jpg

ストーリー中の各所に隠されている、総勢13個のプラネタリウムの機械のような謎のオブジェクトを全て破壊すると、最後の14個目のシークレットにアクセスする権利を得られます。
この14個目のシークレットによる実績解除で実績コンプとなるのですが、ここでゲームをやめてしまうのは勿体ありません。
そこから少し進んでいくことで、物語は急転直下の展開を迎えます。そして衝撃のラストへ。
「…で、つまりどういうことだったの?」と多くの人が思うことになるでしょう。なりました。
「Inside 考察」でググってみると、いろいろ興味深い話が出てきますね。クリアするまで見てはいけませんよ!

Shred It! 実績コンプ

GTASCはピリオド23へ突入。
…もうこれ、今年は足切り緩やかにはしないのかな。相変わらず下位4チームが脱落であります。

今週の個人ボーナス条件は「ピリオドでの獲得GSが2017の倍数」
2017GSで終わらせるとなると、TAレシオ高めのものを多めにしないとちょっと危ない数字。
4034GSまで稼ぐとなると…単純にちょっと大変。
…さて、どうしたものか。


Shred_It.jpg

Shred It!

実績wiki:未掲載 XboxA2/10
TAスコア1988 TAコンプ率:882/2145 = 41.12% (2017/06/12現在)

Shred_It_SS.jpg

ペーパークラフトで出来ているような世界を颯爽と滑り降りていく、アーケードライクなスノーボードゲーム。
…ファイナルファンタジー7でこんなの見た気がする! エレキ・デ・チョコボ!

ゲームモードは
・メインモードである「ENDLESS SLOPE」
・制限時間以内に次のステージへの到達を目指す「CHECKPOINT CHALLENGE」
・障害物も少なく、制限時間もライフ制限もない練習・お気楽滑走用の「CHILL SESSION」
の3種類。

◆ENDLESS SLOPE

STAGE 1:開始地点
STAGE 2:木々が青々とし、青空も広がる夏のような風景。ドングリが登場し始める
STAGE 3:谷間に架けられた木の橋を渡る仕掛けが出始める
STAGE 4:雪が降り始める。飛び飛びの足場をジャンプで渡って谷間を越える仕掛けが出始める
STAGE 5:秋のような風景。左右の半分が谷間になる仕掛けが出始める
STAGE 6:それ以降。右上に大きな月が浮かんでいる夜の風景

これらのステージを滑り降りていきましょう。

初期ライフは1、一度だけは転倒・落下が許されています。ライフが0のときにさらにミスしてしまうとゲームオーバー。
コンティニューはできますが、その費用はどんどん値上がりしていきます。しかもライフ0での復活なのでなかなか厳しい。

一度の滑走で「ドングリを多く獲得」したり、「多くのジャンプトリックを成功」させたり、「ステージ内に3つずつ配置される黄金の羽根を多く獲得」することで実績が解除されていきます。
特に黄金の羽根に関しては「1プレイで15個」と多めの数が要求されているので、ほぼパーフェクトなプレイが必要です。
ステージ4までパーフェクトで12個収集、でもゲームオーバーになってしまった…! などというときこそ、コンティニューの使いどころ!

ステージ内に、ステッカー が入ったプレゼントボックスが配置されています。
配置パターンはステージ 1・3・4・5 か ステージ 2・4・5 のどちらか。
ただし、ライフが1残っている状態でないとステッカー入りのプレゼントボックスは出現せず、代わりにライフ回復アイテムに化けます。
ステッカーは1ステージごとに4種類が用意されており、どれが手に入るかは毎回ランダムのようです。
当然のごとく、この ステッカーを20種類集めきる 実績が用意されているので頑張りましょう。

例えばステージ5のステッカーを手に入れるためには、ステージ4をライフを残したまま完走する必要があるわけです。
ステージ4は谷越えの際に接地判定がおかしくなるのかジャンプが利かなくなってなすすべなく墜落したり、おおよそ画面半分をカバーする凶悪な攻撃範囲のクマが出現する鬼門スポット。
とにかく先のステージのステッカーを優先的に集めるのがポイントですから、練習がてらたくさんプレイしてコツをつかみましょう。
…まあ、やっぱり最終的にステージ5のステッカーが残るんですけどね。

危険回避に役立つ2段ジャンプ能力を持った Cosmo か、小柄なのでBボタンによるしゃがみ操作が必要なくなる Penz をプレイヤーに据えてのチャレンジがよいでしょう。


◆TIME CHALLENGE

このモードはライフ制ではなく、時間制です。転倒はたんなるタイムロス。
昔のアーケードスタイルのレースゲームのように、タイムオーバー前に次のステージへたどり着きましょう。
ステージに散らばる葉っぱを10個回収するごとに制限時間がわずかに回復します。
制限時間ギリギリなほど回復量も増えるので、最後まで諦めないように!

ステージ5を完走できればクリアとなり、実績「Timed Traveller」が解除されます。
とりあえずクリアしたい! という場合は、アイスバーンによる操作反転を無視できる Frappe が割といい感じでした。
コンスタントに葉っぱを取り続けなければいけないゲームモードなので、操作に悩まされないのは大きなアドバンテージ。

なお、タイトルアップデートにより「キャラクター7人それぞれでタイムチャレンジをクリアする」実績が追加されています。
「ええ…難しくてそんなの無理…」という人には、明らかにバグっぽい挙動による抜け道がTAに紹介されていたので、こちらでもご紹介。

「タイムチャレンジを○○でクリア」実績を解除したいキャラで、TIME CHALLENGE ではなく CHILL SESSION を開始します。
CHILL SESSION で安全に滑走を続け、ステージ5の秋ゾーンを通過してステージ6の大きな月が夜空に光るゾーンに到達したら コントローラーから手を放してしばらくの間放置します。
放置しているとやがて勝手にプレイヤーが滑走をやめてしまいます。コンティニューするかどうか聞かれますが、当然のようにスルー。
すると、その後に表示されるリザルト画面で 何故か「タイムチャレンジを○○でクリア」実績が解除されます。
ゲーム内ストアで確認できる、タイムチャレンジクリア済みキャラにもしっかり反映されます。
ただし、本編実績の「Timed Traveller」(タイムチャレンジをキャラ問わずクリア)はこの手段では解除されないので、少なくとも一回は自力でクリアする必要があります。


衣装購入実績には最低2500クリップ、ボード購入実績には最低100クリップが必要です。
クリップを貯めるには「葉っぱをたくさん集める」「ドングリを拾う」「ジャンプトリックをキメる」「時おり低木に留まっているフクロウにジャンプして体当たりする」「ダブったステッカーを売却する」などなど。
コンティニュー費用が最低100クリップからでそこから倍々に値上がりしていきますから、お財布事情は計画的に。

本編実績の「Completionist」はいわゆる「全実績解除」実績ですが、これにはタイトルアップデートで追加された実績も含みます。
「本編実績は全部終わらせてるやん!」と焦らないように。
次のページ

FC2Ad