Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

The Raven 実績コンプ

飄々とした弓使いのおっさんは出てきません。

The_Raven.jpg

The Raven: Legacy of a Master Thief

実績wiki:★☆☆☆☆ XboxA:2/10
TAスコア:526 TAコンプ率:176/639=27.54% (2014/08/03現在)

"But Inspector!"

スイスの警察官、Zellner巡査を操作して、怪盗「The Raven」にまつわる事件を解決しよう!
何となく、Zellner巡査が「名探偵コナン」の目暮警部に見えて困る。

3つのエピソード仕立てのポイント&クリックアドベンチャーです。推理小説を読む感覚でプレイしましょう。
実際にはZellner巡査を操作するのは黒幕が判明するエピソード2の中盤までで、
そこから先は事件の裏側…犯人側の人物が「事件が起きた時に何をしていたか」を追体験していくことになります。

オブジェクトにハマって身動きが取れなくなったり、延々同じ会話が自動で繰り返されて「しいたけ→Y」のコンボを決めるしかなくなったり、
会話をしているキャラの口元のポリゴンが崩壊して恐ろしいことになったりと、ちょくちょくバグが目につきます。
オートセーブを過信せず、セーブはこまめにとっておきましょう。

明かりが少ない中を探索するシーンがしばしば挟まれますが、これが遠慮なく暗くて非常に困ります。
テレビの調整をしてもまだまだ暗いと感じるくらい。


攻略に関しては、こちらのWalkthroughサイトに頼りっぱなし。
Steam版(PC版)に対応したものですが、XBLA版の完全攻略にも問題なく適応できます。

基本的には、「公開実績はストーリー進行で解除」「秘密の実績は寄り道で解除」と分けられています。
秘密の実績の中には、「会話中の選択肢で、ストーリー上適切な推理をし、正しいものを選ぶ」というものもありますが
まぁ困ったらウォークスルーを見ましょう、ということで。

ウォークスルーを参考にした上で、実績的に詰まりそうなポイントはこのあたり。

Episode 1の終盤に、Baronessの客室を捜査し、手がかりを探すシーンがあります。
ここで「客室内の全てのオブジェクトを調べろ」という実績「Crime Scene Investigator」があるのですが、
これが『素直に解除されないバグ持ち』との報告が海外フォーラムに多数上がっています。
客室の扉を開ける前にセーブデータをとっておき、

・解除されなかったらロードしてやり直してみる
・オブジェクトを調べる順番をウォークスルーとは異なる順番に変えてみる

といった手段が有効。

Episode 2の終盤、実績「Traveler」の解除タイミングについて。
ウォークスルーに記載されているタイミングよりは、やや後ろでの解除になります。
具体的には、操作キャラが箱から脱出できた時点で解除です。そのままカットシーンの流れでEpisode 2は終了。

Episode 3をクリアすることで、「全てのExtraをアンロック」する実績「Completionist」も同時に解除されるはずです。
Extraのアンロックには一定のスコア(謎解きを進めていると、たまに右上に表示されるアレです)が必要? という話もあり、
あまりにもXボタンによるヒント(使うたびにスコアが減少します)を乱用しているとマズいのかも? 未確認。

★夏のXBLA祭り (220/???)
01. Farm Frenzy 2
02. FEZ
03. Dream Track Nation
04. geoDefense
05. geoDefense Swarm
06. Cracking Sands
07. Bejeweled Live +
08. Track and Field
09. Swarm
10. The Cave
11. Narco Terror
12. Wordament(Android)
13. SkyDrift
14. Sam & Max Save the World
15. Sam & Max Beyond Time and Space
16. Sensible World of Soccer
17. Fruit Ninja
18. Ben 10 Alien Force: The Rise of Hex
19. The Raven

FC2Ad