Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Mr. Pumpkin Adventure 実績コンプ

まずは6月のサマリーから。

2018_Jun_TA_Stats.png

先月は個人的にはマイトアンドマジックの月でしたな。
Forza Horizon 2 をプレイし始めたので、今月はゆっくり目のペースになりそうです。


Mr_Pumpkin_Adventure.jpg

Mr. Pumpkin Adventure

実績wiki:未掲載 XboxA1/10
TAスコア1044 TAコンプ率:3504/4116 = 85.13% (2018/07/02現在)

Mr_Pumpkin_Adventure_SS.jpg

手書きイラストで表現された不思議な世界で繰り広げられるポイント&クリック式アドベンチャー。
「キャンドルちゃん」同様、中国デベロッパーによる作品なのでゲーム内のそこかしこに中国語が見受けられます。
本ゲームも 中国本国版 は別実績扱いになっています。手に入れてプレイするまでのハードルは相変わらずとても高いですが。

ほとんど説明がなされないままストーリーが進行していくつくりになっており、いろいろと難解です。
結局このカボチャおじさんは誰なんだいったい…
(昨年のGTASC中にプレイしていて途中で止めていたソフトなので、すっかり中身を忘れているのもありますが)

TAスコアとコンプ率から分かるように、(解法を知っていれば)超ヌルゲーな一本です。
100%ウォークスルー動画(YouTube) の長さが30分未満に収まるあたり、お察しください。
TAによるテキストウォークスルーは コチラ から。

Hitchhiker 追加実績その2コンプ

Hitchhiker_TU2.jpg

Hitchhiker

実績wiki★☆☆☆☆ (追加実績言及なし) XboxA2/10
TAスコア3729 TAコンプ率:23/444 = 5.18% (2018/06/29現在)

ヒッチハイカーに2回目のタイトルアップデートでさらなる実績追加が!
2回目は500GS、実績12個の追加です。相変わらずの大盤振る舞い。

今回のタイトルアップデートでは街の区画がさらに拡大し(要レベル20?)、大きな新要素として「ヘリコプター・電車の導入」「タイムトライアルモードの追加」があります。
街なかにヘリポートや電車の駅が追加されており、その入り口のすぐ近くに自キャラを連れていくことでヘリ・電車を利用できるようになりました。
異なるヘリポート、異なる駅へと 時間を消費することなく 移動できます。(リアルタイムで移動しますが、移動中はタイマーが停止します)

●新規追加された区画にアクセスして「Old But New」解除
起動時に解除されました。要レベル20?

●アヒルたちに話しかけて「What The Duck」解除
中央部分あたりを流れている川に、カラフルなオモチャのアヒルたちが泳いでいます。クリックして話を聞いてみましょう。

●ヘリに乗って「I Can See My House From Here」解除
●公園を散歩して「Walk In The Park」解除
公園は右下の区画。ヘリを使わないとたどり着けません。
公園でヘリから降りて "Walk" を選び、公園を一周するのを見届けると実績解除。ここでも時間は消費しないので安心。

Hitchhiker_TU2_SS_1.jpg

なんだかえらく不気味な公園だな!

●電車に乗って「Full Seam Ahead」解除
●電車に乗り、一周したあとに乗り込んだ駅で降りて「Freight Hopping」解除
中央を縦断するルートは一周扱いしてくれるのかしら…いちおう外周を一周するルートのほうでやりましたけれど。

●クルマ、電車、ヘリを利用してミッションをクリアして「Holy Trinity」解除
3種を使用した段階ではポコンは来ず、ミッションクリアの時点で解除されたのでおそらくクリアが必要なのでしょう。
アイテムを大量に乱用したくないのであれば、ある程度スタート地点とゴール地点を吟味しましょう。

●踏切での電車待ち車列の先頭になって「Safety First」解除
踏切は中央の線路が縦断している部分にあります。
あまり意識せずに解除できてしまったのですけれど、狙うのであれば電車が通りがかるタイミングと自車のタイミングを必死にアイテムで調整する必要があります。
アイテムを無制限に使用できるチャレンジモード中に狙うのがいいですかね。
もしくは、オーバーテイクモードを利用して踏切を渡った直後の対面車と向かい合った状態にして電車待ちをするとか。

●タイムトライアルモードを完了して「Chasing Time」解除
●タイムトライアルモードでAランク評価をゲットして「Top Of The Class」解除
タイムトライアルモードは、制限時間のある中(とはいっても相当緩い)一人また一人と目的地に送り届け続けるモードです。
一人を目的地に到達させるたびに、ある程度の制限時間とアイテムが回復します。
あまり他でコインを使うこともありませんし、いくらかショップで必要なアイテム(DirectionとかDirectionとかDirectionとか)を買い足すのもよいでしょう。

Hitchhiker_TU2_SS_2.jpg

厳密な基準はわかりませんが、10人クリアでAランクを貰えました。

●観光スポットを見つけて「Sightseeing」解除
●全ての観光スポットを見つけて「All Seeing」解除
タイトルアップデートにて、マップの各地に6体の像が追加されました。

Hitchhiker_TU2_SS_3.jpg

キャラクターを近くに移動させる必要はなく、像をクリックすれば双眼鏡マークが出るので6つの像全てに対してアクションを行ないましょう。
左上区画に1つ、右上区画に3つ、左下区画に2つ配置されています。

----

Hitchhiker_TU2_First_Complete.png

追加実績1番乗りとったどー。

Might & Magic: Clash of Heroes 実績コンプ

Might_and_Magic_Clash_of_Heroes.jpg

Might & Magic: Clash of Heroes

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA3/10
TAスコア485 TAコンプ率:1678/36153 = 4.64% (2018/06/26現在)

Might_and_Magic_Clash_of_Heroes_SS.jpg

RPGの老舗として知られる「マイト・アンド・マジック」シリーズの派生作品であるシミュレーションRPGシリーズ「ヒーローズ・オブ・マイト・アンド・マジック」の5作目、
「ヒーローズ・オブ・マイト・アンド・マジック 5」の前日譚にあたるスピンオフ作品がこの「クラッシュ・オブ・ヒーローズ」になります。フクザツ。
2009年にニンテンドーDSで発売されていたソフトの移植版だったりもします。
ところで Clash なのか Clush なのか Crash なのか Crush なのかよく分からなくなったりしません?

ゲームジャンルは、本家とも派生先とも異なる「パズルストラテジー」とでも申しましょうか。
パズルクエスト的なものともちょっと違うんですよね…。
ゲームシステムを細かく書いていくとキリがなくなりそうなので、iOS版のレビューサイトをご覧ください(丸投げ)。

iPhone AC 番外レポート : Might & Magic Clash of Heroes

運と戦術のバランスが良く、全部で5章あるストーリーでは操作キャラが全部違う(=使用ユニットが章ごとに違う)のでバリエーションある戦いが楽しめる良作でした。
実績的にもストーリーのサブクエスト全制覇、バトルパズル全制覇、隠しユニットの全回収、アーティファクトの全収集…と隅から隅までしゃぶり尽くす必要があります。
セーブデータをロードする際に一度クリアしたチャプターに自由に戻れるので、取り逃しに関して神経質になる必要はありません。
展開如何で取得できなくなるものが! といった要素もないはずです。

ゲームシステム上、どうしても格上の敵相手にはダメージを通しにくく苦戦しがちになります。
出来るだけ同格程度の相手から撃破していき、こちらもレベルアップしてから挑むとだいぶラクになるので攻略順は重要です。

Might & Magic: Clash of Heroes Game Guide & Walkthrough (gamepressure.com)
PC版をメインにしたガイドですが、大いに役に立ちました。


キャンペーン以外にも、オンラインモードの実績がいくつかあります。
オンラインモードはキャンペーンの進行度を参照する(一部ユニットの使用可否や解禁済みキャラクター、所持アーティファクトが反映されます)ので、本編を進めていれば進めているほど行動のバリエーションが増えることになります。
オンライン実績は「1on1で勝利する」「オンラインレベルを10まで上げる」「2vs2で勝利する」の3つ。
「2vs2モードで勝利する」という実績があるので人を集めるなら4人が必要ですが、1勝でよいので人数さえいれば2戦で終わるのでとても親切。

レベル上げも、二人で専念すればさほど時間はかかりません。
お互いがストーリー3章で手に入るアーティファクト "Spider Cloak" ( HP-75% / 攻撃力+75% という前のめり性能) を所持していればお互いをスムーズに倒せるので回転が速くなりますが、
無かったら無かったで「一撃で100ダメージ以上与えられるチャンピオンユニット」を編成に入れ、彼の攻撃を素通しさせれば一発で勝負がつくので、そこまで面倒ではありません。
勝利側だけでなく敗北側も経験値を獲得でき、多少の「連勝ボーナス」も付与されるので、

1. まずは片方がLv1→Lv8になるまで勝ち続ける
2. 攻守交替し、最初の負け側がLv10になるまで勝ち続けると先勝側もだいたいLv10に到達する

と進めていくと多少の手間が省けます。

キャラクター追加(ストーリーのボスキャラがプレイアブルに)DLCが発売されており、実績が20ポイント分だけ増えています。
「追加キャラで勝利する」「100ポイント以上のオーバーキルを行なう」の実績が増えただけなので、
ローカル対戦で追加キャラを使用し、100ダメージ以上のチャンピオン2体を同時起動し(リンクやフュージョンを組む必要はありません)、200ダメージ以上を一気に与えて勝利すれば一戦で両実績が完了します。超らくちん!

----

最初にも書いたように、本作は「ヒーローズ・オブ・マイト・アンド・マジック 5」の前日譚(というには40年ほど離れているそうですが)です。
そして、一部の登場人物たちは「HoMM5」にも引き続き出演しています。


ずいぶん…鍛え直したな…

Life Is Strange: Before the Storm 実績コンプ

Life_Is_Strange_Before_the_Storm.jpg
(戒めを込めて『エピソード1』込み)

Life Is Strange: Before the Storm

実績wiki★☆☆☆☆ XboxA2/10
TAスコア1106 TAコンプ率:6405/12474 = 51.35% (2018/06/17現在)

「Life Is Strange」のシリーズ作品であり、その前日譚です。
前作主人公のマックスちゃんは写真の中でのみの登場です(ボーナスエピソードでは彼女が主人公ですが)。

Life_Is_Strange_Before_the_Storm_SS.png

Before the Storm の主人公は、親友だったマックスと離れ離れになりすっかりグレてしまった少女、クロエ
「1」ではたっぷり振り回されたものです。色んな意味で。前日譚ですから、まだ髪を真っ青に染める前です。

彼女と レイチェル (スクリーンショット手前側) ―― 「1」の開始時点で行方不明になっていて、「1」の物語の中でその真相が明らかになる少女 ―― ふたりの友情物語が話のメインになります。
本編は5エピソードだったところが今回は3エピソード構成なので、いろいろ駆け足に感じるところがちらほらと。

マックスは時間操作能力の持ち主でしたが、今回のクロエは普通の一般人なので、時間を巻き戻して選択肢の吟味…といったアクションを取ることはできなくなっています。
リワインドを活用してパズルを解くというギミックもなくなっている代わりに、今回新しく導入されたシステムは「バック・トーク」
英語の意味の「口答え、口喧嘩」そのままに、素早く選択肢を選んで論戦するシーンがたびたび登場します。

実績的には、前作の「ストーリークリア+エピソードごとに特別な写真撮影10枚」の流れを汲んでいます。
クロエは別に写真趣味があるわけではないので、彼女らしく「落書き(Graffiti)」ポイントを10か所探していく感じになりました。
落書きポイントについては 『Life Is Strange: Before The Storm』プラチナトロフィー攻略 - PS4ちゃんねる Pro 様 に詳しいです。

----

「1」の前日譚なわけで、主だった登場人物たちが後日どうなるかは既に知っているわけで…
そりゃそうだよね、そうなるよね…な終わり方は避けられないのがなんとも悲しい。
こればかりは、クロエにも、マックスにも、どうしようもないのです…。

Typoman: Revised 実績コンプ

Typoman.jpg

Typoman: Revised

実績wiki:未掲載 XboxA:4/10
TAスコア2275 TAコンプ率:153/2887 = 5.30% (2018/06/11現在)

脚が H 、身体が E 、腕が R 、頭が O で出来た我らが HERO が大冒険を繰り広げるLimboスタイルの2Dパズルプラットフォーマー。

Typoman_SS_1.png

「英単語を作成することで、その言葉の効果を周囲に及ぼす」というシステムになっています。 「オブジェクトに添えられた文字がその性質を表す」といったイメージも。
"ON" を作ってスイッチを起動してゲートを開けたいのだけど、 "GORGE" (暴食する) の名を冠するモンスターが邪魔して N を O のところへ運べない…
せや! この「D」をモンスターに食わせて "GORGED" (満腹) にして大人しくさせたろ! …というシーン。

Typoman_SS_2.jpg

リストの文字を制限なく使用できるマシーンを利用してパズルを解いていくシーンも数多く登場します。

1. プラットホームを持ち上げて脱出したいが、赤いレーザーに触れると文字は破壊されてしまうので、まずは奥にあるレバーを引いてレーザーを止める必要がある。
2. 奥にあるレバーを引くには、その手前にある「くっついた2つのコンテナをバラす」「プレス機の動作を止める」必要がある。

…というパズル。さあ、どんな単語を使ってこの場を打開しましょうか。

模範解答としては "SPLIT" を作ってコンテナを分離させて、 "STOP" でプレス機の動きを止めてレバーを引き、"RISE" でプラットホームを上昇させる…といった流れですね。
使用する単語そのものは難しくないので、必要なものは発想力。
「毒ガス(GAS)の中で一息つくために "GASP"(喘ぐ) を作る」「番号のついたコンテナを整列させるために "SORT" もしくは "ORDER" を作る」あたりはちょっと分かりづらいポイントでしたが。

ストーリーモードのプレイスタイルに関わる実績として、「Word Scrambler未使用でクリア」「ミス回数5回以内でクリア」というものがあります。
文字の並び替えを全て手動で行なうとなると、タイムリミットのあるシーンでは当然ながら難易度が上昇してしまうので、

「引用符(収集物)の収集や細々した実績を回収しつつ、何度ミスしてもよいのでワードスクランブラーを使用せずクリア」
「ワードスクランブラーを解禁し、ミス5回以内を目指してまっすぐクリア」


の2周に分けるのが無難でしょう。
殆どの引用符は分かりやすいところにあるとはいえ、いくつかのものは厳しめのアクションを要求してくるので、ミス回数を増やす要因ですしね。
プロローグ内でワードスクランブラーのチュートリアルがあり、ここで一度は強制的に使用させられることになりますがこれは実績の対象外です。ご安心ください。

「いずれかのパズルを別の言葉で解く」実績、「多芸多才」について。
どこにも記述がありませんが、「パズルを別の言葉で解く」のを 10回 行なう必要があります。
上のスクリーンショットのパズルのシーンでは、3つのオブジェクトに対するアクションは全て個別のパズル扱いになるので、ここだけでも解除可能だったりします。

2つのコンテナを分離させるのに SPLIT 以外にも PART RELEASE SEPARATE TEAR など…
プレス機を止めるのに STOP 以外にも HALT HOLD WAIT STALL STILL SLOTH SLOW SLOWER など…
プラットホームを持ち上げるのに RISE 以外にも ARISE RAISE など…

実績のトラッカー表示を行なっていれば、一度解いたものとは別の単語を使って処理した際に進捗が伸びるのがわかります。
リトライを繰り返しながらここで解除してしまうのもよいでしょう。


「SHOOTマシンに対してTARGETを作成する」実績、「撃たないで」について。

チャプター3・セクション8が絶好の解除ポイントです。
ここにはSHOOTマシンが備え付けられており、マシーンで使用できる文字リストにはG以外は揃っているのでどうにかしてGを調達する必要があります。
そこで活躍するのが LIEロボット(反転ロボット)。チャプター2でも見たように LOSS を反転して GAIN にして G を確保し、TARGET を作成しましょう。


ミス5回以内クリアを目指すために、1周目で危険なポイントを把握したうえで何度か練習してから挑むとよいでしょう。
なお、実績解除のためには通しプレイでクリアする必要があります。プレイの途中でメインメニューに戻るとフラグがへし折れるようです。
ミス確定な状況でその前にリトライを選ぶとどうなるんでしょうね…ミス回数+1なんですかね…フラグ折れちゃうんですかね…?(未検証)

プロローグ:崩れる細い足場
チャプター1:近づきすぎて GORGE に喰われないように
チャプター1:毒ガス地帯
チャプター2:序盤の毒針地帯(特に "TRUST" と "TILT" をタイミングよく組み替える地点)
チャプター2:ラストの逃走シーン
チャプター3:素早く開閉するガラスチューブ(中に閉じ込められるとミス確定)、持ちあがる前から右を押しっぱなしにしておくと簡単に抜けられる
チャプター3:移動床とタイミング電撃罠のコンビネーション
チャプター3:ラスボス直前の上下動する床(何故かここで落ちまくった私)
チャプター3:ラスボス戦(最後だと思って気を抜きすぎないように!)

気にかけていたのはこのあたりのポイント。
引用符を集めながらの通しプレイ(YouTube) でも1時間ほどの作品です。集中してスパっと決めたいところですね。


本編とは独立したミニゲーム "Antonymizer" をクリアする実績が1つ用意されています。
Antonym(反意語) の名の通り、LIEロボット(反転ロボ)をフル活用して、指定された単語を組み上げていくミニゲームです。
なお、このミニゲームで作成する単語は全てイースターエッグ的な要素を含んでいます。画面に特殊な演出が入ったり、プレイヤーキャラの見た目が変わったり、プレイヤーが死んでしまったり(!?)

マシーンで使用できるアルファベットは12種類。母音の5つは必ず固定で、残りの7つの子音はある程度ランダムに選ばれています。
完成させるべき単語に必要な子音の一部が必ずマシーンの文字リストに足りていないので、不足している子音を反転ロボを使って調達しなくてはいけません。
ノルマ単語に "Y" が必要だけどリストにない… "N" はあるので「NO」を反転させて「YES」にしてこのYを利用しよう、といった流れです。

「特定の子音から必要な子音を作り出す方法」をまとめて TAに投稿 してくださっている方がいらっしゃいます。大いに活用させていただきましょう。

最初のうちはそこそこ面白いんですけれど、最終的には165種類の課題を完成させないといけないので…結構な作業感があります。
一度にすべてを消化する必要はないので、地道に消化していきましょう。
本編実績を終わらせる → Antonymizer実績を終わらせる、の流れの中で特に意識しなくても「単語を300個作る」は達成できるので、これを狙った稼ぎを行なう必要はありません。
次のページ

FC2Ad