Cheers!! Xbox360 実績日誌

日々の実績解除記録をゆる~りと。 海外版ゲームの比率高めでお送りします。

Aqua: Naval Warfare 実績コンプ

積みゲー供養の旅は続く…

Aqua.jpg

Aqua: Naval Warfare

実績wiki★★★☆☆ XboxA8/10
TAスコア:460 TAコンプ率:315/7479 = 4.21% (2018/04/21現在)

戦闘艦をプレイヤーキャラに据えたツインスティックシューター。
圧倒的多数で迫りくる敵艦隊をバリバリ沈めてやりましょう。

ガトリングガン、ショットガン、キャノン、フレイマー(火炎放射)、…などといった数々のメイン武装が用意されており、最終的には3種類までを選択して装備することになります。
ガトリングは攻撃力が低いものの切れ目のない攻撃が可能、ショットガンは広範囲・キャノンは高威力ながら発射間隔が長め、フレイマーは敵のシールドに遮られない…などなど、武装にはそれぞれ特徴があります。
自分の好みの武装の組み合わせを見つけてみましょう。

…さて、いきなりながらゲームバランスをぶち壊すお話から。
2種類以上の武装を付けている場合、ゲーム中にAボタンを押すことで武装の切り替えを行なうことができます。
武装の切り替えを行なうと、武装の発射間隔がリセットされて即座に発射できるようになります。
つまりAボタンを連打していれば、(例えば)ショットガンを恐るべき勢いで発射できてしまいます。
ホリターボEX2のような自動連射機能付きのコントローラーがあれば…あとはわかるな?

連射パッドメソッドを用いてしまえば、最難実績であるところの「スカーミッシュモードでラウンド25をクリア」の難易度はかなり低下します。

マップ「ゲート」にて19ラウンド開始。

19ラウンドでショットガンを手に入れられるのでここから連射パッドメソッド。

20ラウンドでは武器は拾わない(武器種が増えれば増えるほどショットガンの連射効率が下がる!)。

21ラウンドに登場する特攻艦は閉まったゲートにぶつかると自壊するのでそれを狙ってもよい。このラウンドの武器ボックスでスクワッド(回復)獲得。

22ラウンドもスルー。

23ラウンドの強化ガトリングも拾わない方がよい、このラウンドが一番厳しいのでスペシャルアタックは惜しまずに。

24ラウンドに登場する強化シールド持ちに連射パッドメソッドで不用意に攻撃すると反撃でこちらがあっという間に溶けるので注意しながら攻める。

25ラウンドは新たな敵ユニットループの始まりなのでウイニングラン。油断しすぎて沈められないように。


連射パッドメソッドを用いれば、キャンペーンモード(難易度Easy)はまったく苦労することはないでしょう。
Aqua Collectibles Guide (YouTube) を参考に、収集物である金色の操舵輪を回収しながら進めていきましょう。
大体は分かりやすい行き止まり地点に置かれていますが、一部妙ちきな場所に隠してあったりも…。
なお、動画内で「4-1」として紹介されている収集物は実際には「4-2」のもので、動画最後のテキストがついていない収集物は「9-2」のものです。

キャンペーンモードクリア後に解禁される難易度Extremeで、どこか1つのエピソードをクリアする実績が用意されています。
難易度Easyと比べると明らかに被ダメがえらいことになっていますが、我々には心強い味方、連射パッドメソッドくんがいらっしゃいます。
ショットガンが解禁されているエピソード2あたりのプレイでさほど問題はありません。

「敵2500体を倒す」は他実績も終わった後に「8-1」のリプレイをオススメ。
少し進めると狭い場所に閉じ込められて大規模ラッシュが始まるので、ショットガン+ドミネーターガンの連射パッドメソッドでゴリゴリ攻撃を続けてやりましょう。
左下あたりに陣取り、右上目掛けて攻撃しているだけでどんどん敵艦が溶けてゆきます。快感。

真・三國無双5 実績コンプ

Shin_Sangoku_Musou_5.jpg

真・三國無双5

実績wiki★★☆☆☆ XboxA7/10
TAスコア1279 TAコンプ率:169/879 = 19.23% (2018/04/17現在)

言わずと知れた「真・三國無双」シリーズの5本目。
Xbox360では「4(Special)」も発売されていましたが、PS3に移行したのはこの「5」から。
結局PS2に逆移植したりもしていたようですが。

他のシリーズとは異なる「連舞システム」を導入しており、それが賛否両論とされた作品でもあります。
システムうんぬんについては詳細に解説している記事を見つけたので、こちらをご覧ください。

【今さらレポート】「今」だからこそやり直したい『真・三國無双5』.01 | ゴジライン

先日「8」も発売されましたしね。振り返るのはよいことです(「今さら」という私にも大いに刺さる言葉)。

プレイ人口の多いシリーズですから、攻略wikiはかなり充実しています。
真・三國無双5 攻略 Wiki
各武将の使い勝手の良い攻撃方法や各戦場での有利な立ち回り方、罠にハマりがちな良馬の育て方を調べるなど、適宜活用していきましょう。

実績的にはやるべきことはシンプル。

1. 無双伝17人分(魏5人、呉5人、蜀5人、その他2人)をすべてクリア
2. 19か所の戦場、計45シナリオ全てに3つずつ設定されている「戦功目標」を全て達成する
3. 2. の過程で全無双武将がアンロックされているので、41人(魏12人、呉13人、蜀11人、その他5人)全員をレベル50(カンスト)まで育てる
4. 45シナリオ全てを難易度「修羅」でクリアする
5. チャレンジモードの5種目で初期ハイスコアを塗り替える

単調なレベル上げを延々続けることになる「3.」と、多少の技術が必要な「4.」を乗り越えられるかが実績のカベですね。

無双伝を開始する前に先にレベルを上げてしまい、レベル40弱くらいから難易度「易しい」でプレイしていけばまさに無双感覚。
どうせ最終的にはレベル50まで上げるんですし、十分にレベルが高ければ戦功目標の達成にも余裕が生まれます。
他のキャラクターとシナリオが被っていて、戦功目標も達成済みだったりするときは即座に敵総大将を暗殺しに行きサクッと済ませると時間短縮に。

修羅攻略については、個人のやり方はもちろんあるでしょうが、私は全部諸葛亮先生にお任せしました。
「敵総大将の撃破」が勝利条件のシナリオは

敵本陣に単騎駆け → 総大将に無双乱舞&火計&火計で溜まったゲージで再度無双乱舞のコンボ

でだいたいカタが付くので楽なのですが、問題は「敵軍団の全滅」だったりするシナリオ。
軍馬の[無双増加]を活用したり、安全なところでB長押しで無双ゲージを溜めたり、
とにかく立ち止まることなく敵の周りを時計回りに周回しながら馬上強攻撃でゲージを貯めて無双乱舞でなんとかするチキン戦法に走ったり…
大多数に囲まれると一瞬でHPを削り切られたりするのが修羅での戦いです。
技術に自信がないならなおのこと、とにかく焦らず、ちまちま相手の戦力を削っていくのが肝要です。勝てば官軍なのですよ、ええ。

修羅攻略で使用した武器と軍馬のアビリティ:

●諸葛亮の武器
[標準]武器 威力90
[氷] [真空波] [精霊印] [真乱舞] [一閃]

●軍馬
[氷] [防矢] [無双増加] [連舞維持] [突破脚]
レベル上げ作業中に 森羅万象 / 神々しい の栗毛馬を発見する機会は何度か訪れるでしょう。
セーブ&ロードを駆使して大事に育てましょう。

長い長いレベル上げ作業、海外ドラマ視聴がけっこう捗りました。
ゲームだけやっていてちゃんと見たことはなかった「プリズン・ブレイク」を視聴中…。

Adam's Venture: Origins 実績コンプ

まずは3月の実績サマリーから。

2018_Mar_TA_Stats.png

「GTASCに参加していないから頑張らない」とはなんだったのか…?
いえ、TAの10周年記念イベントのせいでですね…


Adams_Venture_Origins.jpg

Adam's Venture: Origins / アダムスベンチャー:オリジンズ

実績wiki:未掲載 XboxA2/10
TAスコア1120 TAコンプ率:1049/1502 = 69.84% (2018/04/03現在)

「トゥームレイダー」スタイルの、謎解きをしながら古代遺跡の探索をしていくタイプのアクションアドベンチャーもの。
アダム青年、フックショットを片手に一般人とは思えない身体能力を発揮しながら進んでゆきます。

Adams_Venture_Origins_SS.jpg

主人公の名前が アダム、ヒロインの名前が イブリン (会話中にブリンになったりブリンになったりする)、主人公の父の名前が アブラハム
宗教的なお話になりそうな雰囲気をアリアリと感じさせるネーミングでございます。
案の定といっては何ですが、「エデン(楽園)」だとか「ソロモン王」だとか、そういうのが関わってくるストーリーです。

日本のストアには並んでいないソフトですが、日本語テキスト収録済みです。ちょっと翻訳が固いところが多いですけれど。
一部パズルのテキストを無理やり翻訳してぶち込んだおかげで、文字が潰れてしまっていて読めなくなってしまっている所とかがあったりも…。

毎度の 360&One攻略研究所 様 にて攻略完備でございます。
パズルのいくつかに悩まされることはあるものの、全体的にはゆるめのゲームです。低TAスコアと高コンプ率からお判りでしょうけれども。
とはいえフックショットのロープアクションの操作性が悪くてのう…何度アダムくん谷底に落ちたかのう…

終盤には巡回する兵士に見つからないようにするステルスシーケンスが何度か登場してきます。
例によって兵士の練度はガバガバです。ライトにさえ晒されなければ真後ろを歩いていてもバレません。
賢すぎたらそれはそれでゲームにならないから、別にいいんですけれどね…w

実績的には、ストーリー実績以外のものは2つだけ。
オープニングシーンで寝ているアダムをしばらく起こさないでいると解除される「ねぼすけ」と、
エピソード1で2つ・エピソード5で1つ置かれている地球儀を調べると解除される「小さな世界一周旅行」
他のものは全てストーリー進行で解除されるものばかりです。

Circuits 実績コンプ

Circuits.jpg

Circuits

実績wiki:未掲載 XboxA4/10 (ただし音楽的な耳の良さに大きく左右される)
TAスコア1796 TAコンプ率:52/330 = 15.76% (2018/04/01現在)

電気回路(Circuit)風にデザインされた画面上に「音ダネ」のチップを正しく配置し、お手本の音楽を再現させるパズルゲー…音ゲー…音感ゲー?
ゲームの性質上、「耳コピが得意」「音感には自信があります」なひとにはそれほど難しく感じることはないかと思われます。
手前味噌ながら私はそちら側のひとなので、あまり一般的な難易度には触れられませぬ。

Circuits_SS.png
(時には必要のないダミーチップも…)

初めのうちはメロディーラインは単線で、配置するべきチップの数も微々たるものですが、ステージが進んでいくと複数のパートが同時進行していくことになります。
それぞれのレイヤーごとに切り分けて(個別のレイヤーを選択すれば、お手本を再生してもそのレイヤー由来以外の音は鳴らなくなります)調整していけば楽になるところですが、
「全てのパズルをレイヤー分けを使用せずにクリア」という実績があるので、実績コンプを目指すのなら真正面から解いていく必要があります。

チップのフレーズの最初の音が「ファ」で始まるのと「ラ」のと「ソ」のがあって、お手本を再生してみると「ラ」「ソ」「ファ」の順…のような簡単なのはアッサリ済むんですけれど、
場合によっては「ドラムのリズムパターンがちょっとだけ違う」とか「フレーズの最後の一音だけ違う」とか「和音の構成が微妙に違う」とか、引っ掛ける気まんまんのモノも出てきます。
さらにはステージが進むと「個別チップの再生回数」を指定する必要が出てきたり、「一定のチップ群をループさせる回数」を指定する仕掛けが出てきたり…
じっくり原曲とチップ音を聞き比べて判別しましょう。
ぴっちりとピースがハマり切り、お手本通りの音楽が完成したときはなかなかに気持ちいいですね。

「ヒントを使わずに10ステージクリア」という実績もありますが、
そもそもヒントが用意されていなかったり、チュートリアルで強制的にヒントを使用させられたり…と、25ステージ中16ステージしか
ヒントが有効になっていません。
そのうちの10ステージをノーヒントで突破すればよい計算ですが、せっかくですから全ステージヒント未使用で突っ走るのもよいのでは?

「ステージスキップを5回」も、初めは「全クリア後は解除できなくなっちゃうかな」と思ってあえて先に解除しておいたんですが、
あとあと確認してみるとクリア済みのステージでもステージスキップは行なえるようなので、いつでも大丈夫かもしれません(未確認)。

Spellspire 実績コンプ

Spellspire.jpg

Spellspire

実績wiki:未掲載 XboxA3/10
TAスコア2296 TAコンプ率:42/1032 = 4.07% (2018/03/27現在)

Spellspire_SS.png
「じゃあね」なんて言わないで~ 「またね」って言って~♪

Letter Quest と似た雰囲気の、配られたタイルで英単語を作って敵を倒していくスタイルのボードゲーム系RPG。
Letter Quest との主な差異について…

・Letter Quest はターン制バトルでしたが、こちらはアクティブタイムバトル。敵ごとに「○秒ごとに攻撃」と設定されています。
・Letter Quest ではアルファベットごとの攻撃力の重みがありましたが、こちらにはありません。「単語の文字数」だけが判定基準です。
・Letter Quest では使用したタイルはどんどん新しい文字に交換されていきましたが、こちらでは最初に配られた10枚でそのステージ全体をクリアしていくことになります。
 当然ながら同じ単語を2回使用することはできないので、「弱い敵は短い単語で処理し、強敵相手には長い単語をぶつける!」といった戦略が必要になってくることも。

例によって Scrabble の亜種っぽいゲームですから、Solver が猛威を振るいます。今回お世話になったのは このサイト
左メニュー下の "American (TWL)""words with friends" に変更しておきましょう。ゲーム内辞書に収録されていない(ことが多い)攻撃的な言葉やマイナーなスラング系の単語が省かれます。
とはいえ、 "words with friends" で表示される単語候補も、当然ながら全てが収録されているわけではないようですけれど…。
このサイトは英単語をクリックすることで辞書的な意味も表示してくれます(もちろん英語ですが)。すこしは勉強に!

"Spire" の名の通り、まずは全部で100階もある塔をひたすら登っていき、頂上にいるドラゴンを倒しに行きましょう。
Letter Quest と同様に、一度ステージをクリアするとスター獲得のためのチャレンジをプレイできるようになります。
スターチャレンジの内容は全ステージ共通で、「ノーマル版と出現する敵のリストは共通。敵の攻撃間隔は-10%されており、体力MAXの状態でクリアしろ」というもの。
まあ、Solverを使ってプレイしていくならほとんど何も変わらないに等しいんですけれど…ね。

新しい杖がアンロックされたらとりあえず購入しておき、出現する敵のリストに照らし合わせ、耐性属性をなるべく避けて弱点属性を効率よく攻められる杖を装備していくのが大きなポイントです。
Solverに頼ったプレイをしていく限りは、杖のアップグレードにはほとんど手を付けなくても大丈夫でしょう。

敵から攻撃を受けることはあまりないので、ローブの更新はほとんど考える必要はありません。
初期装備のローブ "Apprentice's Robe" の特殊効果、「敵の攻撃間隔が若干伸びる」も有用ですし。
実績にも影響する "Luminous Robe" の特殊効果、「HP50/1secのリジェネ」はボス戦には非常に便利なので、準備はしておきましょう。

帽子の方は、いろいろ細かい能力が付いているのでちょこちょこ買い足していくのがよいでしょう。
"Leprechaun's Hat"「敵を攻撃するとゴールドを落とす」で小金を稼ぐもよし、
"Woodlands Hat"「母音で始まる単語のダメージ+50%」"Dark Sorceror's Hat"「6文字単語のダメージ2倍」という Solver と抜群の相性を持つものや、、
"Blue Wizard's Hat"「ステージの最初の敵の攻撃間隔2倍」というボスとのタイマンバトルのために生まれてきたような帽子などなど、
初期装備「3文字単語のダメージ2倍」よりは役に立つ効果がいろいろ揃っています。
ローブとは違って帽子は実績のために全種類の購入が必要です。全種類のアップグレードまで入れ込む必要はありませんけれど。

さて、全100階の塔を踏破し、★100個もコンプリートしてからがいざ本番。
今度はストーリークリア後にアンロックされる ダンジョン をひたすら潜っていくことになります。
ダンジョン編はタワー編とはゲームのシステムが変わり、いわゆるエンドレスモードになっています。
ステージの開始前に「お金を○○G稼げ」「敵を○○体倒せ」「敵××を○○体倒せ」「△から始まる単語で敵を○○体倒せ」「回文になっている単語で敵を○○体倒せ」「○○メートル進め」
(なお、クエストには「1プレイで」という条件がついたりつかなかったり)といったクエストが3種類出され、エンドレスに続くダンジョンを進みながらクエストをこなしていくことになります。
何プレイにわたってもいいので、クエスト3種類を全て達成するとトロフィーが授与され、また新しくクエスト3種類が提示されます。
1つのステージにてトロフィーを5つ集めるとそのステージはクリアとなり、次のステージへ進んでいくことになります。

タワー編では敵の強さは完全に固定でしたが、ダンジョン編ではダンジョンの奥へ進めば進むほど敵のHP・攻撃力・攻撃間隔全てが強化されていきます。
「ダンジョンの奥」というのは 0m → 50m → 100m → … の進行度のほうであって、Level I でも Level XXX でも同じ敵なら基準となるステータス自体は一緒ですので、勘違いしないよう。

ダンジョン編の目的は、Level L(50) に出現する Chrome Dragon を討伐すること。
もともとは Level C(100) まで到達しないと戦えなかったようですが、アップデートで 5075 にも出現するようになったとのこと。ありがたい。
とはいえなかなかに長い道のりです。なるべく無駄は減らしていきましょう。

・武器は基本的に最強の ドレイン杖 か、敵の出現パターンによっては最強の 炎杖
 中華包丁もちの強コックゾンビ(Lard Corpse)がドレイン耐性持ちなうえに体力も高く攻撃間隔も短い難敵なので、コイツがたくさん出現するパターンのときは炎杖を使った方が無難です。
 他のドレイン耐性持ちは最弱のゾンビに弱コックゾンビ、ノーマルスケルトンと雑魚揃いなのでドレイン杖が一番安定します。

・帽子は "Dark Sorceror's Hat" で。6文字単語の暴力の嵐を巻き起こしましょう。
・ローブは初期装備の "Apprentice's Robe" で。一度もアップグレードしていないなら尚よし。
 クエスト達成後に迅速に殺されるために、無駄にHPを上げてはいけません。
 ショップで購入できるベースHPのアップグレードも、一度も手を出す必要はありません。クロームドラゴンを撃破する際ですら一度もアップグレードしませんでした。
 余剰のお金はひたすらベース攻撃力のアップグレードにつぎ込みましょう。とても微々たる差ですが地味な効果は出てきます。

クロームドラゴン戦について。
杖はもちろん ドラゴン杖 、ローブは "Luminous Robe" 、帽子は "Blue Wizard's Hat"。装備品は全てフルアップグレードし、シールドアイテムを4つ持ち込みましょう。
まずは戦闘開始の前に文字列の厳選から。10文字や9文字、8文字単語がいっぱいあるパターンを引ければそれだけ有利になります。
最初はシールドを張らずに、ひたすら長いほうから単語を撃ち込み続けます。一発殴られてからシールド起動。
ローブのリジェネ効果と帽子のスロー効果の相性が抜群なので、一度シールドを破られても次の攻撃を素通しできるほどには回復しているはず。
2回目の攻撃を受けてから、2枚目のシールドを張り直し…そんなこんなしているうちには、あっさりとバトルは終わっているかと思われます。
次のページ

FC2Ad